女性用育毛剤選びのポイントとおすすめの使い方ガイド

女性用育毛剤選びのポイントとおすすめの使い方ガイド

薄毛の悩みというと、男性特有のものだと考えがちです。しかし、近年は薄毛や抜け毛に悩まされている女性が増加傾向にあり、それに伴って女性用育毛剤の種類も増加しています。ただ、育毛剤の宣伝を見るとどれも効果がありそうに思えて、どれを購入すれば良いのかなかなか決めることができない、という方も多いのではないでしょうか。育毛剤は自分の薄毛タイプに合ったものを選ぶ必要があり、そのためには薄毛の原因について理解しておくことが大切です。ここでは、女性の薄毛の原因はなんなのか、どのような育毛剤を選べば良いのか、育毛剤の効果を最大限に活かすにはどうすれば良いのか、といったことについて詳しく紹介します。

女性用育毛剤選びで大切なのは薄毛の原因を知ること

男性の薄毛、いわゆる男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」に変化して、毛根を攻撃することが主な原因とされています。そのため、男性型脱毛症に対しては、この一連の流れを阻止したり、ヘアサイクルを正常化させたりするケアが有効です。 これに対して女性の薄毛は、その原因が様々です。 女性と男性ではホルモンバランスが異なりますし、女性の場合、妊娠・出産、加齢、更年期障害など、ホルモンバランスが変化する機会がたくさんあります。また、女性の薄毛は、ホルモンバランスの変化以外の要因によっても起こることがあります。 そのため、女性の薄毛対策では、どうして薄毛になってしまったのか、その原因をきちんと究明し、自分に合った育毛剤を選ばなければなりません。 では、女性の薄毛の原因には、どういった要素が挙げられるのでしょうか。ここではまず、女性の薄毛の原因についてひとつずつチェックしていきましょう。

ホルモンバランスの乱れが薄毛の原因に!

私たちの体内では、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」が分泌されており、髪の毛の成長を促進したり、いま生えている髪の毛を維持したりする作用があります。 ところが困ったことに、エストロゲンの分泌は20代をピークとして、30代以降から少しずつ減少しはじめます。エストロゲンの分泌量が減少するということは、それだけ髪の毛を成長・維持させる力が少なくなるということでもあるため、その結果として、薄毛や抜け毛に悩まされるようになるのです。 これがいわゆる「ホルモンバランスの変化」を原因とする薄毛で、加齢のほか、妊娠・出産や更年期障害などによっても、こういった現象が起こることがあります。

外部環境を原因とする髪の毛・頭皮のダメージにも注意

女性の薄毛は、外部環境が原因で進行することもあります。 例えば、紫外線について考えると、お肌のケアについてはしっかり行っていても、頭皮についてはあまり気にしたことがない、という方が少なくありません。しかし、頭皮が紫外線を浴びると乾燥しやすくなりますし、頭皮下にある毛母細胞(髪の毛のもとになる細胞)にまでダメージが及んだ場合、抜け毛が増えることもあります。 また、パーマやヘアカラー、ヘアアイロンなどによるダメージも、髪の毛を痩せさせたり、頭皮のトラブルを引き起こしたりする可能性があります。

血行不良が原因で薄毛が進行することもある

女性の中には血行不良に悩まされている方が少なくありませんが、これも薄毛の原因になることがあります。 髪の毛は毛母細胞が繰り返し分裂することによって成長するのですが、このとき、毛母細胞は毛細血管内を流れる栄養分を吸収し、エネルギー源にしています。そのため血行不良の状態が続くと毛母細胞に送り届けられる栄養分が不足し、その活動が抑制されてしまうことがあるのです。 血行不良はストレスや自律神経の乱れによって引き起こされることもあるため、注意が必要です。

食生活や睡眠時間も薄毛の原因に!

髪の毛の成分は、その95%がタンパク質の一種である「ケラチン」です。ケラチンは体内でも生成することができますが、残念ながらその量は、加齢とともに減少していきます。 そのため、栄養バランスの偏った食生活を続けていると、髪の毛が栄養不足状態に陥り、成長効率が低下したりヘアサイクルが乱れたりすることがあるため注意しましょう。 また、髪の毛のもとになる毛母細胞は、「成長ホルモン」の影響を受けて分裂を繰り返します。そして、この成長ホルモンは、副交感神経が活発になる睡眠時に最も多く分泌されています。そのため、睡眠不足状態が続いていると成長ホルモンの分泌量が不足し、髪の毛の成長が遅くなってしまうことがあるのです。

要チェック!女性用育毛剤を選ぶときのポイントはこの5つ!

