なぜ薄毛になるのか?薄毛の原因と対策まとめ

なぜ薄毛になるのか?薄毛の原因と対策まとめ

人はなぜ薄毛になるのか。薄毛の原因を知るにはその種類を知ることが大切です。そして、改善するためにはその原因に合わせた対策が必要です。今回は薄毛の種類やその原因、対策について解説いたします。将来薄毛になりたくない、少し薄毛の兆候が出てきたということは早い段階から対策するようにしましょう。またすでに薄毛が進行してしまっている方は、すぐにでも対策を講じる必要があるでしょう。

薄毛の種類

多くの方が悩む薄毛ですが、実は薄毛には種類があり、それぞれに特徴があります。薄毛の種類によって原因も異なるため、自分の薄毛の種類を知り、それに適した対策をすることが大切です。

男性型脱毛症(AGA)

男性の薄毛の原因として多くを占めるのが男性型脱毛症(AGA)です。テレビやインターネットでも目にする機会が多くなってきたワードではないでしょうか。成人男性に多く見られるもので、頭頂部や額の生え際の髪が薄くなっていくのが特徴です。直接的原因は男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、それが毛母細胞に影響し髪の成長を妨げること発症します。遺伝、ストレス、偏った食生活、不規則な生活習慣、運動不足などさまざまな要因によって発症するので、それぞれに意識的に対策する必要があります。すでに発症してしまっている方はミノキシジルなどで治療をするほか、生活習慣や食生活を改善することが必要です。

脂漏性脱毛症

ホルモンのバランス異常などで過剰に皮脂が分泌され、その皮脂が毛穴を塞ぐことで毛穴周辺部や毛根が炎症し、髪が抜けてしまう症状を脂漏性脱毛といいます。頭皮の常在菌が異常繁殖し、その影響で頭皮が赤くなりかゆみが出ます。また、そこから脱毛へとつながってしまいます。この脂漏性脱毛症は全体数では多い症例ではないものの、脂肌の人や脂っぽいフケが出る人は要注意です。対策としては、正しい方法でシャンプーをすることや食生活の改善が挙げられます。ラーメンや揚げ物など脂っこい食事やファストフードやスナック菓子は控えた方がよいでしょう。

円形脱毛症

円形脱毛症は、精神的なストレスが原因で頭部の一部が円状に薄くなることから通称「十円ハゲ」と言われる症状です。円形脱毛症は、1箇所だけ薄毛になる「単発型」、2箇所以上薄毛になる「多発型」などいくつかのグループがあります。中年期だけでなく、青年期などでも発症する可能性のある症状です。ストレスが主な原因となるため、ストレス発散の機会を定期的に設けるとともに、悩みなどを一人で抱え込まないように意識しましょう。

・単発型
円形脱毛症としては最もポピュラーな初期症状で、何の前触れもなく頭髪に丸い脱毛部分が出来ます。脱毛する前兆としてかゆみや大量のフケなどが生じる場合もあります。

・多発型
単発型から症状が進んだ症例で、脱毛部分同士が結合して大きな脱毛面積になります。髪の毛に限らず全身のあちこちに出来ることもあります。

・多発融合型
多発融合型には、頭髪全体で平均的に多数の毛が抜ける症状で、全頭型や汎発型に移行するケースが多いびまん性脱毛と、蛇のように細長く脱毛する症状で、後頭部や側頭部の毛の生え際にかけて不整型に脱毛する蛇行性脱毛があります。

・全頭型
多発型から症例が進んだもので、脱毛部分同士がいくつも重なり合って髪の毛のみ全て抜け落ちます。

・汎発型
身体のあらゆる体毛が抜けおちる症状です。単発型からみるとかけ離れた症状でありますが、いくつもの脱毛部分が重なって全身に及んでいることから紛れもない円形脱毛症であります。治療の予後が悪いのもこのタイプであり、悪性円形脱毛症や全身脱毛症とも呼ばれます。

