発毛剤、育毛剤、養毛剤の薬事法的な違いは?!

発毛剤、育毛剤、養毛剤の薬事法的な違いは?!代表的な成分も紹介!

薄毛で悩んでいる方には、毛生え薬の力を借りて治療しようと考えている方も多いことでしょう。しかし、実際にインターネットで調べてみると、育毛剤や発毛剤、養毛剤など、さまざまな名称が混在し、結局どれが効くのかさっぱりわからないという事態に陥ってしまいます。

同じ毛生え薬のはずなのに、どうしてこんなに呼び方が違うのでしょうか?実は、これらの名前の定義には薬事法という法律が関連しているのです!

この記事では、育毛剤と発毛剤、養毛剤の違いについて薬事法の観点から解説します。

発毛剤が一番生える!?薬事法から見る育毛剤との効果の違いとは!

発毛剤と育毛剤、養毛剤の一番の違いは効果の程度です。薬事法(現・薬機法)では厚生労働省が効果を認める有効成分を含む薬剤を医薬品や医薬部外品と分類し、それ以外の薬剤を化粧品と分類しているのですが、最もおおざっぱに分類すると、発毛剤=医薬品、育毛剤=医薬部外品、養毛剤=化粧品となります。

薄毛対策の薬剤について薬事法では、医薬品を「壮年性脱毛や円形脱毛症における発毛、育毛及び脱毛の進行予防など」と定義しています。一方、医薬部外品の定義は「脱毛予防、発毛、育毛の促進など」としており、ちょっと読むだけでは何がどう違うのかさっぱり理解できません。

両者の違いを具体的にわかりやすく解説すると、医薬品では「発毛」「育毛」が目的であり、医薬部外品は「発毛、育毛の促進」が目的であるという点です。効果が強いものが医薬品で、効果が穏やかなものが医薬部外品と考えてもらっても問題ありません。どちらも厚生労働省が効果を認めた有効成分を含んでいるものを指し、化粧品は厚生労働省が認めた有効成分を含んでいないものを指します。

発毛剤の薬事法的な定義とは?育毛剤、養毛剤との違い、代表的な発毛剤の有効成分は?

発毛剤を利用する最大のメリットは、ハゲてしまった頭に髪を生やすことが出来るという点です。薬事法的にいうと発毛剤は厚生労働省が「効果がある」と認めた有効成分が含まれている医薬品のため、発毛を国が認めていることになります。医薬部外品や化粧品よりも確実性の高い効果が期待できるというわけです。

発毛剤として有名な有効成分は「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」です。このうちフィナステリドとデュタステリドは内服薬、ミノキシジルは外用薬が医薬品有効成分として認められています。「効果がある」と認められている反面、育毛剤、養毛剤と違って副作用の危険性もあり、医師による処方、もしくは薬剤師・登録販売者からしか購入することができません。

育毛剤、養毛剤の薬事法的な定義は?代表的な有効成分は?

育毛剤は「脱毛予防や発毛、育毛の促進」を目的としており、主に「血行促進」や「頭皮の環境改善」「発毛因子へのアプローチ」などの効果がメインになります。薬事法的に、育毛剤は厚生労働省が「穏やかな効果がある」と認めた有効成分が含まれている医薬部外品なので、ある程度は信頼できますが、薄毛がある程度進行してしまっている場合、劇的な効果は期待できないでしょう。

育毛剤として有名な成分は「センブリエキス」「グリチルリチン酸ジカリウム」など数多く存在し、その全てを把握しておくのは難しいでしょう。しかし、医薬部外品成分の大きなメリットとして「副作用の心配が少ない」ことが挙げられるため、トライアンドエラーを繰り返しながら自分の髪に合ったものを探すということも可能です。

養毛剤は「脱毛を抑えて、現在の毛髪を維持」を目的としており、頭皮に栄養を与えたり保湿したりと化粧品のような性能を持っているのが特徴です。実際、養毛剤は薬事法的にも「化粧品」に分類されるため、広告で効果を謳うことができません。ただし、国内で有効と認められる研究が少ないというだけであって、今後、医薬品や医薬部外品へランクアップする可能性がある新しい成分を使用しているものもあります。

養毛剤として有名な成分は「キャピキシル」です。ミノキシジルの数倍の効果があるといわれるキャピキシルですが、これは培養した細胞レベルの話であり、人体での臨床実験では厚生労働省に有効と認められるデータが少ないのです。しかし、これはあくまで「現在」の話です。将来的にこれがどうなっていくかはわかりません。医薬品や医薬部外品の有効成分が効かなかった場合、今後に期待するという意味で養毛剤を使用してみるのもいいでしょう。

まとめ

・毛生え薬には育毛剤、発毛剤、養毛剤があり、それぞれ薬事法(現・薬機法)で定義されている。
・発毛剤は医薬品であることが多く、効果が大きい代わりに副作用の心配があるため、医師の処方や薬剤師/登録販売者から購入する必要がある。「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」が認められている。
・育毛剤は医薬部外品であることが多く、効果が穏やかな代わりに副作用の心配は少ない。「センブリエキス」「グリチルリチン酸ジカリウム」など、数多くの有効成分が認められている。
・養毛剤は化粧品に分類されていることが多い。有効な研究がないため、厚生労働省は効果を認めていない。有効な研究が見つかった場合、ランクアップの可能性があるともいえる。「キャピキシル」など、まだまだ多くの成分が存在している。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?