育毛剤は、薄毛になった原因や、自分の髪の毛と頭皮の状態に合わせて選ぶことが大切です。これから育毛剤選びをする方は、以下のようなポイントに注意してみてください。

薄毛の原因に合ったタイプの育毛剤を選ぼう

育毛剤には以下のようなタイプがあり、髪の毛や頭皮の状態、薄毛の原因を考慮しつつ、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

(1)女性ホルモン類似成分が配合されている育毛剤
女性の薄毛は、ホルモンバランスの乱れによって進行することがあります。そういった場合は、イソフラボンをはじめとする女性ホルモンに類似した作用をもつ成分が配合されている育毛剤を使用することをおすすめします。 出産をきっかけに抜け毛が増えた方、更年期に入り薄毛が気になるようになってきた方、ホルモンバランスが乱れがちな方は、このタイプの育毛剤を使ってみてはいかがでしょうか。

(2)皮脂の過剰分泌を抑制する効果がある育毛剤
皮脂の分泌量が増加すると、毛穴をふさいで炎症を起こし、抜け毛が増えることがあります。この場合、抜け毛の直接的な原因は皮脂の過剰分泌なので、頭皮の状態を整えたり、皮脂の過剰分泌の抑制効果が期待できる育毛剤を使用するのがおすすめです。 皮脂の過剰分泌は、ホルモンバランスの乱れや栄養バランスの偏った食事、ストレスなど様々な原因によって引き起こされます。育毛をする上で頭皮の皮脂コントロールをすることはとても大切ですので、頭皮が脂っぽく感じる方は、こういったタイプの育毛剤の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

(3)頭皮の保湿をする効果がある育毛剤
育毛をする上で忘れてはならないのが、頭皮の保湿です。 頭皮は本来、適度な水分を含みふっくらと柔らかい状態になっています。ところが、頭皮が乾燥すると、その表面が硬くなり髪の毛が抜けやすくなることがあり、育毛剤を使ってもその有効成分が浸透しづらく、本来の効果を得ることができません。 そのため、頭皮が乾燥している方はまず、保湿効果の高い育毛剤を使って頭皮の乾燥を改善し、その状態を整える必要があります。頭皮の乾燥はストレスや食生活、間違ったヘアケア、毛染め、パーマ、紫外線など、様々な要因によって引き起こされます。頭皮の保湿ケアは育毛の基本です。育毛剤を選ぶときは、どのくらいの保湿効果があるのかチェックしておくことをおすすめします。

(4)髪の毛にハリとコシをもたらすタイプの育毛剤
ホルモンバランスの乱れや頭皮の乾燥などは、髪の毛のハリやコシがなくなる原因の1つです。そして、髪の毛1本1本が細く柔らかくなると、全体的にペタンとしてボリュームがなくなったように感じてしまうことがあります。 育毛剤の中には、髪の毛に栄養分を補給してハリとコシをよみがえらせる効果が期待できるものもあります。「髪の毛が細くなった」「昔に比べて髪の毛のボリュームが減ったような気がする」という方は、こういったタイプの育毛剤を使ってみてはいかがでしょうか。

(5)発毛を促進するタイプの育毛剤
ヘアサイクルの乱れや血行不良などによる薄毛には、発毛を促進するタイプの育毛剤の使用をおすすめします。これは、血管を拡張する作用がある成分を応用した育毛剤で、毛母細胞に働きかけることで細胞増殖因子の生成を促進し、発毛をサポートします。 いま生えている髪の毛を守るのはもちろん、より多くの「発毛」を促して髪の毛を全体的にボリュームアップさせたいという方は、このタイプの育毛剤の使用を検討してみましょう。

育毛剤に配合されている成分をチェックしておこう

育毛剤は、その効果によっていくつかのタイプに分類されます。そして、主な効果に違いがあるということは当然、配合されている成分にも違いがあります。 育毛剤を選ぶときは、どのような成分が配合されているのか、という点についてもチェックしておきましょう。 ここでは、育毛剤に配合されることの多い成分の一例をご紹介します。