牽引性脱毛症

地肌が引っ張られることが原因で起こる抜け毛です。若い女性でも起きやすい脱毛症であり、 10代や、20代前半で牽引性脱毛症になる人もいます。ひどくなると、部分的にハゲてしまったり、極端な場合は全体的に薄毛になる事もあります。なるべく同じ髪型は避け、強い力で縛ることのないヘアスタイルを心がけましょう。髪を結んでいる時間が長い場合などは定期的にほどいて、髪と頭皮をリラックスさせる時間を作ってあげてください。

粃糠性脱毛症

目に見える大きさの乾燥したフケが大量に発生する場合、粃糠性脱毛症が疑われます。そのフケが毛穴を防ぎ、炎症を引き起こします。頭皮も乾燥するので、新陳代謝が悪くなり、健康な髪が育たなくなり、細く柔らかい髪になる可能性もあります。原因の多くは洗浄力の強いシャンプーや頭皮に刺激のあるヘアケア製品を、過度に使うことです。主な対策としては、使用しているシャンプーやヘアケア製品が刺激となっているかどうかを確認し、低刺激のものに変える、使用する量を適量にする、パーマやカラーリングを控えることです。

薄毛の主な原因

薄毛の主な原因として、遺伝やストレス、紫外線などさまざまな原因があげられます。薄毛対策をする前に原因を理解して取り組むことが重要です。

遺伝

男性型脱毛症(AGA)は遺伝の影響を受けやすいとされています。上記でも触れましたが、男性脱毛症の原因にはDHTという男性ホルモンが関係していて、この「DHTの影響を受けやすい体質」が遺伝することによって、薄毛になるリスクが高まります。DHTの影響の受けやすい体質であるかどうかは、母方の遺伝子によって決まります。では母方が薄毛でなければ安心なのでは、と思うかもしれませんがそうではありません。女性の女性ホルモンには薄毛に対する耐性があるため、薄毛の遺伝子があっても発症しない場合もあるからです。そのため、薄毛の遺伝子の影響は男性ホルモンの多い男性の方が受けやすいと言えるでしょう。

ホルモン

上記でDHTと呼ばれる男性ホルモンと薄毛の関係に触れましたが、女性ホルモンの低下も薄毛の原因となります。男性ホルモンの活動を抑える働きのある女性ホルモンの量が低下することで男性ホルモンが解放され、薄毛を進行させてしまいます。男性はもとより、女性でも女性ホルモンが低下するタイミングに注意が必要です。特に産後や更年期は女性ホルモンが著しく低下しやすく、抜け毛や薄毛の進行が目立ちます。

間違ったヘアケア

頭皮のためといって、薬剤をたくさん塗ることは必ずしも髪にいいとは言えません。頭皮に薬剤を塗る行為は、毛穴をふさぐことを意味します。毛穴をふさいでしまうと頭皮が呼吸をできなくなってしまい、十分な栄養もいきわたらない状態となってしまいます。

頭皮の洗いすぎ

頭皮を洗いすぎると必要以上に皮脂を落としすぎてしまいます。皮脂は乾燥などから頭皮を守る役割を果たしており、頭皮を過剰に除去してしまうと、このバリア機能を壊してしまい、結果的に脱毛を進行させてしまいます。また洗浄力が強すぎるシャンプーは刺激物が多く含まれているため、使用を控えたほうが良いでしょう。 髪を洗う際はお湯でしっかり予洗いをし、落とせる汚れは落としておきましょう。洗髪は爪を立てずに、こすりすぎないようにしてください。汚れを落とそうとするあまり、強くこするのもあまりよくありません。洗髪後は、しっかりシャンプーを洗い流してください。毛穴にシャンプーが残った状態にならないように注意しましょう。

