知っていれば効果倍増!意外と知らない、育毛剤が効く仕組み

若くして薄毛になった私の育毛剤体験談とは?

薄毛対策に育毛剤を使う人は多いですが、育毛剤でどうして薄毛が改善するのか知っている方は少ないのではないでしょうか?育毛剤の効く仕組みを知っていないと、効果の出やすい育毛剤を選べなかったり、効果を十分に実感できなかったりします。

今回は、育毛剤がどのように髪の成長に働きかけるのか、どんな成分が育毛に有効なのかをご紹介します。

毛根が重要!育毛剤で薄毛が改善する仕組み

育毛剤は、今より髪を増やしたいから使うものですよね。しかし、髪は毛先から伸びるのではないことをご存じですか?髪は毛根の毛母細胞と言う細胞が分裂することで、根本から押し上げるような仕組みで成長していきます。この毛母細胞は、同じく毛根付近にある毛乳頭という部分から成長司令が送られることで成長できます。

育毛剤には、血行促進して毛母細胞まで栄養を届ける、毛根を攻撃する要素の除去、毛乳頭の活性化などの機能があります。

これらの機能により、髪の成長サイクルの「毛周期」が安定してくることで抜け毛が減ったり、毛量が増えたりするのです。

髪が生える成長サイクル、毛周期の仕組みって?

育毛剤を1本使い終える前に「効果がなかった」と辞めてしまった経験はありませんか?育毛剤は、髪が成長する仕組みを考慮して一般的に3か月から半年ほど使用するべきだと言われています。このように育毛剤をある程度の期間使用しなくてはならないことには、髪の成長サイクル「毛周期」が関係しているのです。

毛周期は、髪が成長する「成長期」、成長が緩やかになる「退行期」、成長が止まる「休止期」の3つの時期があります。この3つの期間が繰り返されることで髪が成長していきます。この中でも育毛剤の使用期間に関わるのは成長が休止する休止期です。休止期は3か月ほど続くため、薄毛の状態から新しい髪が生えるまで3か月以上待たないといけないのです。

毛周期は、薄毛の人ほど髪の成長期が短く、髪が成長しにくい状態になる傾向にあります。育毛剤で毛周期が正常な状態に戻ると、抜け毛が減ったり髪が増えたりするようになるのです。

育毛剤が効く仕組みに直結!効果的な育毛成分

育毛剤で抜け毛が減ったり髪が増えたりするのは、育毛剤に配合されている成分の働きによるものです。

効果の出やすい育毛剤は、育毛剤が効く仕組みに着目しています。これに基づき、血行促進成分、5aリダクターゼ抑制成分、毛乳頭細胞活性成分といった成分が配合されることが多いです。

毛根の周りには細い血管が多く、血行不良になりやすくなっています。

血行促進する成分を取り入れることで毛母細胞まで栄養がいきわたりやすくなり育毛しやすくなるのです。血行促進成分としては、有効成分のセンブリエキス、酢酸トコフェロール、他にはニンジンエキス、アルニカエキスなどがあります。

男性ホルモンで薄毛になる、というのを聞いたことがあるかもしれません。男性ホルモンは5aリダクターゼという酵素と結びつきジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンに変化する性質があります。このジヒドロテストステロンは毛母細胞を攻撃し髪の成長を阻害するため抜け毛や細毛の原因になるのです。育毛剤に配合されるオウゴンエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスなどは5aリダクターゼを抑え毛根を守る働きを持っています。

毛乳頭は毛母細胞の近くにあり成長や休止の司令を送る働きがあります。この毛乳頭が活性化することで「成長因子」が増え、髪が成長しやすくなります。毛乳頭に働きかける成分としてよく知られているのはM-034、桑白皮エキス、アデノシンなどです。

これらの成分は毛根にダイレクトに働きかけるので、毛周期の正常化に効果的にアプローチできます。これからは育毛剤が効く仕組みを踏まえ、継続使用することとどんな成分が配合されているかに注意して使ってみてくださいね。

まとめ

・育毛剤は毛根に働きかけ髪の成長サイクルを正常にすることで育毛できる
・髪の成長する仕組みである毛周期の関係で育毛効果を実感するまでに3か月~半年ほどかかる。
・育毛剤に配合されている血行促進成分、5aリダクターゼ抑制成分、毛乳頭活性成分などで育毛する

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?