男性育毛剤について知っておこう!おすすめの育毛剤と注意点

男性育毛剤について知っておこう!おすすめの育毛剤と注意点

育毛剤は抜け毛や薄毛で悩んでいる人なら、必ず検討するアイテムの一つです。しかし、最近はさまざまな種類の育毛剤があるため、何を基準に選んで良いのか分からないという方も多いのではないかと思います。そこで今回はおすすめの育毛剤や注意点などについてご紹介します。

育毛剤とは

育毛剤は抜け毛を予防し、発毛を促すために用いられるもので、ふけやかゆみを抑え、毛根に活力を与えて血行を良くし、養毛促進に効果があるとされています。育毛剤には、厳しい審査を通過して国から認定を受け、治療目的につくられた「医薬品」とドラッグストアやインターネットで気軽に購入できる「医療部外品」があります。また使用する方法も頭皮に塗布するものや飲むものなどがあります。配合される成分によって「男性ホルモンの影響を抑制する」、「頭皮の血行を促進する」、「頭皮や毛根に栄養を与える」、「皮脂の分泌を抑える」など期待できる効果が変わってきます。

育毛剤のメリットとデメリット

育毛剤のメリットとデメリットを解説します。これから育毛剤を利用しようと思っている方は参考にしてください。

メリット

まずはメリットです。

・頭皮環境の改善が期待できる
保湿成分や、抗炎症成分、抗菌成分、抗アレルギー成分、血行促進成分などの成分が含まれているため、頭皮環境の改善が期待できます。

・男性型脱毛症(AGA)に効果的な育毛剤もある
育毛剤の中には男性型脱毛症の対策ができるものもあります。男性型脱毛症の根本的な原因は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種であり、フィナステリドやミノキシジル、塩化カルプロニウムなどの成分が含まれる育毛剤は男性型脱毛症に有効とされています。

・副作用が少ない
育毛剤の多くは天然成分が利用されていて、頭皮にとても優しくつくられています。そのため、副作用が極力出ないようにつくられています。(※中には添加物を含んでいる育毛剤もあるので注意が必要です)

・簡単に手に入る
医薬部外品の育毛剤は入手が簡単で、近くのドラッグストアやインターネットなどで簡単に購入できます。成分などはさまざまで、安全に使用するためにも事前にある程度調べておくことが大切です。

デメリット

続いてデメリットを紹介します。

・即効性がない
育毛剤を塗布したからといって、すぐに髪の毛が生えてくるわけではありません。効果が現れたとしても、少なくても3ヶ月〜半年程度はかかってしまうでしょう。

・効果の持続力がない
髪に塗布する育毛剤は洗い流してしまうと効果がなくなってしまいます。効果を持続させたいのであれば利用し続ける必要があります。

・費用がかかる
育毛剤の費用はドラッグストアなどで1,000円~2,000円程度で気軽に買えるものから、5,000円程度のもの、1万円以上する高価なものなどさまざまです。しかし効果を得るためには長期的な利用が必要であり、費用が重なります。

・効果には個人差がある
全ての人に効く万能の育毛剤は存在しません。効果には個人差があり、中々効果を感じられない場合があります。育毛剤の成分が頭皮に合っていない場合などは、使い続けても効果を得ることが難しいので、まずは自分に適した育毛剤を利用することが大事です。

育毛剤の併用はしていいの?

育毛剤は頭皮の血行促進用、男性ホルモン抑制用、頭皮脂抑制用など用途によっていくつかの種類に分かれています。そのためタイプの違う育毛剤を併用することで、育毛効果も倍増すると思われる方もいるかもしれませんがこれは大きな間違いです。

単体での使用が大前提

育毛剤はあくまで単体で使用することで、効果を得られるように作られています。タイプの違う育毛剤を併用しても、育毛効果が上がるということはほとんどないでしょう。

育毛剤併用のリスク

別の育毛剤を併用すると、深刻な頭皮トラブルを引き起こす危険性もあります。各メーカー安全性を立証しているのは、単独で使う場合だけです。どのようなリスクがあるかは次の項目を参考にしてください。

・頭皮ダメージの原因になる
育毛剤によっては、アルコールやメントールなどの刺激物が多量に含まれているものもあります。1種類だけであれば、アレルギーでない限り頭皮トラブルが起こる可能性は高くありませんが、育毛剤を併用すると、そのぶん頭皮へ散布する刺激物の量も多くなり、頭皮に深刻なダメージを与えてしまいます。頭皮のかぶれや炎症、かゆみを引き起こし、抜け毛を促進させてしまうことがあります。

