【薄毛の人向け】ワックスの使い方と選び方を知り、髪を守る

髪を自在にスタイリングできるワックスなどの整髪料を、毎日仕事に行く日に使用しているという人は、多いと思います。しかし、薄毛が気になる人は、ワックスの使い方を間違えてしまうと逆効果になるという噂も耳にします。ワックスで本当に薄毛になってしまうのでしょうか?今回は、その理由やワックスのつけ方の注意点などをお伝えします。

何故ワックスが髪にとって悪いのか?

ワックスを使うとヘアスタイルが自然に決まって、セット仕立てのボリュームダウンをキープさせることもできます。自然な髪の流れも作れるし、ハードに固められるワックスもあって、毎日のヘアケアには欠かせない商品になっています。

しかしAGA治療などを行うような医師たちからは、ワックスの使用には少し注意を払って下さいというメッセージが様々なところでみられます。一体、ワックスの何がいけないのでしょうか。

界面活性剤

ワックスなどの整髪料には、界面活性剤が配合されています。界面活性剤は、洗剤などに含まれる、汚れを落とす成分。

この界面活性剤は、ワックス特有のなめらかさや乳白色の柔らかいテクスチャを作るのに役立てられています。毛束感をだしてナチュラルな仕上がりにするためには欠かせない成分なのですが、どうもこの界面活性剤が「薄毛」の原因を作りだしているようです。

女性が炊事を繰り返して手荒れをするのは、茶碗を洗う時しっかり洗剤が落ちていなかったり、落とす時に滑るので、何度も手をこすってタンパク質が落ちすぎてしまったりするからです。これを考えると、髪の毛につけたはずのワックスが地肌についてしまい、落としきれずに頭皮が荒れるといったことも容易に考えられます。

また、ワックスが地肌につくと、空中に舞うホコリなどもワックス部分に付着します。アレルギー症状や不快感から痒みを覚えて、掻きむしってしまい頭皮が荒れることも考えられます。
ただ、他の整髪剤よりワックスは界面活性剤の配合率が低め。ダメージは少ない方とも言われています。

ワックスによる毛穴の詰まり

地肌にワックスが付いてしまうと、毛穴を塞いでしまうことで発毛や育毛を阻害してしまうことにもなります。ワックスは本来、毛先につけて髪の毛にも動きをみせるためのスタイリング剤ですから、地肌についてしまえば何らかの症状があっても不思議ではないのです。

繰り返されるシャンプー

また、ワックスを落とす際には、ワックス特有のなめらかな感じを、スッキリ落とさなければいけません。何度洗ってもなかなか落ちないぬめりを、肌が濡れた状態で力任せにシャンプーしてしまうと、肌は傷つき乾燥して痒みなどの原因にもなったりします。

しかもシャンプーはお湯を使用します。そのため、肌が乾いていく時に乾燥がひどくなり、髪を育てる地肌がボロボロになってしまうのです。これが薄毛になってしまう原因の一つとしてあげられています、

薄毛の人がワックスで、髪を多く見せる為のオススメタイプ

薄毛の人がワックスを使用する際には、髪を多く見せなければならないのに逆に少なく見えてしまう場合もあります。髪を多く見せるためにはどのようなワックスがいいのでしょうか。

ワックスの中には様々な種類のものがありますが、薄毛の人にはクレイワックスがおすすめです。クレイワックスは別名マットワックスやドライワックスと呼ばれていて、ワックスの中に天然の土や泥の成分が配合されているものになっています。

つや感はあまりないタイプですが、立ち上がりが良くキープされるため、薄毛の人でも毛量が少なく見えないメリットがあります。

特に天然由来成分を多く含んでいる商品なら、頭皮に接触してしまってもかぶれにくいので、安心して使用することが可能です。

抜け毛が増えないワックスの正しいつけ方とそのコツとは?

 

立ち上がりが強くなるワックスほど粘質があるので、強く髪を引いてしまうと抜け毛を増やしてしまうことにもなります。薄毛の人がワックスで抜け毛を増やしてしまっては元も子もありませんので、正しいつけ方やそのコツをしっかり覚えておくようにしましょう。
それでは、基本的なワックスのつけ方とコツについて説明していきます。

ワックスの量に注意する

まずは、ワックスの量に注意しましょう。ワックスは基本的に指に乗る程度の少ない量を、指数本で馴染ませ髪の先端・もしくは根本部分につけてボリュームや動きなどを作っていく整髪料です。

多量に使用しすぎてしまうと、ワックスの重さで薄毛の人の髪が垂れ下がってしまい、スタイリングしづらくなってしまいます。

また、美容師から「髪の毛のつけ根に」とワックスのつける場所を教えてもらう人は多いのですが、実はこれは頭皮のことは全く考えられておらず、スタイリングだけを重視したアドバイスになっています。

薄毛の人は特に、ワックスは少量で大丈夫です。つける場所を根元から少し離し、指でつまんで立ち上げるように毛先に向けてつけていくといいでしょう。

頭皮につけないようにする

そして、大切なのがこの頭皮にワックスをつけないようにすることです。ワックスが頭皮についてしまうと、界面活性剤が反応して肌荒れが起きてしまう人もいます。

肌荒れを避けるために頭皮から離してつけるのですが、キープ力が落ちてしまうという人もいます。そういった場合は、ワックスを使用する前にドライヤーを当てて、しっかり形を作ってから、ワックスをつけることをおすすめします。

