薄毛の人に対する、世間のホンネ

本音

コンプレックスか、個性か。身体的な特徴をどう捉えるのかは紙一重の問題だと思いますが、薄毛に限っていえば、やはり欠点だと捉える人が多いのではないでしょうか。「どうしても他人の目が気になってしまう」。そう感じてしまう人のことを自意識過剰だと責めるのは、いささか酷な話です。
ところで、世間は薄毛の人に対して、本当のところどのようなイメージを持っているのでしょうか? 薄毛にまつわるエピソードや、世間のホンネを集めてみました。

薄毛の人への世間のホンネ

薄毛の人は性欲が強い

男性の性欲は、男性ホルモンの量に依存する、といわれています。そして、男性ホルモンの1種であるジヒドロテストステロンは、AGA(男性型脱毛症)の原因。AGAは、日本人男性の薄毛の原因で9割を占めています。以上のことから「薄毛の人は男性ホルモンが多く、性欲が強いはず」というのが、「薄毛の人=エロい」理論の理屈です。
確かに、この理屈からみれば薄毛と性欲には密接な関係があるように思えます。しかし、薄毛になる原因には個人差も大きく、遺伝的要因や生活習慣によっても異なります。男性ホルモンの量が多くても、男性ホルモンに対する感受性が低ければ、薄毛が促進されることはないのです。
そのため、薄毛の人は絶対に性欲が強い、と言い切ることはできません。たとえば、薄毛で性欲が強い人が、育毛剤を使用してフサフサの髪を手に入れたとしても、その人の性欲は変わりません。
ただ、世間的にそう思われているというのは事実なので、世間的なホンネでは「ホント」、生理学的な根拠では「ウソ」といったところに落ち着くでしょう。

薄毛の人は清潔感がある

ボサボサの髪の毛は、いかにも不潔な感じがしますよね。だったらその正反対、禿頭の人ほど清潔なのでは? とイメージされるのも、なるほどもっともらしい話です。では、実際のところはどうなのでしょうか。
髪は、人体でもっとも大切な器官である頭部を、衝撃や汚れから守るための「笠」の役割を果たしています。そのため薄毛の人、完全な禿頭の人の頭部は非常に無防備。日光が直接あたってしまうので、乾燥しがちであることも大きな問題です。乾燥を防ぐために頭皮は皮脂を過剰に分泌して守ろうとしてしまい、これが毛穴に詰まって汚らしく見えてしまうことも。薄毛、禿頭であれば清潔である、とはちょっといえません。
しかし、髪に遮られることがないため汚れをしっかり落としやすいことや、風通しも良いため湿気がたまることもなく雑菌の繁殖を防ぎやすいということなど、衛生面でのメリットがあることも事実。清潔な髪型、とはいえなくても、清潔にしやすい髪型であるとはいえるでしょう。

薄毛にまつわるホントとウソ

白髪の人は薄毛にならない?

白髪があるということは、高齢になっても髪が残っているということ。つまり、白髪の人は薄毛になりにくい、という理屈。
もっともらしく聞こえますが、これは大きな間違いです。まず、白髪になるのは髪が劣化して色素細胞が抜けてしまい白くみえるようになるためです。一方、髪が抜けたり、弱ってしまうのは毛根にある毛母細胞が機能を停止してしまうためで、色素細胞との関連性はまったくありません。
自分は白髪の家系だから安心、と高をくくっていると、いずれ後悔することになるかもしれません。将来に備えて、白髪の人も油断なく薄毛対策をしていきましょう。
ちなみに、育毛剤を使用することで白髪が減るという話もありますが、育毛剤に髪の色素を取り戻す成分は含まれていないので、育毛剤そのものに白髪を減らす効果があるわけではありません。しかし、加齢によって白髪になったのではなく、頭皮の血行不良や栄養不足によって一時的に白髪が増えた人であれば、育毛剤を使用することで原因が解消され、白髪が減ったように見えることはあるかもしれません。

薄毛は隔世遺伝する?

隔世遺伝とは、一世代超えて特質が遺伝すること。たとえば、祖父母から特質が遺伝されることや、自分の孫に特質が遺伝することを、隔世遺伝といいます。
薄毛の特質も、両親からではなく祖父母から遺伝することが多いため、隔世遺伝だといわれています。特に男性の場合、母方の祖父が薄毛であれば高い確率で薄毛になるとも。これは、男性が持っているY染色体よりも、女性が持っているX染色体のほうが遺伝する要因が多いためだといわれています。つまり、Y染色体よりもX染色体のほうが遺伝子情報が多く、そのなかに薄毛を引き起こす要因が含まれている可能性が高い、ということです。
ただし、遺伝するかどうかは、あくまで確率。母方の祖父が薄毛だからといって、必ず隔世遺伝を起こすとは限りません。また、遺伝的に薄毛になりやすい人でも、育毛剤や生活習慣の改善などの薄毛対策は有効です。

まとめ

どんなに気をつけていても、薄毛になってしまう人はなってしまうものです。一度薄毛になったら、それを改善することは簡単ではありません。それよりも、薄毛になりそうだと思ったときに、速やかに対策を講じることのほうが簡単ですし、より確実な効果が見込めます。
「若いうちから育毛剤なんて……」。そう考えている人ほど、歳をとってから後悔しがち。少しでも薄毛を不安に思うなら、なるべく早めに育毛剤を使っていくようにしましょう。備えあれば憂いなし、育毛剤があれば薄毛の不安も和らぎます。将来を悲観するくらいなら、まずは育毛剤を。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?