・体にも危険な可能性が
頭皮の血行を促進する効果があるとされるミノキシジル配合の育毛剤は特に注意してください。非常に刺激の強い成分として知られており、優れた育毛効果がありますが、頭皮への負担も大きくなります。ミノキシジルを含んだ育毛剤と他のメーカーの育毛剤との併用は原則禁止されています。併用した場合、内臓への障害など、頭皮の健康だけでなく、体全体の健康に悪影響を与えてしまうことも考えられます。

・トラブルが起きても自己責任
メーカーでは、製品を正しく使用していれば、万が一肌トラブルが発生した場合でも責任を負ってくれる可能性があります。しかし育毛剤を併用して頭皮のかぶれや炎症、かゆみが起きても使用方法が正しくないため、あたりまえではありますが自己責任になります。

育毛剤で副作用が出てしまった場合

育毛剤を使用中に、かゆみやかぶれ、頭皮トラブルなどの副作用が出た場合の対処方法を紹介します。

育毛剤の使用をやめる

かゆみや炎症などが出たら一度育毛剤の使用を中止しましょう。 使用を中止してもかゆみや炎症などが止まらない場合や、悪化する場合は 育毛剤以外の原因も考えられます。

低刺激の育毛剤に変える

育毛有効成分は、他の成分より刺激が大きいのでかゆみや頭皮トラブルを引き起こしやすくなります。 普段から頭皮が乾燥していたり、肌が敏感な人は低刺激の育毛剤に変えることで改善される可能性があります。

かゆみや炎症が消えない時は専門のクリニックへ

使用方法を改善したのにかかわらず、かゆみや炎症が消えない場合は、専門医のいるクリニックに相談しましょう。

育毛剤の付け方

ここでは一般的な育毛剤の付け方を解説します。使い方や順序を守ることで、育毛剤の効果を最大限得ることができます。すべての育毛剤が同じではないため、必ず使用する育毛剤の使用方法や注意点をよく読むようにしてください。

シャンプー前にブラッシングで髪の毛をとく

最初に、頭を洗う前にくしやブラシで髪の毛をとかします。髪の毛をとかすことで洗髪時のシャンプーが髪の毛1本1本、そして頭皮までしっかりと行き届きますので、より丁寧に汚れを落とすことができます。

予洗いをしてから、シャンプーで洗髪

ブラッシングの後は、お湯だけで1分ほどしっかり予洗いします。予洗いだけでもかなりの汚れをおとすことができます。その後頭皮を揉むように、シャンプーで洗髪をします。爪を立てて強く洗うと頭皮に傷をつけてしまうので、指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。また、洗髪後はシャンプーを残さないように十分にすすぎをしましょう。

育毛剤を付ける

ここまでの準備が出来たら、育毛剤を付けます。育毛剤は頭皮につけることを意識して塗布してください。ちなみに育毛剤をつける前の髪の乾かし方は、使用する育毛剤によって変わってきます。ドライヤーでよく乾かす必要がある育毛剤や、タオルドライ程度にしないと有効成分が毛穴まで入り込まないとしている育毛剤もあるので、使用している育毛剤の使い方に従ってください。

しっかり頭皮をマッサージ

育毛剤を塗布した後は、指の腹でマッサージをし、頭皮に育毛剤を馴染ませます。シャンプー後は頭皮がデリケートになっているので、優しく丁寧なマッサージを心がけましょう。爪を立てたり、力の入れすぎには注意です。

おすすめの育毛剤はこれ!

口コミや専門サイトで評判の育毛剤を分かりやすく紹介します。

KURO EX

ジェルタイプの新感覚育毛剤です。ジェルを頭皮に塗布することで、しっかり頭皮内に浸透していってくれます。液体タイプでは液だれや蒸発の心配がありますが、ジェルタイプはその心配も少ないメリットがあります。またエタノールフリーで、合成香料や着色料を含む8つの添加物も不使用なので、頭皮への刺激が心配の方にもおすすめです。

チャップアップ

無添加、無香料にこだわり、頭皮環境を整えるセンブリエキスや皮脂の過剰分泌などを防止するグリチルリチン酸、血行促進や抗炎症効果などがあるジフェンヒドラミンHCなど多くの育毛に特化した成分を配合。体への負担が軽く、副作用の心配が少ないのが魅力です。また、「精力減退等については一例も報告はありません」とホームページで謳っています。

