成長因子fgf-7がハゲを救う?!fgf-7を取り入れる方法は?

成長因子fgf-7がハゲを救う?!fgf-7を取り入れる方法は?

薄毛の改善に効果がある成分は世の中にたくさんありますが、その中でも「fgf-7」という成長因子の一種は、発毛効果がある成分として話題になっています。

このfgf-7はもともと毛根付近に存在していますが、治療によって頭皮に取りいれることも可能です。

fgf-7は、fgf-7が配合された育毛剤の使用やfgf-7を頭皮に直接注入する毛髪再生メソテラピーという専門的な治療によって取りいれられます。

fgf-7は発毛に働きかける力が強い成分として知られている注目の成分で、市販の育毛剤で薄毛が改善しなかった人でも効果が出やすいといわれています。

そして、AGAや加齢による薄毛、女性の薄毛など様々な薄毛の症状の改善が期待できるのが特徴です。

育毛に効果的だと話題の成長因子fgf-7って一体何?

「成長因子」といわれるfgf-7は、もともと人の体に存在するタンパク質の一種で、別名KGFとも呼ばれる角化細胞増殖因子の一種です。

成長因子は、体内に存在し細胞の分裂や増殖などを行って体の機能を調節したり、器官を成長させたりといった働きをしています。

成長因子には、igf、egfなどいくつか種類があるのですが、fgfの場合は合計で23種類あり、それぞれ細胞の分裂や増殖をサポートする役割を果たしているのです。

23種類あるfgfの中でもfgf-7は、毛根にある「毛乳頭」から毛を作る「毛母細胞」へ成長司令として伝達して毛母細胞の細胞分裂を促進したり増殖を促したりすることで髪を成長させる働きをします。

このfgf-7は毛根を成長させる作用による高い発毛効果があることから、重度の薄毛やAGAの治療に使われることが多い成分として知られています。

成長因子fgf-7で髪が生える?fgf-7が発毛を促すメカニズム

fgf-7は、毛根付近の毛乳頭から作られ毛母細胞に成長因子として伝わることで、毛母細胞の細胞分裂を活発にするのが特徴です。

毛母細胞が活発化することで細胞の「角化」という減少が起こり、髪の毛となって表面に出てきて、発毛が確認できます。

そして、fgf-7は、成長因子を増やすことでヘアサイクルを正常な状態に戻し髪を太く強くする効果もあるのです。

髪には、毛周期と呼ばれる成長のサイクルがあり、髪が成長する成長期、成長が止まっていく退行期、完全に成長を休止する休止期の3つに別れており、成長期が2~8年、退行期が3週間、休止期が3か月ほどの期間で回っていきます。

薄毛の人の場合、成長期が短くなり休止期に入った毛根が増えている状態なのですが、これは成長因子の不足が原因の一つです。

毛母細胞は毛乳頭からの成長司令と脱毛司令で細胞分裂をして髪を成長させていますが、成長因子が少なくなると成長司令が送られず、毛根が休止期に入りやすくなってしまいます。

このような状態の場合、fgf-7のような成長因子を取り入れることで、毛母細胞に成長司令が多く送られることで成長期が伸び、ヘアサイクルが正常な状態に改善していき脱毛が少なくなるのです。

fgf-7に副作用はある?起こりやすい副作用はどれ?

AGA治療薬や育毛剤の使用により副作用が出ることがありますが、fgf-7の場合はどうなのでしょうか?

育毛に効果のある成分は、血行を促進することでかゆくなったり、男性ホルモンを抑制することで男性機能に影響が出たりといった副作用が起こる場合があります。

fgf-7は人の体にもともと存在しており、さらに、血行促進や男性ホルモンの抑制などではなく、毛根の成長を促進する作用で薄毛に働きかける成分なので、使用することで大きな副作用が起こることは滅多にありません。

副作用が起きるとしても、好転反応で初期脱毛が起こったり、頭皮にニキビができたりする程度に収まることが多いようです。

fgf-7を使った治療が合っている人、効果が出やすい人は?

fgf-7は、毛根に働きかけ髪の成長を促進することができるため、生活習慣の改善、市販の育毛剤の使用などで薄毛が改善しなかった人でも効果が期待できるといわれています。