女性ホルモン類似成分「イソフラボン」
エストロゲンの分泌量が減少すると、髪の毛の定着力が落ちて抜けやすくなったり、ヘアサイクルが乱れて成長しにくくなったりします。 そこで役立つのが、「イソフラボン」です。これは大豆に含まれる成分で、エストロゲンにとてもよく似た働きをもっています。そのため、イソフラボンが配合された育毛剤を使うと、育毛しやすい頭皮環境を整える効果が期待できるのです。

発毛を促進する効果がある「ミノキシジル」
ミノキシジルはもともと、高血圧症の方に対して血管を拡張するために用いる薬の成分として開発されたものです。しかし、この成分には「発毛効果」という副作用があることがわかったため、これを応用して育毛剤に配合されるようになったのです。 ミノキシジルには、毛母細胞に働きかけ、育毛に欠かせない細胞増殖因子の生成を促進する作用があります。そのため、ミノキシジルが配合された育毛剤には、毛母細胞の分裂を盛んにして発毛を促進する効果が期待できるのです。

頭皮の保湿効果が期待できる成分
育毛剤には、頭皮に水分を補給し、しっかり保湿する効果が期待できる成分も配合されています。具体的な成分は育毛剤によって異なりますが、以下のような植物由来の成分が使われることが多くなっています。

・ユキノシタ
・ウメ果実
・ハマナスエキス
・アシタバエキス
・ビワ葉エキス

育毛剤の価格についても慎重に考えよう

髪の毛はそのヘアサイクルにおいて、成長期(髪が成長する)、退行期(髪の成長が止まる)、休止期(毛母細胞の活動が止まる)を繰り返しています。そして、ヘアサイクルが正常な方の場合、休止期から成長期に入り髪の毛が生えてくるまでに、約3カ月の期間が必要です。 薄毛対策においては、育毛剤を使うなどしてこのヘアサイクルを正常化していくのですが、乱れたヘアサイクルを元に戻すには、それなりの期間が必要です。また、活動が弱まった毛母細胞が再び活発に分裂して髪の毛が伸びてくるまでには、ヘアサイクルが乱れている場合は正常な方以上の期間が必要です。 育毛剤は頭皮や髪の毛の状態を整えて発毛しやすい環境づくりをするためのものですので、効果を実感するためには、ある程度の期間使い続ける必要があります。つまり、育毛剤はこれを使えば直ちに髪の毛が増えるというものではなく、長期間使用し続けて初めて、その効果を実感することができるものなのです。 どんなに優れた育毛剤でも継続できないのでは意味がありませんので、育毛剤を選ぶときはその効果や成分だけでなく、価格面についても慎重に検討するようにしましょう。

販売メーカーのサポート体制もチェックしておこう

育毛剤を選ぶときは、販売メーカーのサポート体制がどうなっているのか、という点についてもチェックしておきましょう。 育毛剤を販売しているメーカーの中には、コールセンターを設けて育毛剤の使い方や薄毛の悩みなどについて、相談できる体制を整えているところがあります。薄毛に関する悩みはなかなか人に相談しにくいものですので、こういったサポート体制が整っていると、安心して薄毛対策に取り組むことができるでしょう。 また、これまで使ったことがない育毛剤を購入する場合、「本当に効果があるのだろうか」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめしたいのが、全額返金保証がついている育毛剤で、一定期間使ってみても効果が感じられない場合、商品代金を全額返金してもらうことができます。 これならば、育毛剤を使ったことがない方も、お試し感覚で商品を購入することができるのではないでしょうか。

注意!こんな育毛剤は使わないようにしよう!

薄毛に悩む女性の中には、「なんとなく効果がありそうだから」「男性の薄毛に効くのだから、女性の薄毛にも効くだろう」といった理由から、男性用育毛剤を使用する方がいます。しかしこれは、あまりおすすめできません。 女性の薄毛と男性の薄毛とでは、その原因が異なります。男性用育毛剤はあくまで男性の薄毛を改善するために開発されたものであり、女性の薄毛を改善する効果が期待できるわけではありません。それどころか配合されている成分によっては、刺激が強すぎて思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまう可能性すらあります。 女性の薄毛にはその原因に合った育毛剤を使うことが大切ですので、男性用育毛剤の使用は控えることをおすすめします。

女性用育毛剤のより効果的な使い方とは?