過度な髪染めやパーマ

過度な髪染めやパーマは控えましょう。刺激の強いカラー剤やパーマ剤は頭皮を傷つけやすく、抜け毛や薄毛を促進しやすくしてしまいます。特に市販のものは強い薬剤を使用しているものも多く、自分で施術を行うと頭皮にダメ―ジを多く与えるような形にもなりかねないので気を付けてください。

ワックスやジェルなどのスタイリング剤

おしゃれにワックスやジェルなどのスタイリング剤は必須かもしれません。しかし、ワックスやジェルが頭皮に直接触れると、毛穴が整髪料で塞がれ、髪の成長に必要な酸素が行き届かず薄毛のリスクが高くなってしまいます。ワックスやジェルに使われている界面活性剤にはタンパク質を変化させる働きがあり、抜け毛や髪の弱体化にもつながる可能性があります。そのため夜はシャンプーをせず、朝シャンプー派の方などでワックスやジェルを洗い流さずに寝てしまう人はかなり大きなダメージを受けていると思ってください。寝る前には必ず頭皮を清潔な状態にすることをおすすめします。

ストレス

ストレスが溜まり続けると、体の中の血管が収縮しがちになってしまうと言われています。 その結果、血液が流れにくくなってしまいます。 人が食べ物で吸収した栄養は、血液に乗って体中に運ばれていきます。 血液の流れが悪いと、栄養が全身に行き渡らなくなります。髪に必要な栄養が届かないと、髪の成長は阻害されてしまいます。 その結果、髪がやせ細って抜け落ちてしまい、薄毛の原因になります。またストレスは円形脱毛症の原因でもあります。年齢問わず、ストレスはため込みすぎないように心がけてください。

食生活の乱れ

食生活の乱れは、髪の健康を阻害します。たとえば、過度なダイエットを行うと栄養不足になり、髪に栄養が行き渡らず、脱毛することがあります。また、脂っこい食品の食べ過ぎは、生活習慣病の原因となり、血液をドロドロにして、髪へ栄養をスムーズに送れなくなってしまいます。 髪によいとされるたんぱく質や亜鉛、ビタミン類などを積極的に摂取するように心がけましょう。忙しくて普段の食事からの摂取が難しい場合などは、サプリメントなどで一部補てんするのもいいかもしれません。ただし、あくまでも補助的な役割として捉え、メインは食事から摂取するようにしてください。

睡眠不足

睡眠不足や夜ふかしは、薄毛を引き起こす原因となってしまいます。これは、寝ている間に分泌される、成長ホルモンが関係しているからです。成長ホルモンは身体の組織を修復するホルモンであり、育毛にも大きく関係しています。不規則な睡眠、寝不足はこの成長ホルモンの分泌量を減らしてしまう原因になります。また睡眠不足はストレスや食生活の乱れにもつながります。ホルモン以外にも睡眠不足には薄毛につながる原因が潜んでいるのです。

運動不足

・血液の流れが悪くなる
頭皮の状態をよくするには、スムーズな血流を維持することが大切です。運動不足が続くと、筋肉が衰え、心臓からのスムーズな血流が妨げられます。この結果、頭皮の血流状態が悪化し、薄毛や抜け毛につながってしまいます。

・肥満につながる
運動不足は肥満の原因として知られていますが、肥満になると頭皮の皮脂が多く分泌されます。この過剰な皮脂が毛穴を塞ぐと、髪の毛に必要な栄養素をうまく吸収できなくなります。また、肥満は中性脂肪を増やすため、血液の流れを悪くする影響があり、薄毛や抜け毛の原因となります。

・自律神経の働きを悪くする
運動不足でストレスが溜まると、身体の機能を調整する自律神経の働きが悪くなり、身体をうまく調節できなくなります。そのため、血管が収縮し、血流が悪くなるだけでなく、過食など肥満につながる可能性が高まり、その状態が続くと頭皮の状態を悪化させることになります。

