育毛、養毛!何がどう違うの?

薄毛を、毛生え薬の力で治そうと考えて、実際にインターネットで調べてみると、育毛や養毛、発毛など、さまざまな名前が現れ混乱してしまいます。どれがどのように効くのか違いがわからないという方も多いのではないでしょうか。

同じ薄毛対策の薬剤のはずなのに、呼び方が全然違うのはなぜでしょうか?実は、これらの名前は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律(通称 薬機法)」という法律に関連しています!

この記事では、薬機法の観点から育毛と養毛、発毛の違いについて解説します。

 

育毛、養毛、発毛という言葉に定義はあるの?記載される効能から見る違いとは!

薬機法では育毛、養毛、発毛という言葉は定義されていません。薬機法では厚生労働省が認可した有効成分を含む薬剤を医薬品や医薬部外品と分類し、それ以外の薬剤を化粧品と分類しているだけです。しかし、その分類を読むと育毛、養毛、発毛の違いを理解できます。

 

薬機法が医薬品と認める薬剤には、「壮年性脱毛や円形脱毛症における発毛、育毛及び脱毛の進行予防など」を記載することを認めていますが、医薬部外品には「脱毛予防、発毛、育毛の促進など」とまでしか記載されていません。両者の違いを解説すると、医薬品では「発毛」が目的であり、医薬部外品は「発毛、育毛の促進」が目的ということが言えます。つまり、医薬部外品では「発毛は促進することしかできない」と言い換えることができます。

 

そのため、一般的に「発毛剤」と呼ばれるものは医薬品、「育毛剤」と呼ばれるものは医薬部外品と定義できます。では、養毛はどんなものになるのでしょうか?

 

毛生え薬のうち効果が強いものが医薬品で、効果が穏やかなものが医薬部外品と言い換えることも可能ですが、どちらも厚生労働省が効果を認めた有効成分を含んでいるものを指します。一方、無認可の成分だけが含まれている毛生え薬は、医薬品にも医薬部外品にも分類されず、化粧品に分類されます。そして、養毛剤は一般的にこの化粧品に分類されることになります。

ここまでの内容をまとめると、発毛剤=医薬品、育毛剤=医薬部外品、養毛剤=化粧品。これが薬機法での扱いの違いと言うことになります。

 

発毛剤の効能から見る発毛の定義とは?育毛、養毛との違いは?

発毛剤の効能は、頭に髪を生やすことができるというものです。薬機法では、発毛剤は厚生労働省が「効果がある」と認めた有効成分が含まれている医薬品、つまり医薬部外品や化粧品よりも確実性が高い効果が期待できるというわけです。

 

発毛剤として有名な有効成分は「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」。フィナステリドとデュタステリドは内服薬、ミノキシジルは外用薬が医薬品の有効成分として認可されています。これらの薬品の特徴は、「抜け毛を防止し、髪を増やすこと」です。ということは「発毛」とは、「髪を増やす」ということに当てはまると言えるでしょう。

 

育毛剤は「効果がある」ことは認められているとはいえ、「発毛の促進」です。医薬部外品の成分「だけ」で髪が増やせないことから、「育毛=髪を増やす」とは定義できません。養毛についても同様のことが言えるでしょう。

 

育毛、養毛の効能からみる定義は?

育毛剤は「脱毛予防や発毛・育毛の促進」を目的としていて、その効果としては「頭皮の環境改善」や「血行促進」などが特徴です。薬事法では、育毛剤は「穏やかな効果がある」と認めた有効成分が含まれている医薬部外品としていますから、ある程度、効果は期待できます。頭皮環境の改善や血行促進によって期待できる効果は、今ある髪の毛を太く丈夫にすること。つまり、育毛と発毛の違いは、髪を増やすのではなく、抜けづらく強い髪に「育てる」所にあると定義できるでしょう。

 

養毛剤は「現在の毛髪を維持」を目的としています。化粧品という分類だけあって、「頭皮に栄養を与える」「頭皮を保湿する」など、潤いを与えたり健やかに維持するという特徴を持っています。このことから、養毛とは、髪を増やしたり育てたりするのではなく、栄養やいい環境を与えて、「養う」と定義できるでしょう。

 

まとめ

・薬機法では育毛剤、発毛剤、養毛剤が定義されており、それぞれ期待できる効果に違いがある。

・発毛剤は医薬品であり、髪を増やす効果を認められている成分が配合されているため、「発毛=髪を増やす」と定義できる。

・育毛剤は医薬部外品であり、頭皮環境を改善する効果を認められている成分が配合されているため、「育毛=髪を太く丈夫に育てる」と定義できる。

・養毛剤は化粧品に分類されおり、栄養を与えたり保湿したりという特徴があることから「養毛=髪を維持できる環境を与えて養う」と定義できる。

 

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?