ハゲたくないけどタバコもやめられない方へ

喫煙の習慣が、薄毛・脱毛・ハゲを加速させる……それって本当なのでしょうか?
煙草を吸うことと、髪が抜けることの間に、いったいどんな関係があるのでしょう?
ここでは、喫煙が薄毛を招くメカニズムを解説していきます。
また、喫煙がどうしてもやめられない、どうしても禁煙できないという人でもハゲを対策できる、驚きの予防法についてもご紹介します。

煙草がやめられない

メカニズム

まず、喫煙が薄毛を招く、そのメカニズムについて。
結論からいえば、煙草に含まれる「ニコチン」の血管収縮作用によって、髪に行き渡る栄養がどんどん減ってしまい、髪が抜けていくことがハゲる原因です。
また、煙草を吸うと体内に活性酵素が発生します。活性酵素は周辺の組織細胞を酸化させ、老化を招く原因となる物質。体内に活性酵素が生成されると、抗酸化作用があるビタミンCがこれを破壊してくれますが、煙草一本につき25mgのビタミンCが消費される、といわれています。
ちなみに、ビタミンCの1日の目安摂取量は100mg。水溶性ですぐに尿として排出されてしまうので、ビタミンCを「摂り溜め」することはできません。そのため、喫煙の習慣がある人は、慢性的にビタミンCが欠乏しがちで、活性酵素の影響を受けやすい体内環境になっていると考えられます。
活性酵素が作り出す過酸化物質が血液に溶け込むと、血の粘性が増し、どろどろになってしまいます。さらさらの血液と比べると詰まりやすく、血流が滞りがちに。
髪の成長を促す栄養は、血流にのって頭皮まで届けられるため、血液の流れが滞ることはすなわち、髪の栄養不足を招きます。栄養不足となった髪はやせ細り、簡単に抜けやすくなってしまい、これが薄毛の原因となるわけです。
以上のメカニズムから、喫煙の習慣=活性酵素の発生とビタミンCの減少=ハゲ、という図式が出来上がるわけです。
また、喫煙によって、ビタミンCのみならずビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEも失われてしまいます。いずれも髪の生成を助けたり、血管を綺麗に保ち血流を促したりする作用がある栄養素です。
喫煙がどれほど髪に悪いのか、これでおわかりいただけたはず。
では、どのように予防すれば良いのでしょうか。

予防法

喫煙による薄毛・脱毛を防ぐもっとも効果的な予防法が、禁煙であることはいうまでもありません。喫煙の習慣をやめ、不足しがちだったビタミン類をきちんと摂取すれば、それが薄毛の予防につながります。
しかし、そう簡単に禁煙できない、という人も多いはず。「煙草が悪影響を及ぼすなら煙草をやめればいい」というのは極論でしかありません。
では、喫煙の習慣を続けながらも、薄毛を予防するにはどうすればいいのでしょうか?

喫煙を続けながらの予防法

まず大切なことは、頭皮の血管拡張を促す、ということです。
そのために効果的な方法が2つ。1つは頭皮のマッサージ、そしてもう1つは育毛剤です。

マッサージ

マッサージは、特に入浴直後が効果的。温かいお湯で頭皮がほぐれ、マッサージの効果が表れやすくなっているからです。マッサージをする際には、毛穴を傷つけたり潰してしまわないよう、爪を立てずに指の腹で揉むように。頭皮の凝りをほぐすイメージで、円を描きながら優しくすることがコツです。やりすぎてしまうと頭皮を痛めてしまい、逆効果になりますので程々にしておきましょう。

育毛剤

一般的な育毛剤は塗布タイプで、薄毛が気になる部分に直接塗りつけることで効果を発揮します。その際は、頭皮の奥までしっかり浸透するように、髪の根本に染み込ませるように塗布することがポイント。シャンプーのように、髪に直接つけてもまったく意味はありません。また、頭皮のマッサージをした直後は毛穴が開いており、育毛剤の成分が浸透しやすい状況なので、効果が高まります。逆に身体が冷えているときは毛穴が引き締まっており、育毛剤の成分が浸透しにくいので育毛剤の使用タイミングとしては不適切です。
塗布型の育毛剤の多くは水様性で、塗布すると髪がべったり濡れてしまいます。そのままでは寝具を汚してしまうので、就寝直前ではなく少し時間の余裕を持って育毛剤を使用することをおすすめします。また、塗布した育毛剤は、タオルドライ後に冷風のドライヤーを当ててしっかり自然乾燥させましょう。育毛剤を塗って湿ったまま放置していると、雑菌が湧いて悪臭の原因になります。また、育毛剤そのものも匂いが強いタイプがあるため、人前にでるときには注意しましょう。

まとめ

頭皮のマッサージと、育毛剤。
喫煙を続けていても、献身的に、そして継続的に行っていけば、薄毛を予防することは可能です。なかなか煙草絶ちすることができない、でもハゲるのは嫌だ、という人は、頭皮のマッサージと育毛剤、この2つを習慣づけることから始めましょう。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?