あなたは当てはまる?薄毛になりやすい人とハゲ方のタイプ

あなたは当てはまる?薄毛になりやすい人とハゲ方のタイプ

薄毛は突然起こるわけではありません。薄毛になる人やハゲ方にはタイプがあり、そのタイプに当てはまる人に薄毛が発生するのです。薄毛になるのが不安なら、自分がどのタイプに当てはまるのかを理解し、改善するために行動していくことが必要です。 自分がどういったタイプに当てはまり薄毛になっているのかを理解できれば、どういった方法や効果があるのか知ることに繋がり、効率的に薄毛を解消していくことに繋がります。今回は、薄毛になりやすい人とハゲ方のタイプを徹底解説していきます。

薄毛になりやすい人の3つのタイプとは?

薄毛にはなりたくないですよね。薄毛になれば、周りの視線が気になってしまい、髪の毛が生えていた時よりも自信がなくなってしまったという話もよく聞きます。

自分が薄毛になりやすいタイプなのかを知って、予防や対策していくのが大切です。薄毛になりやすい人のタイプは、
・親族からの遺伝するタイプ
・生活習慣が乱れているタイプ
・ストレスを抱えているタイプ
の3つとなっています。それぞれのタイプがどういった症状を引き起こすのか、当てはまった際にどのように改善、予防していけばいいのかを説明していきます。

親族からの遺伝するタイプ詳細とは?

薄毛は親族から遺伝する場合があります。遺伝子の中に男性ホルモン受容体遺伝子という遺伝子が存在しています。薄毛遺伝子とも呼ばれており、この遺伝子は主に男性ホルモンと関係が深いです。 男性ホルモンはAGAなどの薄毛に大きく影響するため、見逃すことはできません。そんな男性ホルモン受容体遺伝子は、X染色体に含まれています。男性の場合、母親の持つX染色体が元となっているため、男性ホルモン受容体遺伝子は母親からの遺伝となります。遺伝によって本当に薄毛になるのか心配なら、母方の親族を参考にしましょう。もしも代々薄毛は多いのなら、自分も薄毛となる可能性は高いと言えます。

親族から薄毛が遺伝するタイプの改善方法は?

遺伝によって薄毛になりやすくなるのは事実です。ただし、必ず薄毛になるというわけではありません。AGAなど男性ホルモンが関係する薄毛の場合、男性ホルモン自体ではなく、中でもジヒドロテストステロンによって引き起こされます。 遺伝によってジヒドロテストステロンの生成に関わる酵素の量が増えたことで、薄毛が発生しやすいとされるのです。ということは、生成さえ抑制できれば、遺伝での薄毛を予防、改善させることが可能です。

その方法は、

・亜鉛を含むものなど薄毛に効果のある食生活
・適度な運動
・ジヒドロテストステロンを抑制させる薬を摂取

となっています。遺伝で薄毛になると聞くと、手がつけられないように感じますが上記のような方法でも十分薄毛を抑制させることができます。

生活習慣が乱れているタイプの詳細とは?

生活習慣の乱れは、薄毛と深いかかわりがあります。食生活が悪く肥満になってしまうと、汗の質が悪化してしまい、頭皮環境の乱れに繋がります。さらに、脂っこいもの中心など乱れた食生活によって血流が悪くなれば、頭皮に必要な栄養素が十分な量が行き渡らず、髪の毛の成長を阻害し薄毛を進行させてしまうので注意しましょう。 他にも、タバコを吸うのも薄毛には良くない生活習慣です。タバコに含まれるニコチンは血管の収縮作用があります。血管が細くなることで血流が悪くなり先程説明した通り、髪の成長に必要な栄養が適切な量行き渡らなくなってしまいます。このように、生活習慣が乱れてしまうことで、薄毛を進行させてしまうので、生活習慣が乱れているのなら改善が必要です。

生活習慣タイプの改善方法は?

生活習慣が乱れている場合の改善方法は、健康的な生活習慣に戻すことが大切です。

細かい方法は、

・脂っこいものを控える
・タバコを減らす、もしくは止める

です。生活習慣による薄毛が気になる人は上記の方法を心がけるだけでも、変わってくるでしょう。さらに、頭皮マッサージを組み合わせれば、頭皮の血流も活性化し髪の成長をうながすことの可能です。マッサージをする際はあまり強い力で頭皮を押さず、ゆっくり呼吸に合わせて軽くマッサージをするのがおすすめです。

ストレスを抱えているタイプの詳細とは?

