育毛剤の副作用が心配な人必見!育毛剤の副作用を徹底解説

育毛剤に副作用があると聞いて、不安を感じている人はいませんか?たしかに、育毛剤には副作用がある成分が含まれていることがあります。ただ、医師から育毛剤の処方を受け、自分も育毛剤の副作用の知識を持っているなら、何も恐れることはありません。今回の記事では、代表的な育毛成分を対象に、その育毛成分が持つ副作用を解説します。

 

市販の育毛剤にも使われているミノキシジルの副作用とは?

ミノキシジルは後述するフィナステリドと並んで、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状の治療に効果を発揮する育毛成分です。

男性の薄毛症状の代表的な原因がAGAです。AGAは体内において作りだされるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が原因になって引き起こされます。DHTは男性ホルモンのテストステロンが活性化し、体内の5αリダクターゼという酵素と結びつくことで生み出されます。

このAGAの治療方法を定めたガイドラインが、日本皮膚科学会が作成している「男性型脱毛症診療ガイドライン」です。この男性型脱毛症診療ガイドラインでは、さまざまな治療方法をその治療実績に応じて、A~Dの推奨度で分類しています。

このうち、「A(行うように強く勧められる)」という評価を得ている治療法がミノキシジルとフィナステリドを使った治療法です。この事実からもミノキシジルが非常に高い育毛効果を持っていることが分かります。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用薬タイプと錠剤型のミノキシジルタブレットがあります。このうち、ミノキシジルタブレットは、AGAクリニックのような薄毛治療を行っている病院を受診しないと、入手できません。ただ、外用薬タイプのものは市販の育毛剤にも配合されています。

しかし、このミノキシジルという成分は、副作用があることでも知られています。まず、外用薬タイプのミノキシジルで発生する副作用の代表的なものとしては頭皮のかゆみ・かぶれ・湿疹です。特に頭皮のかゆみを始めとした頭皮トラブルは報告例が多い副作用です。頭皮トラブル以外にも、頭痛、胸の痛み、体重の急激な増加、手足のむくみといった副作用が出ることも珍しくありません。

厚生労働省のミノキシジルを配合した市販薬の調査によると、副作用が現れる確率は8.82%と報告されています。

ちなみに、ミノキシジルを利用して、髪の毛が大量に抜けたという症状を訴える人がいます。しかし、この髪の毛が大量に抜けるという現象は副作用ではありません。この髪の毛が大量に抜けるという現象は「初期脱毛」という名前でよく知られている現象です。初期脱毛は急速に新しい髪の毛が育ってきており、それにより古い髪の毛が一斉に抜けているために発生する現象です。初期脱毛はミノキシジルの育毛効果が現れている何よりの証拠になるので、心配せずにそのまま使い続けるようにしましょう。

ここまで見てきたのはミノキシジル外用薬の副作用です。しかし、このミノキシジル外用薬よりも副作用が強いといわれているのが、ミノキシジルタブレットです。副作用が外用薬よりも強いということもあり、ミノキシジルタブレットは市販が認められていません。そのため、ミノキシジルタブレットが欲しいなら、病院で医師から処方を受ける必要があります。

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として使われていました。そのため、ミノキシジルタブレットには、副作用として血管拡張作用による血圧低下・動悸・不整脈が報告されています。さらに、場合によっては狭心症や多臓器不全といった副作用が現れることもあります。そのため、服用に当たっては医師の指示をよく聞き、少しでも体に異変を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。

 

 

約1.3%の人がEDの症状を訴えたフィナステリドの副作用

AGAはテストステロンと5αリダクターゼが結合して、DHTが生成されることがその発生の引き金になります。フィナステリドはDHTを生み出す原因となる5αリダクターゼの活動を抑制することにより、DHTの発生を抑えます。それによりAGAによる薄毛症状の進行を抑え、髪の毛を生やすことを目指していく育毛成分です。

フィナステリドを配合した育毛剤は市販されていません。そのため、フィナステリドを手に入れる場合にはAGAクリニックのような薄毛治療を行う病院を受診する必要があります。フィナステリドが市販されていないのは副作用が存在するため、処方に当たっては、医師の診察が必要だと考えられているためです。

