フケの大量発生は薄毛のサイン!?フケの原因と対策を紹介!

フケの大量発生は薄毛のサイン!?フケの原因と対策を紹介!

最近フケが増えてきたと考えているあなた、もしかしたらそれは薄毛になる予兆かもしれません。フケは痒みや炎症、皮脂の過剰分泌や乾燥など、さまざまな要因から発生します。とはいえ、フケ防止について調べてみると、頭皮の乾燥が原因だったり、皮脂でベタベタなのが原因だったりとはっきりしていません。そこで、この記事ではフケの原因を整理し対策をご紹介します。

フケの種類とフケができるメカニズム

フケは漢字で「頭垢」や「頭脂」と書き、頭皮から発生するうろこ状の白い老廃物です。いわば頭皮の垢です。元々は垢なので、発生すること自体は自然な現象です。普通の垢のように新陳代謝の結果として生まれるものなので、気にする必要はありません。問題は、大量に発生するという状態にあります。

フケには大きく2種類あります。一つが乾燥肌の頭皮に発生する「乾性フケ」、もう一つが皮脂でベタベタな頭皮に発生する「脂性フケ」です。どちらも薄毛を引き起こす不潔な頭皮の環境状態といえるでしょう。

「乾性フケ」は乾燥して剥がれ落ちた古い角質です。これは単に空気が乾燥しているから発生したものではありません。ストレスや不規則な生活、アトピーをはじめとした病気などの内的な要因、シャンプーが合わなかったりカラーリング材が頭皮に付いてしまったりといった外的な要因、もちろん空気の乾燥や、紫外線を多く浴びてしまったりという環境の要因で発生することもあり、さまざまな因子によって引き起こされるものです。

「乾性フケ」がいくつもの要因が積み重なって起こる一方で、「脂性フケ」の要因は非常に単純。皮脂の過剰分泌が原因です。頭皮の垢が大量に発生した皮脂と混じり合い、柔らかくてベタベタした気持ちの悪い「脂性フケ」になるのです。

どちらも大量に発生すると薄毛になってしまいますから、注意しなければなりません。

フケが薄毛につながる原因とは

フケが増えると、どうして薄毛になってしまうのでしょうか。フケは自然現象ですから、発生すること自体に問題はないはず。フケが大量に発生するとどんな問題が起こるのでしょうか?

フケが大量発生する頭皮環境=薄毛になる頭皮環境

フケが大量発生する状態をじっくり考えてみましょう。「ストレス」「不規則な生活」「皮膚の病気」「薬剤による皮膚炎」「皮脂の過剰分泌」など、どれも薄毛の原因になっていると思いませんか?フケ自体が薄毛の原因になるということもありますが、それと同様にフケが大量発生する状態も薄毛を誘発してしまうのです。

フケが雑菌を繁殖させる

フケは頭皮の垢ですから、放置しておくと雑菌繁殖の温床になります。常在菌でも皮脂を好物とするマラセチアなどは脂性フケによって過剰繁殖して頭皮に悪さをしてしまうでしょう。一般的にはシャンプーなどの洗髪でフケは除去できるのですが、フケを大量発生させるような頭皮になってしまった場合はそうもいきません。結果として薄毛が進行してしまうのです。

脂漏性皮膚炎の可能性も

フケがひどいと思っていたら脂漏性皮膚炎だったというケースも見られます。脂性フケはベタベタして頭皮にくっつくため脂漏状態となり、そこから菌による皮膚炎に発展することがしばしばあります。脂漏性皮膚炎は薄毛の要因としてもメジャーなものですから、気をつけなければなりません。

このように、フケは薄毛につながるさまざまな要因と密接につながっています。放置しておくと、取り返しがつかないほどの薄毛になってしまうため、早急に対策を打つのがいいでしょう。

フケが大量発生したときの対策とは?

ではフケが大量発生するようになったときは、どのように対策をとればいいのでしょうか。一般的にフケはシャンプーで落としていることから、大量発生時も念入りに髪を洗えばいいと思ったら大間違いです。必要以上にゴシゴシ洗うことは、逆にフケを誘発する可能性があるのです。ここでは、5つのフケ対策を紹介しますので、自分に合った対策を探してみてください。

シャンプーを変える

シャンプーを変えるのは最も簡単なフケ対策の一つです。自分の頭皮に合わないシャンプーを使用しているとフケの量が増えるものです。オイリー肌に乾燥肌用のシャンプーが合わないのはよく知られていますが、実は乾燥肌にオイリー肌用のシャンプーを使うのもアウト。洗浄力が強すぎるため雑菌を呼んだり皮脂の過剰分泌の原因となってしまったりするのです。

丁寧に優しく洗う

髪を洗うときに、ゴシゴシと強く洗わないこともフケ防止には肝心です。力を入れて頭皮を洗うことで、確かに今あるフケは取れるかもしれません。しかし、代わりに頭皮にダメージを受けてしまったり、皮脂を洗い流しすぎて乾燥したり過剰分泌を招いてしまう可能性があるのです。丁寧に洗うためには、髪をぬらす前にブラッシングで汚れを落とし、ゆっくりとぬるま湯で髪を濡らしてから、よく泡立てたシャンプーを使い、指の腹で優しく洗うようにしましょう。

髪の毛のケアをしっかりする

フケというと頭皮ばかりに目がいきがちですが、髪の毛のケアをしっかりすることでかなり軽減できるものです。髪の毛の状態が悪いと頭皮の防護という役割を果たすことができません。髪の毛の健康を保つことが紫外線や雑菌、乾燥から頭皮を守ることにつながります。

生活習慣の見直し

「ストレス」「不規則な生活」もフケ作りの原因の一つです。それを防ぐために生活習慣を見直すのもいいでしょう。健康な生活は、フケだけでなくその他の薄毛の原因も蹴散らしてくれる強力な武器なので、髪が薄くなってきたら小手先の対策を練るよりも、こちらがいいでしょう。基本に忠実でいることは、一番の薄毛対策にもなるということです。

脂性フケが多く脂漏性皮膚炎まで悪化してしまった方は、自分で治すのもいいですが皮膚科で診断を受けるというのも一つの手です。フケの要因は一つではないため、素人が判断して行動するよりもプロの意見を聞くのが確実。また、ほかの要因だとしても一度皮膚科でみてもらうことで一緒に対策を考えてくれるので、どうしても治らない場合は皮膚科へ足を運ぶようにしましょう。

まとめ

・フケには2つの種類があり、乾燥したパラパラしたものを「乾性フケ」皮脂でべたべたしたフケを「脂性フケ」という。どちらも薄毛につながるので注意が必要。
・フケ自体は頭皮の垢なので、薄毛の原因にはなりませんが、大量に発生すると薄毛になる可能性もある。
・フケの対策は「シャンプーを変える」「髪のケアをしっかりする」「生活習慣を変える」の3つがメインになる。それでも治らない場合は一度皮膚科で判断を仰ぐのがよい。

フケは薄毛を誘発するだけでなく、ニオイがしたり、枕が汚れたり、不潔に見えたりといったデメリットも多いので、できるだけ早くに治してしまいたいものです。フケが増えてきたなと感じた方は、ここにある対策を見て、できることからすぐに始めてみてはいかがでしょうか。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?