薄毛は遺伝する?検査方法や予防対策を解説!

“薄毛は遺伝する”というのは昔からよくいわれてきた話です。家族や親戚に薄毛がいて、不安に思っているひとも少なくないはず。はたして薄毛は本当に遺伝するのでしょうか?

ここでは、薄毛と遺伝子の関係を詳しく解説。遺伝子の検査方法、薄毛の予防対策を紹介します。

薄毛と遺伝子の関係

結論から先にいってしまうと、薄毛は遺伝します。ただそれにはいくつか条件があり、必ず薄毛になるというわけではありません。まずは“遺伝子は誰から受け継がれる”のか、確率も合わせてみていきましょう。

遺伝子は母親から受け継がれる

薄毛の遺伝には2つの遺伝子が関係します。ひとつめは、母親から受け継がれるアンドロゲンレセプター(ホルモンを感知する器官)です。

AGA(男性型脱毛症)は、5αリダクターゼという酵素によりテストステロンという男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することで発症します。つまり、AGAの発症は5αリダクターゼの分泌が大きく関わっていますが、この5αリダクターゼの分泌量が遺伝によって変わってきます。

ひとは、両親からY染色体とX染色体の2種類の遺伝子を受け継いで生まれてきます。男性はXY、女性XXの組み合わせです。X染色体は母親から受け継ぎますが、じつはX染色体の中に、アンドロゲンレセプターとDHTがくっつきやすい(感知しやすい)遺伝子が存在して、それが子供へ受け継がれます。そのため、薄毛は母親から遺伝するといわれているのです。

母親が薄毛でない場合もありますが、それは女性の体内の男性ホルモンが微量なのが原因です。男性ホルモンが少ないために薄毛の症状がでにくく、発症しても分かりにくいのです。薄毛が“祖父からの隔世遺伝”といわれるのもこれが理由です。

薄毛に関係するもうひとつの遺伝子

もうひとつは両親から受け継ぐ遺伝子です。AGAは5αリダクターゼにより発症しますが、その5αリダクターゼを活性化させる遺伝子が子供へ受け継がれます。

活性化の遺伝子は両親の両方から受け継ぐ可能性があります。5αリダクターゼが活性化されることでDHTが生成されやすくなり、AGAの発症リスクが高まります。

遺伝する確率

男性の薄毛の場合、AGAが遺伝する確率は約25%程度です。たとえ薄毛の遺伝子をもって生まれたとしても、必ず発症するというわけではありません。

実際、2013年に小山太郎医師によって行われた一卵性双子を対象にした臨床実験では、「同じ遺伝子をもつ一卵性双子でも毛量・薄毛の進行具合に違いがみられた」という結果がでています。この研究からもわかるように、薄毛は遺伝子だけではなく生活習慣などの要素も影響すると考えられています。

検査してみよう

薄毛が遺伝する確率は100%ではありません。過度に心配する必要もないでしょう。しかし、どうしても気になるという場合は、遺伝子検査を受けるという方法もあります。

AGA専門の病院やクリニックで受ける、もしくは検査キットを使用し自宅で検査する方法です。それぞれの違いをみていきましょう。

病院で検査する方法

 検査方法 → 血液、毛髪、口内粘膜採取
 価格 → 20,000円~30,000円
 結果が出るまで → 1ヶ月程度

自宅で検査する方法

 検査方法 → 口内採取
 価格 → 10,000円~13,000円程度
 結果が出るまで → 2~3週間程度

それぞれのメリットとデメリット

 「病院」
メリット:結果が的確で、そのまま医師による診断が受けられる
デメリット:費用が高くつく

 「自宅」
メリット:気軽に検査ができて、費用も安くすむ
  デメリット:AGAだった場合はそのまま治療が受けられない

遺伝以外でも薄毛になる可能性がある

薄毛が遺伝する確率は25%。薄毛というよりも、“薄毛になりやすい体質が受け継がれる”と考えるのが正しいです。遺伝子をもっていても、予防などで薄毛にならずに一生をおえるひともいます。