お酒の飲みすぎ

お酒の飲みすぎは髪にとってさまざまな問題を引き起こします。一つは、「アセトアルデヒド」と呼ばれる、毒性物質を生成してしまうことです。アセトアルデヒドは、脱毛を促す原因となるDHTを増加させる作用があります。また、アセトアルデヒドを体内で分解するために髪に必要な栄養素である、ビタミンやアミノ酸を消費してしまうことになります。 他にもアルコールにより肝臓に負荷がかかると、自律神経の乱れや血行不良を引き起こし、毛母細胞の活性化が鈍化する可能性があるほか、アルコールには糖質が多く含まれているため、頭皮の皮脂を過剰分泌して毛穴を塞ぐなどの問題を引き起こしてしまいます。

喫煙

たばこに含まれるニコチンは、血管の収縮作用があり、末梢の血流を悪化させる原因となります。また、一酸化酸素を発生するため、頭皮の細胞に必要な酸素も不足し、頭皮の代謝が低下します。血流低下や代謝の低下によって、頭皮や髪に必要な酸素や栄養が行き届かず、髪の成長に悪影響を及ぼす可能性が高まります。さらに喫煙は飲酒同様に、頭皮や髪に重要な栄養素である、ビタミンやミネラルの消費にもつながってしまいます。

紫外線

強い紫外線の影響で、髪の毛をつくるもととなる毛母細胞が機能しなくなると、抜け毛の原因になります。さらに、髪の毛そのものがつくられなくなり、薄毛の原因となることがあります。また毛根には、髪の毛を黒くする細胞があるのですが、紫外線のダメージによりそれが破壊されることで、白髪が発生しやすくなるともいわれています。

すぐに始められる脱毛対策上記では薄毛の原因について触れましたが、この原因を踏まえてすぐに始められる脱毛対策についてご紹介します。

食事と睡眠を見直す

髪のダメージを予防するためには、まずは食生活を見直し、栄養バランスの乱れを整えることが必要です。特に、髪の栄養補給効果が高い、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、亜鉛を含む食品をバランスよく摂取するようにしましょう。具体的には卵や納豆、レバー、ごま、乳製品などです。ビタミンAとEを豊富に含む緑黄色野菜も良いでしょう。

また、睡眠を見直すことも大切です。髪の毛を育てる成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。 特に22時から2時頃は最も成長ホルモンが分泌されると言われています。 その4時間に質の良い睡眠をとるためにも、 寝る前はぬるま湯に長時間浸かったり、 ストレッチなどをしてリラックスすると良いでしょう。寝る前に洗髪を行い、清潔な状態で就寝することも忘れないでくださいね。

飲酒や喫煙に注意

薄毛を改善したいと思うのであれば飲酒や喫煙にも注意しましょう。過度な飲酒はアルコールを分解するのに大量のエネルギーを消費し、その結果発毛に必要な栄養が回らなくなってしまいます。「酒は飲んでも飲まれるな」とあるように、 飲酒はほどほどにするのが好ましいですね。また煙草は毛細血管を収縮させる働きがあります。 毛細血管が収縮すると血流が悪くなり頭皮に十分な栄養が供給できなくなります。 薄毛対策にはズバッとたばこを辞めるのが望ましいですが、いきなり禁煙をすると返ってストレスを貯めてしまうこともありますので、無添加タバコやニコレットを導入しながら無理なく禁煙をするようにしましょう。また飲酒や喫煙は睡眠時間の減少や乱れた食生活にもつながる可能性を含みます。それらが原因で夜更かしをしてしまったり、偏った食事にならないようにしましょう。

ストレスをうまく解消する

ストレス社会の現代、実生活の中でストレスをゼロにするのは中々難しいことですが、 上手くストレスを発散して溜め込まないようにしましょう。ストレスを発散する方法としては、適度なスポーツやアロマ、旅行、入浴、おいしい食事、映画鑑賞、カラオケなどがあげられます。まずは自分の好きなことを行う時間を確保するように努めましょう。極力体を動かすような時間にするのが好ましいですが、無理はせずにリラックスできる時間としてください。

