育毛にマルチビタミンは有効?薄毛に効果があるのか検証

育毛に良い物は亜鉛などたくさんあります。その中で、育毛に最適だといわれている栄養素がマルチビタミンです。ビタミンは現代の食生活ではついつい不足してしまいがちですが、実は薄毛に効果がある栄養として注目されており、育毛剤にもマルチビタミンを配合しているものが多くあります。今回はマルチビタミンが育毛にどう影響するのかということや、ビタミンの種類などを詳しく説明していきます。

育毛とマルチビタミンの関係は?

ビタミンはタンパク質や炭水化物、脂質などと同様に私たちの体には欠かせない栄養の1つです。ビタミンが体に入ることで、体の機能を健康に保つ事ができます。

薄毛にはさまざまな要因がありますが、頭皮の血流の悪化や分泌されるホルモンの量などの身体機能の不具合が原因となることもあります。そのため、マルチビタミンを摂取すれば、身体機能を正常化し育毛を促進させてくれます。

このように、マルチビタミンは育毛にも深い関わりのある栄養素いうことがわかりました。そのマルチビタミンは残念ながら体内で作り出すことができません。そのため、外部から摂取することが必須となっています。

そして、食材の中にはビタミンが多く含まれているものも多く存在しているので、食生活に気を配っていけば育毛を促すのは十分可能です。

マルチビタミンの種類とは?

ビタミンと一言でいってもさまざまな種類があります。そして、それぞれのビタミンで役割が変わってくるため、1種類のビタミンを摂取すればいいわけではありません。

ビタミンは全13種類もあり、育毛に関係するものが多いのですが、中には体には必要だけれど、育毛には大きく関係しないものもあるので、効率的に育毛できるようにビタミンを摂取するのなら、その点も考慮してマルチビタミンを摂取しましょう。

育毛効果のあるビタミンの詳細

マルチビタミンの種類は全部で13種類です。その中で育毛に関係するものとそうでないものに分かれます。育毛に関係するビタミンは大きく分けてビタミンA、B群、C、Eとなっています。もっと詳しく分類すると、

・ビオチン

・ビタミンB群

・ビタミンE

・ビタミンA

・ビタミンC

となっています。これらが髪のために摂取するべきビタミンです。今度はこれらのビタミンが育毛にどう影響していくのかを説明していきます。

ビオチン

ビオチンと聞いてもあまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。ビオチンというのは簡単にいうとビタミンB7のことを指します。

この栄養素の主な役割は、炭水化物や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるのを補助することです。このビオチンは育毛には欠かせないビタミンで、炭水化物などがエネルギーに変わることで、

・毛髪や皮膚の健康維持

・髪の寿命の伸ばす

・頭皮の毛細血管を太くし、血流を改善する

・頭皮の新陳代謝を活性化

などの働きを促してくれます。

頭皮の状態が良くなることで、育毛にも十分期待が持てそうですね。さらに、生えた髪を長くとどめておけるよう、頭皮の環境も改善してくれるため、薄毛を解消してくれる可能性も非常に高いです。

そのため、ビタミン摂取での育毛を考えているのなら見逃せないビタミンです。

ビタミンB群

ビタミンB1などビタミンの多くを占めるビタミンB群。あえて分けましたが、ビオチンもビタミンB7なのでビタミンB群の一種です。

ビタミンB群も育毛には重要な作用を持っています。髪の毛の根本には髪の元となる毛母細胞のある部分が存在しています。

そして、あらゆる要因はあるものの最終的に毛母細胞の働きが弱くなり、新しい髪の毛が生えてこなくなったことで薄毛が発生してしまうことも。ビタミンB群は毛母細胞の働きを活発化するといわれており、育毛には効果的です。

