デュタステリドとは-効果や副作用について-

薄毛や抜け毛に悩む人であれば、育毛剤の使用を検討したことがあるでしょう。
しかし、一口に育毛剤といってもさまざまなタイプのものが存在しています。どんな育毛剤を使っても良いというわけではなく、きちんと効果を得たいのであれば、薄毛の原因に合った育毛剤を選ぶ必要があります。
つまり、自分に合った育毛剤を選ぶためには、配合されている成分について詳しく知ることが大切です。
そこで、ここでは近年注目されている「デュタステリド」についてご紹介します。

デュタステリド

デュタステリドという成分

デュタステリドは、育毛に高い効果があるとされている成分です。
薄毛治療に用いられる薬に配合されていることで有名な成分のひとつに「フィナステリド」があります。デュタステリドは、このフィナステリドと同様に元々は良性前立腺肥大(BPH)の治療薬として開発されていました。そこで、副作用として育毛効果が発見されました。

デュタステリドは、比較的新しい成分であり、「フィナステリドよりも効果が高い」といわれることがあります。そういわれる理由の一つに、デュタステリドには「フィナステリドの効かない1型5αリダクターゼを阻害する」という点があげられます。

一般的にAGAといわれる男性型脱毛症が起こる原因に、5αリダクターゼという還元酵素が大きく関係しています。この5αリダクターゼがテストステロンという男性ホルモンと結びつくことで、ジヒドロテストステロンという成分に変化します。そして、このジヒドロテストステロンという成分こそが男性の脱毛や薄毛を引き起こすのです。そこで、ジヒドロテストステロンを発生させないために5αリダクターゼを抑制する育毛剤や薬が販売されるようになりました。その一つがフェナステリドだったのです。
しかし、この5αリダクターゼには、1型と2型が存在しています。
1型は皮脂腺に多く存在しているため、脂性の人やニキビができやすい人はこのタイプであることが多く、
2型は毛乳頭に多く存在しているため、体毛が濃い人や髭が濃い人はこのタイプであることが多いといわれています。そして、フィナステリドは、残念ながら2型5αリダクターゼしか抑制することができませんでした。
そこで注目されたのがデュタステリド。これは、1型・2型どちらの5αリダクターゼも同時抑制することができるため、これまでの育毛剤や薬よりも効果が高いとされているのです。

デュタステリドの副作用

デュタステリドを使用する上で多くの人が気になるのが副作用です。
デュタステリドの副作用には「性的不能」「性欲減退」「精液の減少」「胸の女性化」などがあります。
しかし、これらの副作用がでる人は100人に数人で、デュタステリドを使用すれば必ずしも副作用が出るというわけではありません。

また、副作用がでるのはデュタステリドだけではありません。かぜ薬や咳止めなど、どんな薬でも副作用がでる可能性があります。よって、薬と副作用は切っても切れない関係にあるともいわれます。

副作用を出すことなく使用したいというのであれば、「薬の使い方」「体質と生活習慣」「そのときの症状」に注意することが大切です。

飲む時間や間隔、量などの間違いやその他の薬との飲み合わせに注意をする
デュタステリドを服用するときには、飲む時間や間隔、量を間違えないようにしましょう。早く効果を得たいからといって間隔を短くしたり、容量以上を服用したりすると副作用が出やすくなります。その他の薬を服用している方は、デュタステリドの服用を始める前に必ず医師に相談しましょう。
女の人は触らない、お酒の飲み過やタバコを吸いすぎない
デュタステリドの成分は、フィナステリドと同様に男性胎児の生殖器に悪影響を及ぼす可能性があります。成分は皮膚からも吸収するため、女性(妊婦の方は特に)はデュタステリドを服用はもちろん、触らないようにしましょう。また、お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎは、身体に悪影響を及ぼすのはもちろん、効果の減少や副作用を引き起こす可能性が高くなるので注意が必要です。
体調がよくないときは服用しない
体調がよくないときにデュタステリドを服用すると副作用が出やすくなってしまいます。体調不良を感じたら、医師から診断を受け、デュタステリドの服用を続けても問題ないか確認しましょう。

まとめ

育毛剤の使用よりも効果があるといわれていて、注目を浴びている「デュタステリド」ですが、実はAGAの治療薬としてはまだ承認されていない薬です。そのため、デュタステリドを使用する際には、そのことを理解した上で使用するようにしましょう。

現在、世界中にはさまざまな育毛剤や薬が販売されています。育毛剤や薬によって効果を得たいのであれば、まず自分がどういった原因で薄毛になっているのかをきちんと知る必要があります。なぜなら、自分の薄毛の原因を理解しなければ、自分に合った育毛剤や薬を選ぶことができないからです。
その後、「とりあえず試してみる」ということも大切です。ネットを利用すれば、口コミなど実際に使用している人の声を確認することができますが、やはり実際に使用してみないと本当の効果はわかりません。
また、髪の毛はすぐに育つ(生える)ものではありませんので、薬の効果はすぐに現れるものではなく最低でも数ヶ月は使用する必要があるということも理解しておきましょう。そして、服用中に体調が悪くなったり、副作用が発症したりしたら、我慢せずにすぐに医師に相談することが大事です。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?