人種によって薄毛や脱毛の進行具合に違いはあるの?

人種によって薄毛や脱毛の進行具合に違いはあるの?

現在、日本の薄毛人口は1,200万人を超えるとされており、多くの方が薄毛に悩まされています。そのため、最近ではさまざまなメーカーからさまざまな育毛剤が販売されています。AGA(男性型脱毛症)の治療を専門とするクリニックも存在するほどです。薄毛は、日本人にとって国民病といっても過言ではないものとなりましたが、海外ではどうなっているのでしょうか。また、人種が違えば、薄毛の症状なども違ってくるのでしょうか。ここでは、人種による薄毛や脱毛の進行具合について紹介します。

世界の薄毛ランキング、日本は14位

とある企業が行った「世界の成人男性薄毛率」の調査によると、以下のようなランキングになりました。

世界の育毛ランキング

薄毛の人が多い国順に、1位チェコ、2位スペイン、3位ドイツ、4位フランス、5位イギリス……日本はなんと14位。しかし、世界を見れば日本より薄毛率が高い国がたくさんあります。
この調査結果によると、上位にランクインしているのは、ほとんどがヨーロッパの国々。このことからヨーロッパの国々は日本よりも薄毛率が高いということがわかります。また、人種による薄毛の違いはありそうですね。

ヨーロッパ人の薄毛率が高い理由

ヨーロッパ人の薄毛率が高い理由には、以下の2つの事柄が関係しているようです。
以下で、詳しく説明します。

遺伝

ヨーロッパ人の薄毛率が高い理由のひとつに、「遺伝」が挙げられます。AGAにおいては、遺伝が薄毛を引き起こす因子となっていることは多くの方に知られているもので、この遺伝には人種による差異があります。
日本の成人男性のAGA発症率は約30%であるのに対し、ヨーロッパの成人男性の発症率は40%を上回ります。また、ヨーロッパ人は進行も早いとされています。そのため、ヨーロッパ人は人種的的に「薄毛になりやすい体質」なのです。

食生活

ヨーロッパ人の薄毛率が高い理由には、「食事」も大きく関係しています。
ヨーロッパ内でも国により、“食”には違いがありますが、ヨーロッパの食生活は日本に比べてバランスが偏っているといわれています。

例えば、薄毛ランキングで1位に輝いた「チェコ」。
チェコの食事は日本人にはあまり馴染みがありませんが、肉がメインで、野菜はあまり食べません。さらに、ドロドロの塩辛いソースがかかっているものを好んで食べるそうです。味付けにラードを用いることも多く、高脂肪・高塩分の食事が目立ちます。
体内に脂肪がたくさん蓄積されると、体内から分泌される皮脂の量が増えます。頭皮から分泌される皮脂も多くなるため、毛穴の詰まりなどにより髪の毛の成長は阻害されてしまいます。
チェコに薄毛の人が多いのは、遺伝だけが原因ではないのです。また、スペインでは1日に5回食事をするとされていますし、ビールで有名なドイツではビールやおつまみによる肥満が問題視されています。
食事の影響は、健康を左右するだけでなく、薄毛の発症も左右します。薄毛の多い国の食生活には、何らかの”原因”があるようです。

ありがたいことに、日本人はヨーロッパ人と比べ、遺伝により薄毛になる可能性は低いとされています。
しかし、薄毛には食生活も大きく関係しているため、日本人であっても食生活が乱れていると薄毛になりやすいのです。最近は、日本の食事も欧米化しています。そのため、偏った食生活の人が増えています。
薄毛で悩んでいる、将来薄毛になるのを避けたいという方は、今一度食生活を見なおしてみましょう。

日本人として生まれたからには、育毛剤を

これらのことから、中には「ヨーロッパに生まれなくてよかった」「ヨーロッパの血を引かなくてよかった」と思った人もいるかもしれません。
ところが、ヨーロッパでは薄毛の人口が多いため、薄毛になってもあまり気にしません。イタリアでは、「薄毛の男性のほうがセクシーで素敵」と思う女性も多いそうです。そのため、ヨーロッパの男性は、薄毛のケアをしたり隠したりする人が少ないとされています。
日本人の男性にとっては、寧ろとても羨ましい状況です。日本では「薄毛の男性のほうがセクシーで素敵」なんて意見はほとんどなく、薄毛に対して抵抗を持つ方が多くいます。
こうした理由から、日本人に生まれ薄毛になってしまったからには、症状を改善するしかありません。

幸い、日本では数多くの育毛ケア商品が販売されています。たくさんの商品の中でも気軽にケアができるものが、育毛剤です。現在、日本では数え切れないほど多くの育毛剤があります。原因や症状をピックアップして、それに対して効果的な育毛剤も登場しているため、今の育毛剤は昔の育毛剤に比べるとかなり高品質になっています。
育毛剤は、現在薄毛に悩んでいるという方はもちろん、将来の薄毛が心配という方にも利用いただけます。日本人はヨーロッパ人に比べると薄毛を発症する可能性が低いとされていますが、それでも薄毛を発症している人は数多くいます。さらにヨーロッパ人に比べると深刻な症状でもあります。
そのため、日本人として生きていく限り、薄毛になってしまったら、育毛剤の使用は避けることができません。自分の症状や原因を理解して、自分に合った育毛剤を選びましょう。
また、育毛剤の使用と併せて食生活などの生活習慣を改善することも大切です。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?