CHAP UP(チャップアップ)の副作用

  • 概要
  • 効果
  • 成分
  • 副作用
  • 購入方法

CHAP UPは、雑誌を始めさまざまなメディアで紹介されている人気の育毛剤です。専門家も薦めているため高い効果が期待でき、ある通信販売サイトでは2015年度の男性育毛剤ランキングで1位を獲得しました。
CHAP UPは安全な育毛剤ですが、場合によっては副作用が現れる可能性がある成分も含まれています。そこで今回は、CHAP UPに含まれている副作用が現れる可能性のある成分についてご紹介します。

CHAP UPで起こりうる副作用の症状

眠気の誘発

CHAP UPを使用すると、眠気が誘発される可能性があります。これは、ジフェンヒドラミンHCによって引き起こされます。
ジフェンヒドラミンHCは、抗ヒスタミン剤として利用されることが多い成分です。育毛剤では、抗炎症作用による頭皮環境の改善が期待できます。ヘアサイクルの正常化にも影響を与えるので、脱毛の抑制にも効果的です。そんなジフェンヒドラミンHCは、睡眠改善薬に利用されるほど強い眠気を誘発する効果があります。一般的な用量であれば問題はありませんが、多量に使用すると眠気を感じることがあるので注意が必要です。

男性ホルモンの抑制による弊害

男性ホルモンの抑制は抜け毛の防止に効果的であり、CHAP UPにもそういった効果を持つ成分が含まれています。オウゴンエキスはその代表的な成分です。これらによって抜け毛の抑制はできますが、男性ホルモンを抑制するということからいくつか弊害が現れることがあります。
ひとつは男性機能の低下。一時的ではありますが、男性ホルモンを抑制することで男性機能が低下してしまう可能性があります。利用をやめると男性機能も回復しますが、気になる場合は相談してみましょう。もうひとつは、体調不良です。これも一時的なものですが、男性ホルモンを抑制することで体内のホルモンバランスが崩れ、体調を崩しやすくなります。

育毛剤の使用で副作用が起こることはほとんどない

CHAP UPには、こういった副作用のある成分が含まれています。しかし、これらの副作用は内服薬として摂取した場合や過剰に使用した場合などに起こるものであり、通常の範囲内で育毛剤を使用していればほとんど心配はありません。

もっと詳しい内容を見る

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?