育毛剤と併用したい育毛活動

育毛活動

薄毛に悩んでいる方の中には、毎日欠かさず育毛剤を使用しているという人も多いでしょう。
しかし、薄毛の問題を解消するためには、育毛剤を使うだけでは充分ではないのです。
風邪を治すために風邪薬を飲むときにも、ただ薬に頼るだけではなく、風邪が治りやすいように色々と工夫しますよね。
育毛剤も風邪薬と同じ、薬なのです。ただ使うだけではなく、その効果をより高めるための「育毛活動」を行ってこそ、より速やかに、そして確実にその効果を実感しやすくなります。

血行の促進

頭皮マッサージ

髪の成長に欠かせないのが、頭皮の血行です。
薄毛になる原因の一つに、頭皮の血行不良が挙げられます。髪の成長を司る毛母細胞に栄養を行き渡らせているのは血液なので、血液の流れが悪くなると髪が栄養不良に陥ってしまい、抜けやすくなります。これが薄毛を招くのです。
血行を促進するためには、頭皮のマッサージがもっとも効果的です。筋肉をほぐして柔らかくすることで、血管を広げやすくする効果があります。
髪を洗うときや育毛剤を使用するときには、頭皮を優しく揉み込むようにしてマッサージしてあげましょう。
このとき、あまり強く刺激し過ぎると毛穴が潰れてしまったり、毛根が抜け落ちてしまう危険性もあるので絶対に強くしすぎないよう注意しましょう。
また、マッサージは暖めながら行うと効果が倍増します。暖まると血管が拡張し、流れる血液の量が増加するためです。

ストレスを発散する

運動

軽い運動薄毛とストレスとの間には、非常に密接な関係があることがわかっています。
痛みに耐えるときには全身に力を入れてしまうように、強いストレスに晒され続けていると、人はその苦しみに耐えるために身体が強張ってしまいます。
すると、筋肉が硬直して硬くなり、血管を押しつぶしてしまうため血流が悪くなります。ストレスが続くと肩や首が凝る、と言われるのもこのためです。また、副交感神経が正常に働かなくなるため夜に眠れなくなり、疲れが取れないためにさらに筋肉が強張ってしまう、と悪循環に陥ってしまいます。
ストレスを発散することは、実は薄毛解消のためには非常に重要なことなのです。
どうやってストレスを解消するのかは、人によって効果的な方法が異なります。しかし、軽い運動は全身の血行を促し、汗をかくことで爽やかな気分になれるので、誰にでもおすすめ出来ます。
とは言え、激しい運動は却って身体を疲れさせてしまったり、「毎日必ずやらなくては」と思い込むとそれが却ってストレスになったりもしますので、あくまでも適度に行うことがベストです。

育毛に効果のある食事

髪の毛は、食事などで摂取した栄養素を頭皮から吸収して成長していきます。
しかし、食事の栄養バランスが悪ければ、髪の毛を成長させるのに必要な栄養を満足に吸収できず、髪の毛はどんどん弱ってしまいます。
そこで髪の毛を育てるために、欠かさず摂取しておきたい栄養素と食事を知っておきましょう。

タンパク質

まず欠かせないのがタンパク質です。
タンパク質は、髪の毛を構成している栄養素の1つなので、これが不足してしまうと髪の毛は成長出来なくなります。
肉や魚、大豆などに豊富に含まれているので積極的に摂取しましょう。

ビタミンB群

ビタミンB群は細胞分裂を促す作用があるので、毛母細胞の働きを活発にしてくれます。
またビタミンB2やビタミンB6は、皮脂の分泌を低下させてくれるので、頭皮がベタつきやすい人は、特に摂取しておきたい栄養素です。
これらはレバーや魚、大豆に多く含まれています。

亜鉛

亜鉛は、髪の毛に必要なタンパク質の合成を助けてくれるので、抜けにくい髪の毛を生成してくれます。
ちなみに亜鉛は、男性ホルモンや精子生成にも必要となる栄養素なので、男性の体内では不足しがちです。過剰に摂取する必要はありませんが、意識的に亜鉛が含まれている食材を増やしておきたいところです。
かきには非常に亜鉛が多く含まれています。他には、レバーや納豆、うなぎなどに多く含まれています。

おすすめの食べ物

納豆

大豆は本来、体内に吸収されにくい食べ物なので、摂取してもあまり効率よく栄養素を身体に取り入れることが出来ません。
しかし納豆は、大豆を発酵させているので、身体に吸収されやすくなっているのです。少しでも多く吸収して、髪の毛に栄養素を届けるためには、大豆よりも納豆をおすすめします。
また、大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをしてくれるので、薄毛の原因となる男性ホルモンの増加を抑制してくれます。

納豆には、育毛に必要な栄養がこれだけ多く含まれています。
毎日の食事に納豆を付け足すだけで、髪の毛に必要な栄養素をバランス良く補えるのです。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?