薄毛の発症にはどんなことが関わるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

薄毛になる原因

ストレス
過度のストレスは交感神経を優位にさせて血管を収縮させます。血管が圧縮されることで血行不良に。血液とともに運ばれる頭皮への栄養供給を妨げ、抜け毛の原因になります。

食事
栄養の不足や偏りが続くと、髪の原料が不足して毛根が栄養不足になります。特に髪はケラチンというタンパク質からつくられています。タンパク質は肌や骨、臓器などの身体のあらゆる場所で消費されるため、こまめな補給が必要です。ケラチンが不足すると髪が生成されにくくなって、細く弱い髪が生えてきます。

また、タンパク質の合成にはビタミンや亜鉛などのミネラルも欠かせません。これらの栄養素は皮脂の分泌や乾燥などの頭皮の状態も左右するため、バランスのよい摂取が重要です。

運動
運動不足により血行が悪くなると、頭皮への栄養が行き渡りにくくなります。特に頭皮は末端にあるために血行が滞りがちなので要注意です。毛根の栄養不足により髪の成長期が維持できず、毛が途中で抜け落ちたり生えにくくなったりします。

睡眠
睡眠中は成長ホルモンによって肌や髪の生成やダメージ補修が行われる時間です。睡眠不足の状態が続くと、髪や頭皮のダメージが修復されず、頭皮環境や髪質の悪化につながります。

生活習慣の改善で薄毛を予防しよう

薄毛対策には食事や睡眠などの生活習慣も影響します。たとえ遺伝的に薄毛になりくい体質だとしても油断は大敵!食事の偏りや悪習慣で、薄毛へのリスクが高まることも。

普段から栄養バランスや規則正しい生活習慣を心がけ、薄毛の予防・改善に努めましょう。

髪のために摂りたい食事
外食やファーストフードなど脂質の多い食事は控えめに。髪の原料となるタンパク質やアミノ酸を、多く含む食品をとりましょう。タンパク質やアミノ酸は肉や魚、卵大豆製品などに多く含まれています。

また、亜鉛は薄毛を進行させるはDHTの働きを抑制する作用があります。ビタミンCやビタミンB6 と合わせてとると吸収率がアップするといわれているため、レバーや肉、牡蠣などの食品を意識的に摂取しましょう。

良質な睡眠をとる
成長ホルモンは夜10時~午前2時の間に分泌が盛んになります。なるべく夜12時までは就寝するように調整を行うと良いでしょう。就寝2~3時間前に、入浴でリラックスするのもおすすめです。

ストレス発散と適度な運動
溜まったストレスには、趣味や運動などでこまめにガス抜きを。映画やカラオケなどなんでもいいので自分なりのストレス発散方をみつけましょう。適度な運動は、血行の流れを高めて頭皮への栄養供給をスムーズにしてくれるのでおすすめです。

頭皮ケアを取り入れる
頭皮が荒れた状態だと髪が育ちません。育毛剤などで頭皮ケアを取り入れるのも薄毛対策に有効です。育毛剤を塗布する際は血行を高める頭皮マッサージも併せて行うと、細胞まで栄養を行き渡らせることができます。

薄毛と遺伝の関係 まとめ

薄毛と遺伝の関係、押さえておきたいポイントは下記の5つです。

・薄毛には2つの遺伝子が関係して、母親・両親からそれぞれ受け継ぐ
・5αリダクターゼをつくりやすい遺伝子、活性化させる遺伝子がある
・薄毛が遺伝する確率は25%
・遺伝子の検査方法は病院・自宅(検査キット)の2種類ある
・食事や生活習慣も薄毛に影響する

薄毛の遺伝子をもっていたとしても必ずしも薄毛になるとは限りません。受け継ぐのは“薄毛になりやすい体質”です。

薄毛になるかもと落ち込むよりも、普段から規則正しい生活や食事を心がけ予防を徹底するほうが現実的。育毛剤での頭皮ケアなども取り入れて薄毛の予防・改善を目指しましょう!

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?