フィナステリドの副作用として代表的なものには性欲減退・ED(勃起機能障害)、肝機能障害、うつ、精子減少があります。中でも多く見られるのが性欲減退・EDといった男性機能の働きを低下させる副作用です。

実験では、フィナステリドを投与した患者の中で1.8%に性欲減退、1.3%にEDの副作用が見られたと報告されています。性欲減退やEDは「EDになったらどうしよう」という不安が引き金となり、その症状を引き起こすこともあります。ただ、実験では明らかにフィナステリドを投与した患者に性欲減退やEDの症状が見られました。したがって、このような副作用の兆候が見られた場合、早めに医師に相談するようにしましょう。

また、フィナステリドは女性への処方は基本的に禁止されています。なぜなら、フィナステリドは妊娠中の女性の体内に入った場合、男性胎児の生殖器の成長に悪影響を及ぼす可能性があるためです。

注意したいのは、フィナステリドの錠剤に触れるだけで、フィナステリドが女性の体内に入り込む可能性があるということ。薄毛治療を行っている男性のパートナーの女性が、知らず知らずのうちに、フィナステリドを触ってしまう危険性は否定できません。したがって、妊娠中の女性だけでなく、そのパートナーの男性もフィナステリドの扱いには注意を払う必要があります。パートナーが妊娠しているなら、出産までの間はフィナステリドの服用をやめることも検討しましょう。

 

要注意!値段だけで育毛剤の個人輸入を選んでいいの?

育毛剤には副作用のリスクがありますが、医師の指示に従って育毛剤を服用していれば、副作用で深刻な事態に陥る可能性は低いです。

しかし、病院を受診する手間や費用を惜しんで、海外からミノキシジルタブレットやフィナステリドを取り寄せる人もいます。これはいわゆる個人輸入と呼ばれる方法です。ただ、いくら育毛剤を安く手に入れることができるとしても、この個人輸入を積極的にすすめることはできません。

おすすめできない理由は、クリニックで育毛剤を処方してもらう場合と比較すると、副作用が生じるリスクが高まるためです。インターネットで処方箋無しに販売されている医薬品の50%は偽物であるという世界保健機構(WHO)の報告例もあります。したがって、個人輸入という形で育毛剤を購入することで、粗悪品をつかまされるリスクは十分に考えられます。そして、このような粗悪品ではどんな副作用が生じるかは検討もつきません。

また、クリニックで育毛剤を処方してもらう場合、副作用が発生しないように細心の注意を払って医師が処方を考えてくれます。もし副作用が発生したとしても、専門知識を持った医師がしっかりと対応してくれる安心感があります。

これに対して、個人輸入の場合、自身で育毛剤の副作用について調べる必要があります。そして、副作用が起こらないように自己責任で育毛剤を用いていかなければなりません。また、自分の薄毛症状に合った育毛剤を本当に使っているのかどうかを判断するすべもありません。

育毛剤を個人輸入する場合、最大のリスクが「医薬品副作用被害救済制度」の対象にならなくなるということです。医薬品副作用被害救済制度は医薬品で健康被害が発生した場合、それに伴う医療費等を国から支給してもらえる制度です。

育毛剤の個人輸入は国が使用を認めていない薬を自己責任で使用するという形になります。そのため、もし副作用が発生したとしても、保護の対象になりません。個人輸入に興味があるなら、このリスクを理解した上で、個人輸入をするかどうかを判断するようにしましょう。

 

今回の記事では育毛剤の副作用について見てきました。

・ミノキシジルには頭痛・頭皮トラブルなどの副作用がある

・ミノキシジルタブレットの副作用はミノキシジル外用薬よりも重くなるケースが多い

・フィナステリドでは約1.3%程度の人にED等の副作用がでる

・育毛剤の個人輸入は副作用が出た時に、「医薬品副作用被害救済制度」の対象外になる

 

育毛剤を使う場合、副作用についての知識をしっかりと身に着けておくことで、リスクを最小限に抑えることができます。副作用についての知識もしっかりと理解した上で、育毛剤を使用するようにしましょう。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?