7つの育毛効果が期待できるヘッドスパ、そのポイントとは?

7つの育毛効果が期待できるヘッドスパ、そのポイントとは?

美容院ではお馴染みになったヘッドスパ、一度は試されたことのある人も多いでしょう。ヘッドスパはただ気持ちがよいだけでなく、頭皮や髪に刺激を与える育毛効果も期待できます。今、薄毛が気になり始めた、抜け毛が増えた、髪にコシとツヤがなくなってきたという人は、ぜひヘッドスパを始めましょう。毎日のヘッドスパを習慣にすると、髪が健康的になっていくのを実感できます。

ヘッドスパから得られる7つの育毛効果で美髪を目指そう

ヘッドスパは頭皮や髪を健康に保ってくれ、育毛効果を得ることもできます。その効果は7つあり、髪の悩みを抱えているあらゆる年代の人が満足できる内容になっています。さっそくヘッドスパによる育毛効果を紹介しましょう。

1 頭皮トラブルの改善

頭皮の環境は日頃の生活習慣なども影響して、悪化することがあります。頭皮環境が悪化すると、フケやかゆみ、臭い、ベタつきといった症状が現れます。頭皮トラブルは自分だけでなく周りにも不快な思いをさせてしまうので、気付き次第対策を始めたいです。そんな頭皮トラブルも、ヘッドスパを行うことで緩和や改善が期待できます。

2 髪を美しく健康的に保つ

ヘッドスパをすると頭皮の血行が促進され、髪にもきちんと栄養が届くようになります。その結果、髪は太く健康的になり、ツヤが出てきます。毛先が痛んで切れ毛や枝毛がたくさんある状態も、ヘッドスパを継続すれば緩和や改善が期待できるでしょう。 また、髪は日々カラーやパーマなどの液剤によってダメージを受けています。ダメージを受けて弱ってしまっている髪も、ヘッドスパをして血行促進することで状態が改善できます。

3 薄毛予防

薄毛は中高年以降の人に限った悩みではありません。最近では、10代からでも薄毛に悩んでいる人がいます。その薄毛予防にもヘッドスパが有効です。抜け毛が増えて薄毛になる原因として、頭皮の血行不良が挙げられます。ヘッドスパをすると血行不良が緩和されるため、抜け毛が減り薄毛予防につながります。

4 白髪予防

ヘッドスパは薄毛予防だけでなく、白髪予防もできます。白髪は色素細胞であるメラノサイトの消失によって起こります。髪は毛母細胞が働いて成長していますが、加齢によって髪に色をつける働きのあるメラノサイトが減少し、その結果、髪の黒さを保つことができずに、白髪が目立つようになるのです。 白髪の原因は加齢だけでなく、ストレスも関係しています。ヘッドスパで頭皮をほぐしてストレスを解消すると、再び毛母細胞やメラノサイトが活発に動き出します。気持ちが良いと感じるとヘッドスパで、自然と白髪予防ができるのです。

5 美肌効果

ヘッドスパは頭皮や髪を健やかに保ってくれるだけでなく、顔にも美肌効果をもたらしてくれます。年齢とともに気になってくる顔のたるみですが、これはあまり顔の筋肉を使っていないことと関係しています。また、加齢やストレスによって頭の筋肉が収縮すると、膜も伸びてしまい、このような流れから、顔にたるみが生じます。頭と顔はつながっているので、ヘッドスパをすれば顔のリフトアップにつながります。 ヘッドスパが美肌に良いとされているのは、血行が良くなるという点も外せません。頭皮の血行だけでなく顔の血行も促進されるので、血色の良い健康的なお肌を維持できます。

6 肩こりや目の疲れにも効果的

ヘッドスパをすると、心身ともにリラックスできることはみなさん体感したことがあるでしょう。ここから、肩こりや目の疲れ(眼精疲労)にも効果が期待できます。肩こりは血行不良によって起きることが多く、リンパの流れが悪くなって詰まっているので、これをほぐしていくことが大切です。ヘッドスパをする際に頭にあるいくつかのツボを刺激します。百会や頭部第二と呼ばれるツボが肩こりに効きます。どちらも頭頂部付近にあるツボなので見つけやすいです。 また、肩こりに悩む人は眼精疲労も抱えがちです。肩がこっている状態になると目に栄養が届きにくくなり、老廃物がうまく排出されません。。その結果、目の疲れが取れない状態に陥ってしまうのです。ヘッドスパをして肩こりが解消されると、眼精疲労も自然と改善されるようになるでしょう。

7 ヘッドスパは睡眠の質も高める

現代人は睡眠不足を抱えている人が多いです。睡眠の質は翌日の仕事や体調にも影響が出るので、毎日高めていきたいものです。その睡眠の質もヘッドスパをすると高まります。リラックスして眠りにつくことが睡眠の質を高めるには大切です。リラックスできるという点でヘッドスパはおすすめです。リラックスできるものにはアロマや音楽を聞く、ゆっくりお風呂に浸かるなど人によって異なりますが、ヘッドスパも癒しの1つに入れておくと日々のヘアケアで睡眠の質も高まるでしょう。

このように、ヘッドスパには大きく7つの育毛効果があります。抜け毛や薄毛だけでなく、毎日をより快適に過ごすためにもヘッドスパは重要な存在になっているのです。

ヘッドスパの効果はどれぐらい持続する?おすすめの頻度はどれぐらい?