根元からドライヤーで立ち上げる際には、必ず髪に水分をたっぷり含ませておくようにしましょう。髪の毛の流れに沿ってドライヤーをするのではなく、逆毛を立てるようなイメージでドライヤーしていくのも、髪にボリュームをだす方法の一つです。

長時間の使用を避ける

ワックスを使用した後は、あまり長時間つけた状態でいない方が、髪の毛にも頭皮にもいい状態であるといえます。

何もつけない髪がストレスのない状態であるとすれば、ワックスがついているだけで髪や頭皮にとって大きなストレスになっていることは言うまでもありません。

髪や頭皮のストレスを軽減するためにも、つけた日はなるべく早めにワックスを落として髪を休ませます。休みの日には、髪に何もつけない状態のまま過ごすなどの配慮も必要になってきます。

洗髪ではワックスをしっかり落とす

そして何よりもワックスをしっかり落とすことが大切です。髪にも頭皮にも何かつけている状態の時に、疲れや息苦しさを感じたことはないでしょうか。

本来の健康的な髪は、整髪料などを一切使用しない状態のことをいいます。シャンプーをする時には、その日のワックスが髪に残らないように、しっかりオフしてあげることが髪や頭皮のためにも重要になってきます。

中には、シャンプーの泡が当たっているだけで汚れが落ちたものと勘違いし、シャンプーに欠ける時間が驚くほど少ない人がいます。

1度のシャンプーでも、まだギスギスした感覚が残ってしまうのであれば、2度洗いなどをせずに、シャンプー前のお湯洗いを取り入れましょう。お湯洗いでワックスが十分に柔らかく溶けて流れれば、1度のシャンプーでも十分に落としていくことが可能になってきます。指の腹で優しくしっかり洗い上げ、ワックスが綺麗に流されるように努力しましょう。

ワックスを落とす時の注意点

ワックスの落とし方によっても、薄毛の人が毛を失わずにいられるポイントがあります。

シャンプーは1回で済ませる

まず、シャンプーの回数は極力1回で済ませるようにすることです。シャンプーも、頭皮や髪の汚れを落とす洗剤だと考えてください。汚れを落とすというのは、頭皮のにおいや古い角質といったタンパク質を除去する成分が入っているということです。

私達の肌はほとんどがアミノ酸(タンパク質)で構成されていますが、洗浄の回数が多ければ多いほどタンパク質が奪われ、肌の乾燥がひどくなっていきます。

乾燥した肌は、痒みや赤みといった症状がでてしまうこともありますし、水分で満たされない肌からは毛髪は生えてきません。畑の水まきと同様に、頭皮の潤いがなければ、健康的な発毛に必要となる頭皮環境を維持できなくなってしまうのです。

1回ではワックスが落ちない時

また、あまりにもワックスが強力で、1度のシャンプーでは落としきれないといった人もいます。そんな時には洗浄能力の違いがあるシャンプーを二種類用意して、肌をいたわるようにします。1回目は「髪」、2回目は「頭皮」など、重点的に洗う場所を変えてシャンプーすることでも、頭皮へのダメージ軽減に繋がっていきます。

頭皮に優しい成分でできているか

シャンプー自体を見直すということも重要です。アミノ酸シャンプーや弱酸性シャンプーなども頭皮に優しい成分になっています。
天然成分が配合されているものもいいのですが、天然成分にもかなり強力な刺激をもつ成分があります。薄毛で悩んでいる人は頭皮が弱い環境になるといっても過言ではありませんので、天然成分に惑わされないようにすることも大事です。

使用後のケア方法

ワックスを綺麗に落とした後には、頭皮のケアも大切にしていきましょう。薄毛対策商品として育毛剤を使用したヘアケアがおすすめです。

育毛剤でも、肌の潤いを重視して作っているメーカーは増えてきています。ワックスの落とし方を知って、正しく利用することができれば、頭皮環境もそれだけ整い、育毛剤が発揮する効果もより期待できるはずです。

また、頭髪は常に清潔と潤いを保つようにします。頭皮マッサージなどを取り入れて、血行を良くしておくことも重要です。

おすすめしたい髪型

薄毛の人におすすめのワックスを使用した髪型があります。それは、ショートモヒカンです。襟足も一気に刈り上げて爽やかになります。頭皮の中もムレが発生しにくく、清潔なイメージをもてるので大変おすすめです。少量のワックスを髪の毛のトップ部分にだけ使用するといいでしょう。

他にもおしゃれ坊主やスポーツ刈りなども、薄毛の人にはおすすめしたい髪型です。ワックスがそもそも必要のない髪型なら、頭皮を傷めずにおしゃれも楽しめるようになるでしょう。

まとめ

育毛剤や脱毛剤などの効き目や効果は、肌コンディションにも大きく影響されます。まずは薄毛の悩みにしっかり向き合って、髪の毛を作る頭皮環境を整えることが何より大切なのかもしれません。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?

新着情報

2018/07/31
20代女性も薄毛で悩んでいる!その原因とおすすめ対策法とはを更新しました。

2018/07/31
諦めないで!今からできる薄毛対策を無料から有料まで一挙紹介を更新しました。

2018/06/29
正しい頭皮マッサージ方法を身に付けて、育毛・発毛効果UP!を更新しました。

実際のところ、頭皮マッサージの効果はどこまで効果があって、どこまでが限界なのかをここでじっくり考察していきたいと思います。

2018/06/29
【薄毛の人向け】ワックスの使い方と選び方を知り、髪を守るを更新しました。

ワックスで本当に薄毛になってしまうのでしょうか?今回は、その理由やワックスのつけ方の注意点などをお伝えします。