妊娠中の影響

一般的に、男性よりも女性の方が薄毛になりにくいと言われています。男性ホルモンの影響によって薄毛になることがあるというのは周知の事実ですが、女性も薄毛になるケースはあります。ただ、男性と女性では薄毛になる原因が違いますので、女性は女性用の対策を行う方が適切です。

薄毛は男性だけのもの?

悩む女性

男性が薄毛になる原因として、男性ホルモンの影響が挙げられています。男性の薄毛は遺伝も大きく影響していると言われており、男性ホルモンの影響を受けやすい頭頂部や額の生え際から薄くなり始める特徴があります。

女性は女性ホルモンの影響から、男性よりも髪が抜けるまでの期間が長く、その結果としてロングヘアにしやすいのです。ちなみに女性ホルモンには髪のパサつきを抑える働きがあるので、美しく長い髪は女性らしさの象徴とされているのも一理あります。

女性も遺伝や加齢の影響によって薄毛になる場合があります。これに加えて、パーマやカラーリング、無理なダイエット、ストレスなどの要因によって薄毛になる可能性があります。また男性と比べると髪の本数自体は大きく減らないものの、髪の1本1本が細く弱々しくなるという特徴があります。つまり男性と女性では薄毛の原因や進行パターンなどが違いますので、自分の症状に合わせた対策をする必要があるのです。

薄毛で悩む女性が増えている?

髪の薄い女性

薄毛で悩む女性の数は、年々増えてきていると言われています。
そのことを証明するかのように、女性向けの育毛剤や男女兼用となっている育毛剤が続々と販売されるようになりました。つまり薄毛は男性だけの悩みと思われていた時代は終わり、今では男女共通の悩みとして認識されつつあります。

女性が薄毛になる原因の一つに、パーマやヘアカラーによる髪のダメージが挙げられます。また1日に何度もシャンプーをしたり、反対にたまにしかシャンプーをしなかったりと、間違ったヘアケアによって薄毛が進行するケースもあります。
その他にも過度なダイエットによる栄養バランスの偏りが原因で、髪に必要な栄養の摂取量が減り、結果として薄毛になる場合もあります。このように、女性には女性特有の原因がありますので、それぞれの原因に合わせて適切に対処する必要があるのです。

なお女性はホルモンバランスの崩れによって毛が抜けやすくなることがあります。
女性ホルモンは女性らしい丸みのある体つきをつくる働きがありますので、妊娠中は通常時よりも女性ホルモンの分泌量が増加します。そして出産後になると、それまで活発だった女性ホルモンの分泌が通常に戻りますので、その影響で一時的に抜け毛の量が増えるのです。お母さんのお腹の中ですくすくと育つ赤ちゃんは、へその緒を通じてお母さんから栄養をもらっています。その影響で髪に影響が出ることもあり、出産後の抜け毛に悩まされる女性が多いのです。

また慣れない育児でストレスがたまり、授乳や赤ちゃんの夜泣きなどで睡眠が不足しがちになることもあります。これらの要因が重なって薄毛で悩むケースもありますが、産後の抜け毛は多くの人が体験していることのようです。

妊娠中でも、育毛剤を使って大丈夫?

妊娠中

男性と女性では、薄毛になる原因や症状の進行パターンが違います。
主な進行パターンの違いで言うと、男性は髪の本数が減るのに対し、女性は髪が細くなるという特徴があります。薄毛の原因や進行パターンが異なれば、適切なアプローチ方法も違うものになります。そのため男性用の育毛剤と、女性用の育毛剤では配合されている成分も異なるケースが多いです。

男性用の育毛剤は、当然のことながら男性が使用することを想定して作られていますので、妊娠中の女性が使用すると副作用が出る場合もあります。そのため妊娠中に育毛剤を使用するのであれば、胎児に悪影響が出ないものを選ぶ必要があります。男性用の育毛剤を使用しても、女性には絶対に効果が期待できないというわけではありません。しかし妊娠中であれば、使用する育毛剤には特に注意を払う方がいいでしょう。
例えば男性用の育毛剤にはミノキシジルという成分がしばしば配合されていますが、母乳に成分が移行する可能性があるので、妊娠中や授乳中の女性は使用を避ける方が適切です。またフィナステリドという成分も、胎児に影響を及ぼす可能性があるので、使用を避ける方が適切とされています。

このように、妊娠中や授乳中の女性は、使用する育毛剤に配合されている成分に注意しなければなりません。中には女性用の育毛剤や無添加の育毛剤もありますので、妊娠中はそれらを使用する方が安心だといえます。ちなみに不安な場合は、念のため医師に確認するといいでしょう。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?