頭皮の湿疹は薄毛のサイン?脂漏性皮膚炎の正しい対処法

頭皮のかゆみや赤み、湿疹などが特徴の「脂漏性皮膚炎」。進行すると薄毛につながる可能性もあるので早めの対処が必要です。ただし、間違った治療は症状を悪化させる危険性も。特に湿疹がでているときは、育毛剤の成分が刺激になる場合があるので注意が必要です。今回は、「脂漏性皮膚炎の正しい対処法」についてご紹介します。

 

脂漏性皮膚炎とは?

湿疹などの頭皮トラブルに加え抜け毛がともなう場合、まず考えられるのが「脂漏性皮膚炎」です。皮脂腺の多い頭皮に発生することが多く、赤み・かゆみ・フケなどが特徴。

進行具合により症状が変化するため、フケが多くでるだけというひともいれば、かゆみが強く抜け毛が目立つ人もいます。

 

悪化すると薄毛になる?

脂漏性皮膚炎はまず、初期段階としてフケが大量発生します。その後、赤みやかゆみが発生しさらに進行すると、抜け毛がともなう脂漏性脱毛症へと移行します。

 

抜け毛は頭皮環境の悪化が原因。

フケにより毛穴が詰まり髪が生ずらくなります。さらに、炎症による毛根へのダメージで髪が抜けやすくなるというしくみです。脂漏性皮膚炎はフケが多くでる初期の時点であれば、洗髪を丁寧にすることで回復します。

しかし、すでに湿疹や抜け毛がでた状態だと自然完治はほとんどできません。脂漏性脱毛症は悪化すると治りにくいため、早期の治療が鍵となります。

 

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎は生活習慣や環境など、さまざまな要因が組み合わさることで発症します。そのため原因の断定が難しいのですが、もっとも有効だとされているのが「皮脂の過剰分泌によるマラセチア菌の増殖」です。

マラセチア菌とはカビの一種で、誰の皮膚にでもいる常在菌のこと。皮脂を好む性質があり、皮脂の中に含まれる中性脂肪を分解する役割があります。中性脂肪は通常の量であれば問題ありませんが、過剰になると肌の刺激に。

そのため、発汗やビタミンの欠乏などで皮脂の量が多くなると、マラセチア菌が異常繁殖し炎症をおこすというわけです。

 

脂漏性皮膚炎の治療

脂漏性皮膚炎の治療は、まず頭皮の炎症を抑えることからはじまります。皮脂バランスを整え、マラセチア菌が異常繁殖しない環境をつくりだすことで炎症による抜け毛の回復も目指すことができます。頭皮のトラブルは状態に合った正しい治療を行うことが大切です。

まずは、皮膚科などで適切な治療を受けましょう。

 

ここからは、脂漏性皮膚炎の治療について詳しくご紹介します

 

病院での治療

病院では一般的に下記のような薬が処方されます。

 

「ステロイド剤」マラセチア菌の働きを抑える外用薬

「抗ヒスタミン」抗アレルギー剤:頭皮のかゆみを抑える

「ビタミン剤」皮脂のコントロールを助ける

 

ひとつの薬剤に頼るのではなく、相互作用で少しずつ頭皮環境の正常化を目指します。また、上記の他に患者の体質に合わせて漢方薬などが処方されることもあります。

 

市販薬はあるの?

脂漏性皮膚炎の治療薬は薬局やドラックストアなどで手に入るものもあります。代表的なのは抗ヒスタミン剤や外用ステロイド剤などです。

 

ただ、ステロイド剤は強いものもあり、肌質によっては副作用がおきる危険性も。皮膚炎は素人目には見極めなどが難しく、何となく薬を使うとかえって症状を悪化せてしまう可能性があるので注意が必要です。特に肌が弱いひとや、薄毛が気になる場合は病院で薬を処方してもらうことをおすすめします。

 

脂漏性皮膚炎の際の「薄毛治療」について

皮膚の湿疹も悩みの種ですが、気になるのが抜け毛の増加や薄毛の進行です。自宅でのケアとして育毛剤を検討するひともいますが、炎症が治まらないうちに使用すると成分が刺激になることがあります。最悪の場合、薄毛がますます進行してしまうことも。育毛剤は頭皮の炎症が治まり、赤みやかゆみなどの症状が落ち着いてから使用しましょう。

 

ミノキシジルタブレットについて

内服薬であるミノキシジルタブレットの使用はどうでしょう。ミノキシジルタブレットは血管拡張作用があり、AGAの治療に適した発毛剤です。頭皮の血流を高め毛髪の生成を助ける作用があります。

 

しかし、脂漏性皮膚炎は頭皮の炎症が原因。そのため、ミノキシジルタブレットによる育毛効果は期待できません。またミノタブにはニキビや肌荒れといった副作用も報告されています。薄毛の悪化を防ぐためにも使用は控えたほうがいいでしょう。

 

自宅で行えるケア

脂漏性皮膚炎は慢性化しやすく治療が長引くことの多い皮膚炎です。生活習慣の見直しで発症の原因を取り去り、再発予防につとめましょう!

 

「丁寧な洗髪を心がける」

肌への刺激を穏和するため、低刺激のシャンプーを使用しましょう。抗菌作用があるシャンプーもおすすめです。洗髪の際は決して爪を立てず、指の腹でもみほぐすように洗うのがポイント!また、シャンプー剤が頭皮に残ると炎症の悪化につながります。すすぎ残しのないようしっかり洗い流しましょう。

 

「バランスのよい食事をとる」

皮脂バランスを整えるため、バランスのよい栄養摂取を意識しましょう。皮脂分泌を過剰にする(脂肪分・糖分・アルコール・ナッツ・コーヒー・香辛料)は控えめに。

 

また、ビタミン類の欠乏は皮膚の代謝や皮脂の分泌に悪影響を与えます。ビタミンを多く含む食材を積極的に摂取しましょう。(レバー・しじみ・牛乳・ほうれん草。キャベツ・卵)などがおすすめです。食事でとるのが難しいときは、補助役としてサプリメントを活用するのもおすすめです。

 

「良質な睡眠をとる」

成長ホルモンの分泌が盛んな夜10時~午前2時の間にしっかりと睡眠をとるようにしましょう。就寝前のスマホやカフェインの摂取は脳を覚醒させるため厳禁です。

 

「寝具をこまめに交換する」

汗を吸い込んだ寝具は雑菌が大量に発生しており、そのまま使うと炎症を悪化させる原因に。枕カバーや寝具はこまめに交換し定期的に洗濯しましょう。どうしても洗濯が難しい素材のときは、殺菌スプレーをかけた後、日干しをすれば雑菌の繁殖を抑えることができます。

 

脂漏性皮膚炎の正しい対処法:まとめ

脂漏性皮膚炎は悪化すると抜け毛や薄毛の原因になる可能性があります。また、慢性化しやすく再発しやすいため、早期の治療と日頃のケアが大切です。

改善のため意識したいポイントは下記の3つ!

 

・湿疹・抜け毛がある際は皮膚科で治療を受ける

・食事や洗髪などの生活習慣を見直し、炎症をおこす原因を取り除く

・育毛剤やミノキシジルタブレットは炎症が治まった後に使う

 

特に育毛剤は成分が刺激になる可能性があるので要注意!使用前は念のため医師に確認しておくと安心です。

 

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?