海外の育毛製品ってどうなの?

育毛剤は日本だけで開発されているわけではありません。もちろん諸外国でも、薄毛に悩む人はいるので、育毛に関する商品はたくさん発売されています。
では日本の育毛製品と海外の育毛製品はいったいどのような違いがあるのでしょうか。

メリットとデメリットを知る

海外では日本ほど薄毛に対する偏見はありませんが、
あまりにも若いうちに薄毛になるとやはり良い気分ではないようです。

薄毛を気にする人

そのため、育毛剤を含めた様々な育毛製品が開発されています。
ここではメリットとデメリットに分けて、日本の育毛製品と海外の育毛製品と比較しています。
海外では、塗布するタイプの育毛剤よりも服用するタイプの育毛剤が多く流通しています。

メリット1

日本の育毛剤は基本的に医薬部外品です。
医薬部外品とは医薬品と比べて、身体に与える影響が作用・副作用ともに小さいものに指定されます。つまり、安全性は高いが薬ほどの効果は期待できないものが医薬部外品になります。薬用歯磨き粉やベビーパウダーなどもこれにあたります。

これに比べて海外の育毛剤は、医薬品に指定されているものがたくさんあります。
つまり、医薬部外品に比べてより大きい効果を期待できるのです。そのため、海外から育毛製品を個人輸入している人もいます。

メリット2

日本で販売されている育毛製品と比較すると、海外のものは安い傾向にあります。特にAGA治療で処方される服用薬は、日本のものより安価で含有量が多いものもあります。
できるだけ安く効果の高いものをと考えている人からすれば、海外のものを一度試してみたくなるものわかります。しかし、最近では育毛製品の競争も激しくなっており、料金の違いは昔ほど大きいものではなくなってきています。そのため、これから挙げるデメリットのことを考えると、躊躇してしまう人も多いようです。

デメリット1

医薬品であることは、効果はかなり期待出来ます。しかし、よく考えてみて下さい。医薬品なので、本来は薬と同じように扱う必要があるのです。本来なら医師や薬剤師に聞いた上で使用するべきものだと認識しておきましょう。そのためもし容量や用法を間違って使用してしまえば、大きな副作用が起こるかもしれません。

また海外の育毛剤が医薬品になっている理由の1つに、有効成分の量があります。
海外で扱われている製品と日本で扱われている成分にそこまで大きな違いはありません。日本の育毛剤でも有効成分を多種類含んでいるものはあります。ではなにが違うのかというと、その成分の含有量なのです。
例えば、日本ではミノキシジルを1グラムほど含んで育毛剤にしているとします。これを海外では、5倍の5グラムほど含ませて作っているのです。効果のある成分が多くなれば、それだけ効果も期待できますよね。ただ同時に副作用のリスクも上がってしまうため、医薬品として扱う必要が出てくるのです。

またこれはあくまでも海外の人の体格に合わせて作られた量です。
そのため、日本人が利用すると、量が多すぎる可能性もあります。あまり内容を確認しないままで安易に使用すると痛い目に遭うかもしれません。
もし海外から育毛製品を取り寄せる場合は、自分で適量を判断して使用するしかないのです。

デメリット2

日本の育毛製品でもしトラブルに遭った場合は、販売している会社や行政などに申し出ることでなにかしらの補償を受けられるかもしれません。
しかし、海外のものだとそうもいきませんよね。
まずどこに連絡すれば良いのかもわかりませんし、わかったとしても言語が違えば満足に抗議もできません。もしこれが日本の製品なら丁寧なサポート対応をしてくれるでしょう。これは日本製品だからこその強みといえます。
このように海外からの個人輸入や代行輸入は、原則自己責任となります。そのため、良い影響が出ても、悪い影響が出ても、自分のせいだと言い聞かせるしかないのです。

またそれと併せて注意しておくべきなのが、説明書を読めるかどうかです。
もし海外のものが送られてきても、その説明書が全て英語で書かれていては、意味を理解するまでかなりの時間を必要とします。トラブルに遭った際の連絡先や、補償の内容などがそこに書いてあっても、わからないのです。もちろん使用する際の注意事項などもここに書かれているので、わからなければ何に注意すれば良いのかわかりません。また最悪の場合、もし説明書に補償は一切致しませんなどと書かれていても、英語がわからなければ警戒することもできないのです。

使用する場合は

このように海外の育毛製品を使用する場合は、注意点がたくさんあります。
日本で販売されているものと同じ感覚で購入するのはやめておきましょう。
もし購入して使用する場合は、誰かに聞くのではなく自分で判断をしましょう。
また始めて海外のものを選ぶ際には、有効成分の含有量を必ず見ておきましょう。成分によっては、多すぎると動機や息切れなどの副作用を引き起こすものがあります。まずは有効成分の含有量が少ないものを利用して、慎重に商品を見極めてく必要があります。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?