濃密育毛剤BUBKAの副作用

  • 概要
  • 効果
  • 成分
  • 副作用
  • 購入方法

濃密育毛剤BUBKAは、直接毛包に働きかけ、育毛促進と脱毛予防のダブルの効果を発揮してくれます。
濃密育毛剤BUBKAは名のとおり、「濃密」な育毛剤。配合成分のうち99%が育毛に有効な働きをしてくれる成分であります。モニターによる育毛試験でも9割を越える人々が「満足した」と回答しており、多くの人から支持されています。
そんな濃密育毛剤BUBKAには、さまざまな成分が含まれているため、稀に副作用を起こすことがあります。納得できる育毛剤を使用するためにも、副作用について理解しておきましょう。

濃密育毛剤BUBKAで起こりうる副作用の症状

ほてりや眠気、喉の渇き

濃密育毛剤BUBKAでは、ほてりや眠気、喉の渇きといった副作用が現れる可能性があります。これは、BUBKAに含まれているジフェンヒドラミンHCIによって引き起こされます。
ジフェンヒドラミンHCIには、炎症・鎮痛作用があるため、育毛剤だけでなく、風邪薬や耳炎薬などにも用いられています。そんなジフェンヒドラミンHCIは、強い抗コリン薬であるため、使用することでほてりや眠気、喉の渇きなどの症状を引き起こすことがあるのです。しかし、これらは風邪薬などによって起こる副作用であるため、育毛剤として頭皮に塗布するくらいであれば副作用が起こることはほとんどありません。

下痢や胃腸の不調

BUBKAは、下痢や胃腸の不調を招く可能性もあります。これには、グリシンという成分が関係しています。
グリシンは、食品添加物として使用されることが多い成分です。厚生労働省に認可を受けていることもあり、安全性の高い成分だといえます。ところが、グリシンは摂取量によっては下痢や胃腸の不調などを招くことがあるのです。
ただし、グリシンのこういった副作用が現れるのは、過剰に摂取した場合です。育毛剤に使用されているのは微量であるため、用法用量を守っている限りは副作用を引き起こすことはないでしょう。

濃密な成分の配合によりかゆみが発生することもある

濃密育毛剤BUBKAには、育毛に有効な成分が32種類も配合されており、その中には副作用を起こす成分もあります。ただし、どの成分も大量に使用(服用)しなければ特に問題はなく、育毛剤の使用によってこれらの副作用が起こることはほとんどないといってよいでしょう。
しかし、濃密育毛剤BUBKAは、その名のとおり「濃密」な成分によってできています。そのため、血行促進効果による多少のかゆみが発生することがあります。これは育毛環境を整えるために起こる一過性のもので、使用を続けることで次第に治まりますが、かゆみが長く続く、耐えられないという場合は、育毛剤の使用を中止して様子をみてみましょう。

もっと詳しい内容を見る

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?