詳しく説明すると、特にビタミンB2、B6は、

・細胞の成長などを促進

・タンパク質が髪になるまでをサポート

といった働きをしてくれます。主にこの2つが大きく育毛に関わっていますが、他のB1〜B12もバランスよく摂取していくのが望ましいです。

ビタミンE

上記した2つのビタミンに比べやや重要度は下がりますが、ビタミンEも育毛には大事なビタミンの1つです。

ビタミンEは脂溶性のビタミンとなっており、主な効果は血流の改善や、髪の成長促進です。育毛に関しては以下の効果を発揮します。

・頭皮への血流の改善

・頭皮細胞の天敵である過酸化脂質の生成を抑制

・血管の保護や血行促進作用

頭皮への血流改善は育毛のためには欠かせません。

血流が悪いということは、毛母細胞まで育毛に必要な栄養素が必要な量だけ届かないということになります。

そうなれば、栄養不足で髪はやせ細ってしまい毛穴からぬけてしまうことに…。血流の悪化も薄毛の要因になってしまうので、ビタミンEを摂取し改善しましょう。

ビタミンA

ビタミンAの基本的な働きは、細胞の活性化です。その効果は頭皮にも及びます。

薄毛になる原因の1つが頭皮の環境悪化であるため、常に細胞分裂などを活発化させ、頭皮の環境をよくするのにビタミンAの摂取が大事です。

ただし、ビタミンAは多く摂取すればそれだけ頭皮の環境が良くなるというわけではありません。

過剰に摂取すると栄養障害などを引き起こす可能性があるので、摂取するのならあまり摂りすぎないようにセーブしましょう。

ビタミンC

ビタミンCは体の疲労や精神的なストレスの回復効果があります。疲れやストレスが溜まってしまうと、精神的な要因で薄毛が進行していくこともあります。

さらに、頭皮に栄養が行き渡りづらくなるため、抜け毛の元となることも。

育毛に直接的には関係しないのですが、薄毛を防ぐためには重要なビタミンです。

マルチビタミンの効率的な摂取方法は?

これまでマルチビタミンの重要性や育毛に効果があるビタミンなどを説明してきました。

ビタミンがいかに育毛に重要なのかということがわかりましたが、問題はどうやって摂取するの?というところです。

マルチビタミンは体内で作り出せません。そのため、外部から摂取していく必要があるのですが、効率的にマルチビタミンを摂取するにはどんなものを食べればいいのかわからない方も多いです。基本的には

・サプリメントを摂取する

・レバーを摂取する

・大豆を摂取する

・緑黄色野菜をスープとして摂取

の4つがおすすめです。なぜ効率的なのかなどを説明していきます。

サプリメントで摂取

一番効率的にマルチビタミンを摂取する方法は、サプリメントを利用することです。

食材で摂取するのが理想的なのですが、仕事が忙しいなどさまざま事情で料理ができず、食材を摂取できないこともあります。そういった場合は、サプリメントで摂取したほうが多くのビタミンを必要な量、体に入れることができます。

しかし、サプリメントによっては安全性や、ビタミン自体、本当に生きたものを使っているのか不安に感じる部分もあるかもしれません。

さらに、価格面でも良いサプリメントを選ぶのならそれなりの金額は覚悟しておかなければならないでしょう。

ただ、その分手軽さは断トツです。なかなか食材でビタミンを摂取できないという方は積極的にサプリメントで補っていきましょう。

レバーを摂取する

ビタミンを多く含んでいる食材は何かと聞かれたら、最初に挙がるのがレバーというほどレバーはビタミンの宝庫です。

主にビタミンAとビタミンB1が多く配合されているので、ビタミンが不足していると感じたら積極的に食べて欲しい食材です。

さらに、レバーは少量でもビタミンの含有量が非常に多く、たった50gだけでも成人が1日に必要なビタミンA、ビタミンB2を摂取することができます。

もちろんこの他のビタミンも豊富に含んでいるため、薄毛で悩んでいるのなら、育毛の一環としてレバーを摂取することをおすすめします。

大豆を摂取

大豆も育毛に非常におすすめの食材の1つです。大豆は栄養素が高いだけではなく、ビタミンも豊富に含んでいます。

中でも注目なのがビオチンを多く含んでいる点です。ビオチンは先ほど説明したとおり、育毛には非常に重要なビタミンで、髪の毛の寿命を伸ばし、頭皮の環境も整えてくれる優れものです。

