育毛トニックとは?使い方や効果を解説します!

育毛トニックとは?使い方や効果を解説します!

薄毛対策や薄毛効果などが期待できる育毛トニック。今回は、育毛トニックの正しい使い方や効果について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

育毛トニックとは?

育毛トニックは正しくは「ヘアトニック」と呼ばれ、養毛作用のある頭髪用ケアアイテムです。育毛剤とは異なり、炭酸ガスやメントールなどの血行を促進する作用のある成分が配合されているものが多く、フケや頭皮の臭いを防ぐ効果や毛髪や頭皮を清潔に保つ効果、かゆみや蒸れを防いで頭髪の不快症状を緩和する効果などがあるとされています。

育毛トニックを使うメリット

育毛トニックにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

魅力的な値段設定

最大のメリットのひとつとして、値段の安さがあげられます。育毛トニックはおおむね1,000円程度から購入することができます。育毛剤の中には1万円を超えるものもあるため、頭皮のケアをしたいけどあまりお金はかけられないという方には嬉しいアイテムです。

日々の生活で気軽に実践

入手も簡単で、お近くのドラッグストアやスーパーなどで簡単に購入でき、塗布して頭皮になじませるだけですので日常生活で気軽に使用できます。

育毛トニックを使うデメリット

育毛トニックは物によっては刺激が強いものがあるなど注意が必要なこともありますので、デメリットもきちんとチェックしておきましょう。

刺激が強いものもある

育毛トニックはエタノールなどのアルコール成分やトウガラシエキスなどが含まれており、刺激の強いものがあります。肌が敏感な人が使用する際には配合成分などを確認するようにしましょう。また、使用中に違和感がある場合などはすぐに中止しましょう。

育毛に必要な成分が十分含まれていない場合もある

医薬品の育毛剤には、ミノキシジルやフィナステリド、M-034、バイオポリリン酸、センブリエキス、イソプロピルフェノールなど育毛や発毛に必要な成分が含まれているものが多いです。一方で医薬部外品となる育毛トニックは、エタノールやメントールなどが主な成分となっており、自分が求める育毛に必要な成分が十分に含まれていない可能性があります。

育毛トニックを使うときの注意点

育毛トニックを使用する際の注意点になります。以下のポイントに気を付けて効果的に利用しましょう。

副作用が出るものもある

育毛トニックに含まれるアルコールは、蒸発する時に肌にある必要な水分まで奪ってしまうため、肌が乾燥しやすくなります。さらに雑菌を殺菌するだけでなく、肌の保護機能を果たしている肌常在菌までも殺菌してしまう可能性もあり、 頭皮が荒れたり、炎症が悪化してしまうという副作用がでる可能性もあります。

刺激が強いものもあるので自分に合うか調べる

前述したように育毛トニックには、トウガラシエキスやメントールなどが含まれており、刺激の強いものがあります。肌が弱い、敏感肌、乾燥肌などといった方はどのような成分が含まれているのか調べると良いでしょう。

育毛トニックの気になる疑問

「育毛トニックはどのくらい使えば効果がでるの?」、「どの育毛トニックを選べばいいの?」、「育毛トニックと育毛剤は何が違うの?」、「他の薄毛対策グッズと併用してもいいの?」などといった、気になる疑問にお答えします。

どのくらい使えば効果が期待できる?

効果は個人差があり、人によってさまざまです。また誰もが効果を実感できるわけでもありませんが、3ヵ月から半年程度の継続は必要となるでしょう。

どの育毛トニックを選べばいいの?