適度に運動をする

適度な運動で血流を良くし、抜け毛を予防しましょう。特に有酸素運動がおすすめです。有酸素運動は、血行を良くするのに優れており、多くの方が手軽に始められます。主な有酸素運動として、ジョギングや水泳、ウォーキングなどがあります。また、社交ダンスや太極拳など趣味のスポーツがあればそれをするのも良いでしょう。前述したようにこれらの運動がストレス発散につながるようなものだとベストです。趣味の時間をたくさん確保できない方は、趣味にできるような運動を見つけるといいかもしれませんね。運動とストレス発散を効果的に行いましょう。

紫外線対策をする

紫外線は、肌の炎症や乾燥など様々なトラブルの原因になります。夏場など紫外線の強い日はしっかりと対策をして外出するようにしましょう。頭皮と髪の毛を守るには、帽子や日傘などで直接UVを遮断することが効果的です。防止などは頭皮の締め付けや汗で蒸れることで、悪影響にもなりかねないので、直接頭皮に関わらない方法で対策を考えてみましょう。

育毛剤を使用してみる

抜け毛や薄毛が気になった方は育毛剤を使用してみるのも一つの対策方法です。保湿成分や、抗炎症成分、抗菌成分、抗アレルギー成分、血行促進成分などの成分がたくさん含まれているため、頭皮環境の改善が期待できます。「男性ホルモンの影響を抑制する」、「頭皮の血行を促進する」、「頭皮や毛根に栄養を与える」、「皮脂の分泌を抑える」などさまざまな用途の育毛剤が開発されていますので、薄毛の状況に合わせて使用できます。 育毛剤はドラッグストアやインターネットで簡単に手に入れることができるので、自分の求める効果があるものを探してみましょう。しかし、これらの製品の効果には個人差があり、自分に合わない可能性もあります。使用してみて頭皮に違和感を感じるような場合には、使用を中止し専門医に相談するようにしましょう。

また効果を早く得たかったり、いろんな効果を得たいがために複数の育毛剤を併用することはやめましょう。基本的に塗布タイプの育毛剤は単独使用するように作られています。製品の使い方や注意点をよく読んで使用する必要があります。サプリメントタイプと塗布タイプであれば併用できるものがあるかもしれないので、もしより効果を求めたい方は、それらで併用可能なものを探すようにしてください。

正しい頭皮ケアをする

頭皮ケアにおいて大切なのがシャンプー選びとシャンプーのやり方です。まずシャンプーですが洗浄力の強いシャンプーは避けましょう。合成界面活性剤などの添加物があまり入っていない、頭皮と髪に優しいシャンプーを選ぶと良いでしょう。続いてシャンプーのやり方ですが、シャンプー前にブラッシングをし、絡んだ髪をほぐし、フケやほこりを落とします。その後お湯での予洗いで、さらに汚れを落としましょう。シャンプーは手のひらで十分に泡立ててから、指の腹を使って、髪の生え際から頭頂部に向かってマッサージをしながら洗いましょう。この時に爪を立てたり、こすりすぎたりしないように注意してください。すすぎの時は、荒い残しが無いよう念入りにしっかりと落としましょう。

頭皮マッサージをする

頭皮の血行を促進する頭皮マッサージはハリ、コシ、ツヤのある髪を育む為に必ず取り入れたいケア方法です。頭皮マッサージは両手で円を描くように優しく頭皮をほぐしていきます。まずは、耳周りに指の腹をおき円を描くようにゆっくりと頭頂部へかけて行い、続いて、額から頭頂部へ、さらに、うなじあたりから円を描くように頭頂部へ優しくマッサージしていきます。お風呂あがるやシャンプーの時にも意識して取り入れてみましょう。

長期的に考えたい薄毛対策

薄毛対策は長期的に行う事が大切です。短期間でやめてしまうと、仮に今まで効果が出ていたとしても、その効果がなくなってしまう可能性があります。長期的に行う事で効果を発揮する薄毛対策を紹介します。