ストレスを抱えている方も薄毛になりやすいです。その主な理由は、

・亜鉛が不足してしまう
・自律神経の乱れ
といったことが原因とされています。亜鉛は髪の生成に必要な栄養素です。なぜストレスと亜鉛が関係あるのかというと、まずストレスを受けると人はストレスホルモンを分泌します。その過程で生まれる活性酸素を分解するために亜鉛が使われてしまうのです。亜鉛が足りなくなると髪の主成分であるケラチンを合成できなくなり、新しい髪の毛が生えづらく薄毛になってしまうのです。

その他にも亜鉛はAGAの原因でもあるジヒドロテストステロンを生成する酵素の働きを抑制する効果もあるため、亜鉛不足になるとAGAが進行しやすくなります。 さらに、ストレスが溜まってしまうと自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れることで、交感神経と副交感神経が上手く入れ替わらなくなり、体が休まりづらく疲労がドンドン蓄積してしまいます。 疲労が溜まることで血流の悪化などさまざまな体の不調を引き起こし、抜け毛が増えやすくなってしまいます。他にも円形脱毛症などにも関係してくるので注意が必要です。

ストレスタイプの改善方法は?

ストレスによって薄毛になってしまうタイプの場合、いかにストレスを減らすかが、薄毛を改善するには重要となってきます。

細かい方法は、

・体を適度に動かす
・湯船に浸かってゆっくりする
・好きなことをする時間を作りリラックスする

となっています。いかにリラックス出来るようにするかに焦点を当てています。ストレスが溜まってしまうと自律神経が乱れてしまい、副交感神経というリラックス状態を作る神経が上手く作動せず、常に興奮状態になってしまいます。

そうなれば、血流の乱れなどによって薄毛が進行してしまいます。運動で体を疲れさせて、深い睡眠を取れる状態を作っておくなどの方法で、副交感神経を半ば強引に作動させ、リラックスするようにしましょう。

ハゲ方のタイプはいくつあるの?

ハゲには大きく分けて2つのタイプがあります。

それは、

・O型にハゲるタイプ
・M型にハゲるタイプ

となっています。

これらはハゲ方としてかなりオーソドックスな形です。なぜ、ハゲ方に種類が分かれるのかというと、ハゲ方によって患っている症状が違うからです。薄毛になりやすい人のタイプに当てはまっている方の中で、既に薄毛が進行している人もいるのではないでしょうか。 薄毛が進行している方は、ハゲ方にも注目してみて、どのような対策をしていけばいいのかを、より深い視点で考えたほうが、効率的に改善させる可能性も上がります。早く薄毛を改善したのなら、ハゲ方のタイプも知っておくといいでしょう。次の項目では、ハゲ方のタイプによってどのような症状が考えられるかなどを説明していきます。

O型にハゲるタイプの改善方法は?

O型にハゲるタイプの場合、ジヒドロテストステロンが原因となったAGAの可能性が非常に高いとされています。

O型にハゲるタイプの改善方法は、

・亜鉛を多く摂取する
・育毛剤を使用する

といった方法が効果的とされています。特に亜鉛はAGAの原因となっているジヒドロテストステロンの生成する酵素の働きを抑制させる効果があり、AGAの進行を抑えるには非常に効果的です。 そして、同時進行で育毛剤も使用すれば、AGAを抑えつつ髪を育毛させることが可能になるので、O型にハゲるタイプの方は試してみましょう。

M型にハゲるタイプの改善方法は?

M型にハゲるタイプの場合も、AGAの可能性が高いのですが、この他に、後ろ結びをしたことで髪が同じ方向に力を加えられたことによって起こる機械性脱毛の場合もあります。

主な対策は、

・髪に一定方向の力を加えない
・頭皮マッサージをしながらシャンプーをする

などの方法が適切です。機械性脱毛の場合、髪の毛が同じ方向で引っ張られることによって起こる脱毛のため、まずは負荷をかけないようにするのが望ましいです。 そして、頭皮マッサージをしながらマッサージをすることで、血行を良くし育毛への効果も期待が出来るのでおすすめの方法です。

まとめ タイプ別で薄毛に効果的な治療を行おう!

ここまでを振り返ると、

・遺伝タイプは食生活などを正せば改善できる
・生活習慣タイプはまず乱れを治すと改善の余地がある
・ストレスタイプは亜鉛を摂取しリラックスするように心がける
・O型タイプは適切なAGA対策が必要
・M型タイプは髪型を変えると改善する可能性がある

となっています。当てはまるタイプはありましたか?今回紹介したタイプを参考に自分の薄毛を効率よく改善していきましょう。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?