女性育毛剤は、ただやみくもに使えばいいわけではありません。シャンプーやトリートメントと併せて適切なタイミングで使用することで、より高い効果を得ることができます。 ここからは、女性用育毛剤の使い方について見ていきましょう。

育毛剤はどう使う?頭皮に塗るタイミングは?

育毛剤は基本的に、頭皮や髪の毛が乾いている状態で使います。育毛剤のノズルを頭皮に直接あて、額側から後頭部に向かって優しく滑らせながらボトルの中の薬液を出していきましょう。あとは指の腹を使って頭皮全体になじませればOKです。 次に、育毛剤を使うタイミングについてですが、シャンプー、ブローをした後が理想的です。清潔になった頭皮に使うことで、育毛剤に配合されている有効成分をより効率的に浸透させることができるからです。 ただし、頭皮が乾燥している方で保湿に特化した育毛剤を使う場合は、ブローをする前に使うことをおすすめします。

育毛剤をより効果的に使うためのポイント

育毛剤の効果をより高めるには、事前のシャンプーをしっかり行うことが大切です。というのも頭皮や髪の毛には皮脂やホコリなど様々な汚れが付着しており、その状態の頭皮に育毛剤を塗っても、これらが邪魔になって有効成分をうまく浸透させられないのです。 シャンプーをする際は髪の毛ではなく「頭皮の汚れを落とす」ことを意識してみましょう。たっぷりの水分で頭皮と髪の毛を濡らしたあと、しっかり泡立てたシャンプーを使い、毛穴に詰まった汚れを吸着させるイメージで洗っていくことをおすすめします。また、シャンプー前にぬるま湯で頭皮の「予洗い」をしておくと、汚れが落ちやすくなります。 そして、トリートメントをするときですが、髪の毛にのみ使用し、頭皮につけないよう気をつけましょう。トリートメントには油分が含まれているため、頭皮につくと毛穴が塞がり、育毛剤の浸透を邪魔してしまう可能性があります。 シャンプーやトリートメントの仕方を工夫するだけでも育毛剤の効果が変わってくることがありますので、ぜひ実践してみてください。

育毛剤を使ったヘッドマッサージもおすすめ!

育毛剤を使うときは、同時にヘッドマッサージをするのもおすすめです。ヘッドマッサージをすると頭皮の血行をよくすることができるため、育毛をする上で大変効果的です。

<育毛に効果的なマッサージのやり方>
(1)手のひらを使い、小さな円を描くような感じで頭皮全体をマッサージします。
(2)襟足部分から頭頂部に向かい、螺旋を描くように揉んでいきます。
(3)頭の両側、襟足、頭頂部、それぞれの部分について、頭皮を軽くはじくように指の腹でたたきます。
(4)親指の腹を使い、頭皮全体を刺激します。

生活習慣を見直して体の内側からもしっかり薄毛対策

どんなに優れた効果のある育毛剤を使っていても、生活習慣が薄毛まっしぐらなものであっては意味がありません。育毛剤を使った薄毛対策と並行して、日々の生活習慣の見直しにも取り組んでみてはいかがでしょうか。

●喫煙を控えよう
喫煙によって体内に取り入れられる成分には、血管を収縮させる作用があります。血行不良は薄毛を進行させる原因になりますので、禁煙するか、本数を減らすことをおすすめします。

●十分な睡眠をとろう
発毛を促す成長ホルモンは、22時から深夜2時の間に最も盛んに分泌されています。この成長ホルモンは育毛において必要不可欠なものですので、夜更かしをせず早めに就寝し、成長ホルモンの分泌を促しましょう。

まとめ:自分に合った育毛剤で理想的な髪の毛を手に入れよう!

育毛をして理想的な髪の毛を手に入れるには、薄毛の原因に合った女性用育毛剤を使うことが大切です。

・女性の薄毛は、様々な原因によって引き起こされる
・女性用育毛剤にはいくつかの種類があり、自分に合ったものを選ぶことが大切
・育毛剤を選ぶときは、その効果や成分についてはもちろん、価格やサポート体制についてもチェックする
・育毛剤はシャンプー・ドライをした後で使う

薄毛が気になっている方はまず、自分の薄毛の原因を究明することから始めてみてはいかがでしょうか。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?