育毛トニックなどで予防

育毛トニックを正しく使うことは将来的な薄毛予防に効果的です。育毛トニックは、直接的な発毛効果はありませんが、フケを防いだり、頭皮環境を正常にする力を持っていますので、正しく使い続けることで薄毛予防ができます。 今現在、薄毛に悩んでいなくても、親や親族からの遺伝、もしくは生活の変化によるストレスなどで誰でもハゲる可能性はあります。予防や対策に取り組む時期は早い方がいいので、現在はハゲていない人でも予防に対する知識は身につけておきましょう。

育毛剤の使用

育毛剤は「皮脂の過剰分泌を抑える」、「男性ホルモンを抑制する」、「血行促進を促す」などの効果があります。しかしこの効果を実感するためには最低でも半年間は続ける必要があります。頭皮への刺激が少ない、身体に優しい成分の育毛剤で根気よく頭皮をケアしていきましょう。

育毛サプリの使用

根本から抜け毛を解決するためには、細く弱った髪から太く強い髪の毛に質を変える必要があります。そのための有効手段として育毛サプリがあります。髪の毛が弱っている要因を知り、その要因に合わせた育毛サプリを長期的に利用することで髪の毛の質を改善させることができます。

病院に通院

昨今は薄毛対策のクリニックなども多く目にするようになりました。テレビやインターネットでも目にする機会が増えてきたので、昔よりは通院がしやすい環境にはなってきたのではないでしょうか。 通院に限ったことではありませんが、薄毛の治療は長期的な継続が必要です。通院の間隔は治療法に応じて異なりますが、1ヶ月に1~2回程度の通院となるでしょう。 治療するにしたがって、自分の頭皮や毛髪の状態がどのように変化していくのかを知る大切な機会になります。 症状を自分で気づく場合もありますが、専門の医師に診てもらうことで気が付くこともありますし、さまざまなことを相談が出来る機会になります。 クリニックによっては測定器を使った定期健診を行うところもあります。専門の方と自分の薄毛と向き合う機会を作ってみましょう。

薄毛の原因を知って正しい薄毛対策をしよう

・薄毛の種類には、男性型脱毛症(AGA)、脂漏性脱毛症、円形脱毛症などさまざまな種類がある
・薄毛の原因にも遺伝やストレス、食事や睡眠などの生活習慣などさまざまなものがある
・今現在ハゲてなくても将来的にハゲないために予防の知識と対策を行いましょう
・飲酒や喫煙は薄毛につながる要因を多く含む
・睡眠や食改善などは今すぐにでもできる薄毛予防である
・シャンプーやマッサージなどもすぐにできる薄毛予防である
・薄毛はすぐに改善できるものでもないので、医師へ相談したり、育毛剤を使用したりしてから継続的な経過観察が必要である

薄毛の種類や原因は多岐に渡ります、正しい知識と理解をもって薄毛を真剣に考えることが重要です。今はハゲていなくても、将来的にいつハゲるのかはわかりません。食生活や睡眠などの生活習慣はいつからでも改善できるので、今ハゲているかに関わらず取り組みたいところですね。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?

新着情報

2018/07/31
20代女性も薄毛で悩んでいる!その原因とおすすめ対策法とはを更新しました。

2018/07/31
諦めないで!今からできる薄毛対策を無料から有料まで一挙紹介を更新しました。

2018/06/29
正しい頭皮マッサージ方法を身に付けて、育毛・発毛効果UP!を更新しました。

実際のところ、頭皮マッサージの効果はどこまで効果があって、どこまでが限界なのかをここでじっくり考察していきたいと思います。

2018/06/29
【薄毛の人向け】ワックスの使い方と選び方を知り、髪を守るを更新しました。

ワックスで本当に薄毛になってしまうのでしょうか?今回は、その理由やワックスのつけ方の注意点などをお伝えします。