現在、ドラッグストアや薬局などでは多くのメーカーの育毛トニックが置かれています。主なメーカーの商品と成分などをご紹介します。

・スカルプD薬用育毛トニック(医薬部外品)
活性型イソフラボンを多く含む豆乳発酵液とカッコンエキスを組み合わせた「ダブルイソフラボン」配合。殺菌効果により頭皮環境のキープ&改善効果が期待できます。

・PROTECスプレートニック(医薬部外品)
フケやかゆみの予防に特に優れています。 また、「β-グリチルレチン酸」が頭皮の炎症を防ぐので、頭皮トラブルからくる抜け毛を防ぎます。

・サクセス薬用育毛トニック(医薬部外品)
炭酸ジェットスプレーにより、血行促進や抜け毛の原因を抑える効果が期待できます。また、「ピロクトンオラミン」や「ユーカリエキス」配合で殺菌、抗菌作用があります。

・アデノバイタルスカルプトニック(医薬部外品)
デオドラントやリフレッシュ効果に加え、「オノニスエキス」や「アルニカエキス」配合により、抜け毛の減少、髪のコシやハリのアップが期待できます。

育毛トニックと育毛剤は何が違う?

育毛トニックと育毛剤を同様のものと考えている人は多いようですが、実は大きな違いがあります。育毛剤というのは、厚生労働省から育毛の効果が期待できると認可された成分が配合されている「医薬品」のことをいいます。そのため、髪の毛がしっかりと生えてくる期待が持てるものです。一方、育毛トニックは、「医薬部外品」や「化粧品」として扱われています。効果的には不潔な臭いや汚れを防ぎ、頭皮を清潔に保つということを期待して作られているものです。

他の薄毛対策グッズと併用してもいいのか?

育毛トニックと育毛剤の併用は推奨されているもののみにした方が良いでしょう。併用して成分がかぶってしまうと、過剰に皮下組織に浸透してしまい、そのせいで痛みが出たり、かゆみが生じるリスクが増えてしまいます。育毛サプリメントは、薄毛対策グッズの中でも体の内側からアプローチしてくれるものであり、外側と内側から育毛成分を補給することで、より高い効果が期待できます。しかし、その場合でもしっかりと使用方法や添付文章を確認するようにしましょう。

育毛トニックの使い方

より良い効果を得るために育毛トニックの使い方を解説します。以下のポイントを参考にお使いください。

使う時間帯は整髪後

育毛トニックを使う時間帯は、髪の毛を洗った後を推奨している製品が多いです。お風呂で洗髪し、日中に溜まった汚れや古い角質を洗い流した状態の頭皮に、育毛トニックを使うのが最も効果的ということでしょう。1日2回程度の使用をすすめている製品も多いので、もう1回は間をおいて朝の使用がよいでしょう。

しっかり髪を洗ってから使う

育毛トニックは成分が浸透しやすいよう洗髪後に使います。洗髪後、タオルで髪の水気をしっかりとってから頭皮に適量をつけて指の腹でマッサージするように浸透させて使いましょう。

育毛トニックをつけた後は髪をドライヤーで乾かす

育毛トニックをつけた後は、ドライヤーを使って乾かしましょう。髪の毛が濡れた状態で長時間放置すると、枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。ただし、あまり強く熱風を当てて頭皮を乾燥させると、頭皮にダメージを与えてしまいます。適度に乾いたところでドライヤーを冷風に切り替え、自然に乾燥させるのが適切です。

頭皮になじませる

育毛トニックは頭皮全体になじませるように使いましょう。頭皮を傷つけることがないように、指のはらを使って優しく、生え際からつむじに向かって、らせんを描きながら、頭皮全体を揉みほぐします。マッサージ効果で頭皮の血行が促進され、抜け毛予防につながります。

日常的に頭皮ケアを!

・育毛トニックは医薬部外品にあたり、頭皮を清潔に保つことや抜け毛を予防することなどの効果に期待できる ・医薬品の育毛剤などよりは安価なため、使用しやすい
・頭皮を清潔にした状態で使用すると効果に期待ができる
・頭皮につけた後はしっかりマッサージもする

毛トニックの主な目的は予防や維持などにあるので、抜け毛や薄毛が気になり始めた方におすすめです。すでに薄毛が進行している方は、経過を見て育毛剤などの使用を検討した方がいいかもしれません。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?