植毛を考えているなら知っておきたいメリットとデメリット

薄くなってきた髪の毛は、なんらかの対策をしない限り増えることはありません。
育毛剤やAGA治療などの選択肢から、自分に合った対策を考える必要があります。
最近では薄毛の研究が進み、育毛剤やAGA治療にも高い効果が望めるようになってきましたが、それでも結果が伴うかどうかは個人差によるところが大きく、努力が実らない場合もあります。

髪の毛を植える

頭頂部を指さす人

そこで、薄毛対策として1つ考えておきたいのが植毛という方法です。
植毛とはその名の通り、毛を植えることです。成功すれば、目に見えて効果を実感できるのが特徴で、育毛剤やAGA治療であまり効果を得られなかった人でも充分に効果を得られる可能性があります。

そんな植毛ですが、もちろんメリットばかりとはいきません。
植毛には植毛のデメリットも存在するので、迷っている人はそれらしっかりと把握した上で考えましょう。

メリット

植毛のメリットでまず挙げられるのが、継続的に対策を行う必要がないことでしょう。
一度髪の毛を植えてしまい定着さえすれば、髪の毛はそのまま頭皮にいてくれます。そのため、育毛剤やAGA治療のように、長期間継続的に対策をする必要はありません。一度手術さえしてしまえば、その時に定着した髪は、半永久的に頭皮で活躍し続けてくれます。

またそれに加えて嬉しいのが、他の人にバレにくい点です。
植毛技術は年々進化しており、今では普通の髪の毛と遜色ありません。そのため、周囲の人にばれませんし、セットも自由自在です。

他には、手術が成功すればすぐに効果を得られるのも大きいでしょう。
今すぐ髪の毛を増やしたいという人にはとてもおすすめです。

デメリット

もちろん植毛にもデメリットは存在しています。
まず理解しておきたいのが、植毛してそれが頭皮にしっかりと根付くかどうかは手術した人の手腕によるところが大きい点です。もし技術的に未熟だった場合は、思うように定着しないことも考えられます。そのため、植毛を行う場合は医師選びがとても重要になります。

またもう1つ気にしておきたいのが、継続的な費用は必要ないものの、手術1回あたりの費用が他の薄毛対策と比較しても高い点です。いくら効果を期待できる薄毛対策でも、経済的に余裕がなければ植毛はできません。なぜなら植毛には保険が効かないので、自費で全ての医療費を払う必要があるからです。そのため、植毛することを決めるということは、かなりの金額を出費する覚悟を決めることでもあります。

他には、手術による傷跡が残ることも、デメリットの1つといえるでしょう。
技術力のある医師なら、傷跡もそこまで目立つものにはなりませんが、それでも短髪にしたり、将来的に薄くなったりすると傷跡が見えやすくなります。そのため、できるだけ技術力の高い医師に行ってもらい、傷跡を目立たないようにしてもらった方が良いでしょう。

植毛の種類

植毛にはこのようなメリットとデメリットが存在しています。
そのため、育毛対策として植毛を行う人はあまり多くありません。少なくとも経済的に余裕のない人が植毛を行うのは厳しいでしょう。

もし経済的に余裕があり、植毛を考えているのなら自毛で行うのか人工毛で行うのかを考えておかなければいけません。自毛と人工毛には以下のような違いがあるので、比較してどちらかを選びましょう。

自毛植毛

■メリット

自毛植毛の良いところは、なんといっても自分の身体で生成したものを移植するだけなので、身体が拒絶しないことです。
人工毛の場合は、身体に異物を植えることになるので、人によってはアトピーのような反応が出てしまう場合や、上手く頭皮に定着しない場合もあります。しかし自毛植毛なら、そのようなことはありません。そのため、安全に植毛行いたい人や確実な効果が欲しい人は、自分の頭皮に馴染みやすい自毛植毛を行うのがおすすめです。

■デメリット

自毛植毛の悪いところは、あくまでも自分の毛なので身体のどこかの毛がなくなるということです。
しかもできるだけ移植する部分に近いところが望ましいので、頭のどこかから移植してくるケースが大半になります。
そのため、頭の髪の毛が全体的に薄くなっている人にはそもそも自毛植毛という選択肢はないと思っていた方が良いでしょう。

他には、移植後数ヶ月経たないと大きな効果を得られないこともデメリットでしょう。
自毛植毛は、髪の毛が一旦抜け落ちます。その後に新しい髪の毛が生えてきて、定着となるので効果を実感できるようになるまで数ヶ月程度はかかるのです。

人工毛植毛

■メリット

人工毛植毛の良いところは、自毛植毛のように一旦抜け落ちるということもないので、すぐに効果を実感できるところでしょう。
また、自毛植毛のように頭髪が全体的に薄いとダメということもありません。

■デメリット

いくつか悪いところはありますが、そのなかで最も影響を受けやすいのが、人工毛なので拒絶反応が起きやすいことでしょう。拒絶反応が悪化すると、化膿などの症状を引き起こすので注意が必要です。
また自毛植毛のように伸びてくることがないので、自然な髪型ができるかどうかわからないこともデメリットでしょう。

まとめ

このように、植毛は薄毛薄毛対策として優れているところと劣っているところがあります。
自分の経済事情や性格、頭皮の状況に合わせて自分に合ったものを選びましょう。
気軽に薄毛対策を行いたいなら、育毛剤やAGA治療がおすすめですし、確実な効果が欲しい人は自毛植毛という手段でも良いでしょう。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?