若くして薄毛になった私の育毛剤体験談とは?

若くして薄毛になった私の育毛剤体験談とは?

薄毛ってつらいですよね。周りからどう見られているのか気になりますし、恥ずかしい。外に出るのが億劫に感じることもあります。私自身、薄毛で悩んでいた頃はあまり外に出ようとは思えませんでした。まだ初期の状態だったとはいえ、人に頭を見られているのではないかと思うと恥ずかしい気持ちに…。最低限しか外に出ないようになりました。現在は自分にあった治療方法を見つけて、以前のように悩むことはなくなりました。今回は私がどのような気持ちで乗り越えてきたのかを体験談として伝えていきます。

最初は人より少し薄く感じる程度

私は最初これが薄毛なのかわかりませんでした。私自身、薄毛という自覚がなかったので高校時代は特に悩むことなく過ごせていましたが、大学に入ってから変わりました。大学に入ったら違う自分になろう、いわば大学デビューがしたいと思っていた矢先、髪の毛を見てみるなんだか薄いような…。

これまで気にしたことがなかったのですが、大学に入ってから「もしや…」という不安が少しよぎりました。しかし、「まさかこの歳で」と思いそれ以上は悩むことはなかったです。

それから大学で友達もでき、大学生活をエンジョイ。オールしたり、ご飯はカップ麺ばかりだったりと不健康な生活を送っていました。今思えばこういった生活習慣も頭皮に悪かったのでしょう。しかし、当時は別に気にすることなく大学生活を楽しんでいました。

人に言われて気になるように

「お前って髪、薄くない?」と大学で仲良くなった友達に言われました。この時は不意に聞かれたので最初は何を言っているのかよくわかりませんでした。

その日は話もほどほどに家に帰ったのですが、やはりあの言葉が不安に。今まであまり意識していなかったのですが、いざ鏡を見てみると確かに大学当初よりも少し頭頂部が薄くなっているように感じました。

自分でも薄いと自覚し始めると、少しずつ恥ずかしさがこみ上げ、抜けている髪の毛や髪を洗っている時など髪の毛は大丈夫なのか。抜けていないのかを強く気にするようになってきました。

いつもより多く抜けているのではないかというときなどは「どうしよう…」と変に焦ってしまい、精神的にしんどく感じていました。

外に出るのが恥ずかしく感じる

自分が薄毛だと気づいて一番辛かったのは、外に出るのが恥ずかしかったことです。私はこの時まだ若く、薄毛には程遠いと思っていたのもあって「この歳で…」と感じており、周りの目が非常に気になりました。

他人の目が少しでも頭に向くと薄毛がバレてしまったと恥かしさがこみ上げることもしばしば。大学の授業中も後ろに座っている人に頭頂部を見られてしまうのではという不安から、毎回早く来て一番後ろの席に座っていました。正直この時が一番辛かったと感じています。

ネットにある情報は本物?

「いつまで恥ずかしがって生きればいい」「いつまでこんな状態なんだ」「なんで僕なんだ…」などいろいろな思いがあり、何か対策をしなければと感じネットで対策法などを検索してみることにしました。

検索してみるといろいろな情報がありました。ためになるものもあったのですが、信憑性に欠けるものも…。あっちのサイトでは強く勧めていた対策法がこのサイトでは否定されている。あのサイトではあった薄毛の情報が、このサイトでは書かれていないなど「何が正しいの?」と疑わしくなってしまうものばかりで、余計に混乱してきました。

僕はただ薄毛に悩んでいて、正しい情報を得て改善していきたいと思っているだけなのに、余計に頭を混乱させてしまうことになりました。

どうやって改善すればいいのかわからない

ネットで情報が見つからず、どうやって改善していけばわからなくなってしまいました。ただ、分からないからと放っておいても薄毛は進行していく一方。薄毛だと言われてからも進行は続いており、気持ち薄毛が広がっているように感じました。このままほっとけば、いずれ隠し切れなくなるかもしれない。そんな不安が強く襲ってきました。

しかし、改善方法がわかりません。一応ネットにあった頭皮マッサージなどは試してはいたのですが、どうも効いている気がしませんでした。

そんな時、友達の存在が助けになった

薄毛をどう改善していくのかわからず悩んでいた時に、助けてくれたのは大学で知り合った友達でした。これまでずっと1人で悩んできていたのですが、そんな私を見かねて友達たちも一緒に解決していくことになり、どんな情報があるのかを探してくれました。

私のどういったところが薄毛につながっていたのか、そして、どう改善していけばいいのかを一緒に考えてくれたことで、1人で悩んでいたのが少しずつ楽になり、薄毛の改善へ光が見えてきたように感じました。

実際に育毛剤を使ってみることに

そんな中で友達が育毛剤を見つけてくれました。自分の状態にも非常に合っており、私としては効果があるように感じます。私1人でしたら見つけられず悩んでばかりだったのですが、友達がいたことで薄毛改善へ向けて動き始めたのは感謝しかありません。

最初は疑いながら使い始めた育毛剤ですが、自分に合っていたのか、効果があるように感じます。ただ、根本の原因は生活習慣なので、完璧に改善したわけではありません。

それから生活習慣も改善

薄毛が始まった原因は、生活習慣です。大学に入りオールや荒れた食生活を送っていました。これも十分原因の1つなので、生活習慣も改善していくようにしました。友達と飲みには行くのですが、あまり無理はせず終電で帰る。食生活はなるべく野菜も摂るようにし、栄養が偏らないようにしてきました。

気を抜くとまた生活習慣が乱れがちになってしまいますが、意識はするようにしています。さらに、育毛剤を使っているため薄毛は少しずつ改善しているように感じています。

少しずつだけど改善し始めている気がする

まだ育毛剤などを使い始めてから時間は経っていないのですが、手応えは感じています。実際に、頭頂部は少しずつ髪が増えているように思います。抜け毛は以前に比べ減ったのは嬉しいです。

これも自分に合った育毛剤を使っているだけではなく、生活習慣も改善したことが要因だと思います。

まとめ

ここまでをまとめると

・生活習慣が悪化し薄毛が進行した
・薄毛になると外に出るのが恥ずかしい
・自分に合った育毛剤で変わる
・生活習慣も改善させれば効果は大きい

私はこれまで薄毛は中年の方がなるものだと思っていましたが、若い人でも生活習慣によっては薄毛になることはあります。

薄毛になったら、生活習慣を改善し自分に合った育毛剤を使用することを心がけてください。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?