薬用育毛剤 花蘭咲の副作用

  • 概要
  • 効果
  • 成分
  • 副作用
  • 購入方法

薄毛に悩んでいるのは男性だけではありません。女性の中でもホルモンのバランスの乱れによって起こる薄毛に悩む40歳前後の方やストレスや食生活・生活習慣の乱れなどが原因で起こる薄毛に悩む若い方が増えています。
花蘭咲は、そんな薄毛で悩む女性のために作られた育毛剤です。髪の毛を育てる、生やすというだけではなく、ハリやコシ、髪の美しさもしっかりサポートしてくれます。
花蘭咲の主成分となっている「エビネランエキス」は、商品名にもなっているエビネランから採取されたエキスです。その他にも花蘭咲は自然由来の成分が多く使用しているため、アトピーや肌が敏感な方でも安心して使用できる育毛剤となっています。
ただし、花蘭咲に含まれる成分のなかにも、まれに副作用を発生させるものがあります。それらの成分について詳しくご紹介しましょう。

薬用育毛剤 花蘭咲で起こりうる副作用の症状

吐き気、食欲不振

花蘭咲には有効成分として、頭皮環境を正常に保ち、頭皮に栄養を行き届きやすくしてくれる塩酸ピリドキシンが配合されています。この塩酸ピリドキシンにはビタミンB6を補給する働きあり、育毛剤に使用される以前から口内炎や湿疹の治療のための内服薬やにきびなどの治療薬として用いられてきました。
安全性の高い成分ですが、内服薬として使用した場合、まれに吐き気や食欲不振といった副作用が起こることもあるようです。育毛剤として塗布するだけならこの心配はほとんどありませんが、過度に使用しないように気をつけましょう。

皮膚が赤くなる、ほてる

花蘭咲は肌に直接塗るタイプの育毛剤であるため、人によって皮膚が赤くなったりほてったりといった副作用が起こる可能性もあります。
まず、花蘭咲にはアルコールが含まれています。アルコールが配合された化粧品や注射前の消毒でかぶれたり、炎症が起こったりした経験のある方は注意が必要でしょう。
さらに血行促進効果が期待できる成分である、ニコチン酸アミドも皮膚に影響を与える可能性があります。ニコチン酸アミドはビタミンの1種であるニコチン酸を補給する働きがあり、皮膚や粘膜を正常に保ち血行をよくする作用があります。この血行をよくする作用によって、皮膚が赤くなったりほてったりすることがあるかもしれません。まれに発疹が出ることもあるようですので、その際は使用を中止して医師に相談してみましょう。

妊娠、授乳中もOK・副作用の少ない育毛剤

花蘭咲には有効成分として、頭皮環境を正常に保ち、頭皮に栄養を行き届きやすくしてくれる塩酸ピリドキシンが配合されています。この塩酸ピリドキシンにはビタミンB6を補給する働きあり、育毛剤に使用される以前から口内炎や湿疹の治療のための内服薬やにきびなどの治療薬として用いられてきました。
安全性の高い成分ですが、内服薬として使用した場合、まれに吐き気や食欲不振といった副作用が起こることもあるようです。育毛剤として塗布するだけならこの心配はほとんどありませんが、過度に使用しないように気をつけましょう。

用法・用量を守っていれば安心

花蘭咲は、界面活性剤や乳化剤、香料などを使用していないので、肌がデリケートな女性でも安心して使用することができます。しかし、副作用が発生する可能性のある成分も一部含まれています。
ただ、それらの成分によって副作用が発生するのは、経口摂取などによって大量に摂取した場合に引き起こされるものです。ですから、用法用量を守り正しく育毛剤を使用していれば、副作用が発生することはほとんどありません。

もっと詳しい内容を見る

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?