フィンジア

乱れた頭皮のコンディションに働きかける「キャピキシル」と、合成成分特有の心配される副作用を極力おさえこんだ処方を実現した「ピディオキシジル」の2つの新スカルプ成分に、カプサイシンを配合。フィンジア独自の「SPEテクノロジー」により、毛穴の奥の悩みへのアプローチが期待できます。また、センブリ、パンテノール、ボタン、ビワ葉、フユボダイジュ花、ヒオウギ、ヒキオコシ、キハダ樹皮、グリチルリチン酸2K、褐藻といった10種類の成長成分も配合。

ブブカ

米国財団法人野口医学研究所品質推奨品。天然由来の成分で頭皮と毛乳頭を健康にするという、ブブカの育毛システムを採用。副作用で身体に何か起こるという不安や心配もなく男性の育毛だけでなく女性の育毛にも安心して継続使用できます。刺激物であるアルコールを大幅にカットし、高濃度のM-034や脱毛原因になるテストステロンを77%も阻害することができる植物エキス「オウゴンエキス」などを配合。ナノレベルを超えた超極小の有効成分が頭皮の奥まで浸透し、髪に必要な成分をしっかりと届けます

リアップ

1996年に日本で初めて医薬品として発売された育毛剤。壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防に効果が認められています。ミノキシジルの血管拡張作用により髪の根元にある毛包を大きくして、髪を生やすことができます。その効果は高く、6ヶ月使用した場合は約7割の人に軽度改善以上の効果があるとメーカーは発表しています。効果が高い分、頭皮の発疹、かゆみ、ほてりなどの副作用を発症する可能性があります。

普段からできる薄毛対策

普段からできる薄毛対策を紹介します。食生活の改善やストレスの発散など、どれも簡単で、すぐに始められるものばかりですので、無理なく実践しましょう。

食生活を見直す

薄毛対策のための予防には正しい食生活が大切です。そして食生活を改善するポイントとして2つの方法があります。「髪の成長を促進させる食生活」と「抜け毛や薄毛を予防するための食生活」です。この2つの食生活は同時に進行することによって抜け毛薄毛を改善し、髪の量を増やすことができます。

・髪の成長を促進させる食生活
髪の成長を促進させるには、ビタミン、ミネラル、亜鉛などが効果的です。これらが多く含まれている緑黄色野菜や果物を多く摂取しましょう。亜鉛はレバーやホウレンソウなどに多く含まれています。3つの栄養素は不足すると抜け毛、脱毛症、薄毛の原因となってしまいます。

・抜け毛や薄毛を予防するための食生活
抜け毛や薄毛を予防するためには皮脂の分泌を抑えることが大切であり、脂っこい食生活を避けることが大切です。青魚や海藻類、ゴマなどで髪の栄養を補給しながら、髪自身を構成しているたんぱく質を摂取することがおすすめです。まずは健康的な頭皮づくりを心掛け、安定させたところで髪に栄養がある食品を食べるようにすると、効果的に抜け毛・薄毛を改善させることができます。

十分な睡眠をとる

睡眠も薄毛を改善するためにとても重要です。人は寝ている間に、成長ホルモンという物質が分泌されます。成長ホルモンは身体の組織を修復するホルモンであり、もちろん髪の毛も同様です。特に22時~2時は成長ホルモンが多く分泌される時間帯ですので、意識すると良いでしょう。不規則な睡眠、寝不足はこの成長ホルモンの分泌量を減らしてしまう原因になります。良質な睡眠を十分にとりましょう。

ストレスをうまく発散させる

ストレスを上手に発散することも薄毛対策としては大切なことです。例えば運動はその一つで、適度に汗を流すことで血行が良くなることに期待でき、気分もスッキリするので精神的にもリフレッシュできます。しかし、無理をし過ぎると、余計なストレスが増えるので適度な運動を心がけるようにしましょう。また、趣味や旅行、映画やDVDなどを見てリラックスすることでもストレスを発散できます。

育毛剤について正しく理解して薄毛対策をしよう

・育毛剤のメリットとデメリットをしっかり理解して使用しましょう
・育毛剤の併用は基本的にNG
・育毛剤で副作用が出たら使用を中止し、専門医に相談するようにしましょう
・食生活や睡眠の改善、ストレス対策を行って薄毛の予防に備えましょう

育毛剤を使用するメリットやデメリット、さらには使用方法や副作用、おすすめな育毛剤などについて紹介させていただきました。参考になりましたでしょうか?さまざまな種類があり、誰にでも簡単に手に入る育毛剤だからこそ、正しく理解して効果的な薄毛対策ができるようにしましょう。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?