ヘッドスパをしているときは心からリラックスできて、居心地の良い時間を過ごすことができます。ずっとマッサージをしておきたいと思うほど、頭皮をほぐすのは気持ちが良いものです。では、ヘッドスパの効果はどれぐらい持続するのでしょうか? ヘッドスパは肩こりや眼精疲労の解消、頭皮環境の改善を図ってくれるのですが、その持続効果は1週間前後と思っておきましょう。そのため、美容院でヘッドスパを受けるのなら、1ヶ月に3~4回は通わないと効果を維持できません。 一方、自分で毎日のシャンプーの時にヘッドスパをするのなら、毎日の日課にできるので効果がどれぐらい持続しているかを気にしなくて済みます。毎日ヘッドスパをしておけば、いつも快適に過ごせるようになるというわけです。 ヘッドスパは毎日続けておくと肩や目、頭皮の環境を整えてくれますが、やめてしまうとまた老廃物が蓄積し始めて、元の悪い状態に戻ってしまうので注意が必要です。何事も継続が大事ですから、効果の持続期間を意識するよりも、毎日丁寧にヘッドスパをすることを目標にしてみると良いでしょう。

ヘッドスパを効率よく実践するポイントとは

ヘッドスパをすると、さまざまな美容と健康効果が得られます。効果は継続しないと半減してしまうので、続ける重要性も理解できます。そして、ヘッドスパを少しでも効率よく行うために以下のポイントも意識してみてください。

・ツボも刺激してみる

ヘッドスパは頭皮全体を両手で包み込むようにしてマッサージをしていきます。この時、頭にあるツボも知っておくと、適度な強さで刺激して効果を実感できるので試してみましょう。頭皮のツボの中には血行促進効果のあるツボもあるので、育毛に効果的です。 頭頂部の真ん中にある百会(ひゃくえ)、こめかみ付近にある太陽、後頭部のうなじの生え際付近にある天柱、耳裏付近にある風池など頭皮にはたくさんのツボが集まっています。その中でも血行促進作用があるツボや痛みを緩和させる働きのあるツボを刺激すると、終わった頃にはいつものヘッドスパよりも爽快な気分になれるでしょう。

・シャンプーにもこだわってみる

ヘッドスパは頭皮の汚れを除去しながらコリをほぐして血行促進を図っていくケアです。このヘッドスパの効果をより確実に実感するためには、シャンプーの段階でできるだけ頭皮の汚れを除去しておきたいです。 だからといって洗浄力の強い界面活性剤が入ったシャンプーを大量に使っていると、頭皮には悪影響です。おすすめはアミノ酸系シャンプーで、頭皮の汚れを落としながら環境を整える効果が期待できます。シャンプーにもこだわることで、ヘッドスパの効果をより頭皮で感じられるようになるのです。

・簡単にできる炭酸ヘッドスパがおすすめ

ヘッドスパは美容院に行くと本格的にしてくれますが、自宅で手軽にしてみたいという時にはどんなものを用意すべきか迷ってしまいます。そんな時は簡単にできる炭酸ヘッドスパがおすすめです。炭酸があればヘッドスパができるのです。 市販の炭酸水、空のペットボトル、いつも使っているシャンプーの3つを用意します。シャンプーをする前に炭酸水を少量かけて、頭皮全体をマッサージしましょう。数分間マッサージをしたら、シャワーで流して汚れを取り除きます。その後シャンプーに移りますが、空のペットボトルに炭酸水とシャンプーを少量混ぜ合わせたもので洗うのがポイントです。炭酸水入りのシャンプーで頭を洗い流し終わったら、仕上げに炭酸水で軽く頭皮をマッサージして終了です。炭酸水はきちんと流しておきたいので、シャワーですすぐのは忘れないようにしましょう。

まとめ

ヘッドスパと育毛の関係について、主にどのような効果が期待できるのか調べました。

1 ヘッドスパからは主に7つの育毛効果が期待できる。
頭皮トラブルの改善、髪を美しく保つ、薄毛予防、白髪予防、美肌効果、肩こりや眼精疲労改善、睡眠の質の改善

2 ヘッドスパの効果は約1週間持続する。継続が大事。

3 ヘッドスパを効率よく行うポイントを実践する
頭皮にあるツボを刺激する、シャンプーにこだわる、炭酸ヘッドスパが簡単にできておすすめ

ヘッドスパを習慣にすると、年齢とともに感じやすい頭皮や髪に関するさまざまな悩みを解消できます。特に薄毛や白髪を予防する効果があるので、ヘッドスパを続けると育毛ができます。いつまでも美しい髪と健康的な頭皮を維持するために、ヘッドスパの効果や方法を知って実践してみましょう。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?