さらに、薄毛の原因である男性ホルモンの過剰分泌を防いでくれるイソフラボンという成分も含んでいます。

まさに育毛には持ってこいの成分が入っているのも魅力。さらに、レバーとは違い大豆は比較的手軽に食べられるのも特徴の1つです。

緑黄色野菜をスープとして摂取

緑黄色野菜もビタミンを多く含んでいます。主にビタミンAが多いのですが、野菜の種類によってさまざまです。

ピーマンや芽キャベツなどにはビタミンCが多く含まれており、ビタミンAは人参、ほうれんそうなどに多く含まれています。

このように、種類によってバラバラなので多くの緑黄色野菜を摂取したほうが効率的といえるでしょう。そこで便利なのがスープです。

大量の緑黄色野菜を一度にたくさん食べるのは難しいかもしれません。しかし、スープにしてしまえばサラダなどと比べると食べやすいです。

さらに緑黄色野菜に含まれているビタミンの中には水溶性のものも多くあります。水溶性だと水で洗うだけでもビタミンが流れ出てしまいます。

少しでもビタミンが逃げるのを防ぐためにスープにすることで、水に溶けたビタミンも効率よく摂取できるのでおすすめの食べ方です。

マルチビタミンを摂取する上でNGなことは?

上記で説明してきた食材を摂取していけば、効率的にビタミンを体に入れることができます。

マルチビタミンを摂取するのには色々な方法はありますが、中にはビタミンの効果を下げてしまったり、育毛とは逆の効果を生んでしまったりする摂取方法もあります。

具体的には以下の通りです。

・生の卵白と一緒に摂取する

・ヨーグルトを食べ過ぎる

・過剰摂取

上記のような食べ方はビタミンを利用して育毛していくのなら、あまり望ましくありません。その理由を説明していきます。

生の卵白と一緒に摂取する

ビタミンの中で育毛に対して特に重要なのはビオチンだと説明してきました。

実は生の卵白に含まれるアビジンと呼ばれる糖タンパク質は、ビオチンと結合する特徴があります。アビジンと結合してしまうと、ビオチンが他の働きをすることができないため、せっかく摂取しても育毛に届かず無駄になってしまいます。

もちろん大量に結合されるわけではないので、欠乏してしまうことになるわけではありません。

しかし、ビオチンを摂取した分だけ育毛に活かしたいと考えているのならメレンゲなど生の卵白を利用したものは避けるようにしましょう。

ただ、注意すべきなのは生の卵白だけなので、火を通せば問題なく食べることができます。

ヨーグルトの食べ過ぎ

ヨーグルトも育毛としてビオチンを積極的に摂取しているのなら食べ過ぎないようにしたほうが良いです。

なぜなら、ビフィズス菌の種類の1つであるフェリカス菌はビオチンを食べてしまうからです。フェリカス菌自体、悪い菌ではないのですが、育毛ということを考えると少し気になります。

もちろん、数は多くないので、少し食べた程度でこれまで摂取してきたビオチンが不足するわけではないです。

しかし、しっかりビオチンを活かしたいと考えているのなら、ヨーグルトは控えめにしたほうがいいでしょう。

過剰摂取は逆効果になることも

ビタミンを摂取する上で一番注意しなければいけないのが、過剰摂取をしないことです。

ビタミンのほとんどは大量に摂取しても体外へ排出されるのですが、中には摂りすぎると悪影響を及ぼすものもあります。

そのビタミンは「ビタミンA」と「ビタミンE」の2つです。過剰摂取した際の悪影響は以下の通りです。

ビタミンA

・頭皮が固くなる

・薄毛や抜け毛の原因となる

・栄養障害を引き起こす

ビタミンE

・胃の不快感

・頭痛

どれも無視しづらい悪影響です。特にビタミンAの場合、摂取のしすぎで頭皮に直接的なダメージを受けます。

さらに、ビタミンAが不足していると頭皮の乾燥などの影響が出るので、足らなくてもダメージとなってしまいます。

そのため、摂取の際はかなり注意が必要で、なるべく600μg程度の量で収めるのが理想的です。

この倍を摂取してしまうと上記の症状が出てしまいます。ビタミンを摂取する時は過剰摂取にも注意しておきましょう。

まとめ

ここまでをまとめると、

・育毛にマルチビタミンは効果的

・効率的に摂取するならレバーや大豆、サプリメントを利用する

・マルチビタミンを摂取するなら過剰摂取などには注意する

ビタミンは育毛に効果的です。効率的に摂取していけば、薄毛から解放される可能性も十分あります。しかし、摂取の仕方によっては悪影響もあるので十分注意しましょう。

 

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?