育毛剤の使用は、血行促進作用や頭皮の炎症を抑える作用により頭皮環境を改善して発毛を促す効果が期待できる治療法です。

薄毛がそれほど進行していない人は育毛剤の使用だけで発毛を実感することができます。

しかし、薄毛がかなり進行していたり、加齢で発毛しにくくなったりしている状態では、育毛剤の効果が十分に発揮されません。

特に、AGAを発症している場合、男性ホルモンが「5aリダクターゼ」により変換される「ジヒドロテストステロン」の作用により脱毛します。

このジヒドロテストステロンの影響で、毛根の毛母細胞の働きが鈍化し髪が成長しにくくなっているのです。

そのため、育毛剤で頭皮環境の改善をするだけでは発毛効果を実感しにくいこともあります。

毛根が弱っている状態の人でも、fgf-7を始めとする成長因子を使用することで、毛母細胞の細胞分裂が再び促され発毛しやすい状態になることが期待できます。

また、男性だけではなく、女性が発症する脱毛症FAGA(女性男性型脱毛症)にも効果を発揮します。

FAGAの場合、女性ホルモンの減少により髪の成長期が短くなり脱毛しやすい状況になるのが特徴です。

fgf-7を取り入れることで毛乳頭から成長司令が送られて成長期が長くなり脱毛が抑えられるので、薄毛の改善に役立てることができるのです。

つまり、fgf-7は毛根の活動が鈍化していたり、髪の成長期が短くなったりしているような状態を改善できる成分だということがわかります。

総じてfgf-7は、薄毛がかなり進行している人、加齢で発毛力が弱くなっている人、AGAの人、FAGAの人の薄毛対策に適している成分なのです。

fgf-7はどうやって取り入れる?育毛剤にも配合されている?

fgf-7を育毛に活用する方法は、直接fgf-7を取り入れる方法と、他の成分を使用して体内のfgf-7を増やす間接的な方法の2種類です。

fgf-7を直接取り入れるには、fgf-7の配合された育毛剤を使用する方法と、頭皮から直接成長因子を注入する毛髪再生メソテラピーがあります。

さらに、fgf-7を間接的に増やすには「ミノキシジル」や「アデノシン」が入った発毛剤・育毛剤を使用するという方法も有効です。

ミノキシジルは、AGA治療薬のフィナステリドと同様、AGAや薄毛の改善に役立つ成分として知られています。

もともとは高血圧患者のための血管拡張剤として使用されていた成分であり、高い血行促進作用による発毛効果がある他にも、毛乳頭に働きかけfgf-7を増やす効果も期待できるのです。

アデノシンは、厚生労働省が育毛効果の高いと認めている有効成分です。

もともと体内に存在する核酸の一種で、毛乳頭に働きかけてfgf-7を増やし、発毛を促進する作用があります。

ミノキシジル、アデノシンを使用することでfgf-7を増やすことができますが、実際にfgf-7を育毛剤で取り入れることもできます。

fgf-7を育毛剤で取り入れたい場合は、成分表記にfgf-7の表示名である「ヒトオリゴペプチド-5」という記載がある育毛剤を使用するようにしましょう。

そして、育毛剤よりさらに効率的にfgf-7を取り入れられる方法として、毛髪再生メソテラピーがあります。

毛髪再生メソテラピーとは、頭皮に微細な穴を空けたり、電気の力を使ったりしてfgf-7を浸透させることで発毛を促す治療法です。

育毛剤の場合、皮膚表面から吸収することで成分が取り入れられます。

一方、毛髪再生メソテラピーの場合は皮膚の1番外側の「角質層」よりさらに奥にある「真皮層」まで成分を届けることができます。

そのため、頭皮に塗るだけの治療より効率的にfgf-7を取り入れ、高い発毛効果を発揮することができるのです。

この、毛髪再生メソテラピーは、治療効果が高いことから、育毛剤で効果が出なかった人や薄毛がかなり進行している人、何らかの脱毛症の人、AGAの人が試すことが多い治療法として知られています。

まとめ

・fgf-7はもともと人の体内に存在する成長因子の一種です。
・副作用が起こりにくく、AGA、加齢による薄毛、女性の薄毛など幅広い薄毛の症状に役立ちます。
・fgf-7は育毛剤や発毛再生メソテラピーでとりいれることが可能です。
・ミノキシジルやアデノシンを利用して間接的にfgf-7を増やすことができます。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?