育毛グッズで生える?薄毛対策に使える育毛グッズとは

薄毛対策と言えば、まず真っ先に育毛剤を使うことを想像する方が多いのではないでしょうか。薄毛のケア方法には育毛剤やAGA治療薬以外にも、セルフケアできる育毛グッズというものがあります。

育毛グッズにはコスパがよく、始めやすいという特徴があります。どんな育毛グッズがあるのか、そしてどのような効果が得られるのか調査しました。

育毛グッズって?育毛剤や薬以外のアイテムとは

薄毛対策に使われるアイテムとして有名なのが育毛剤、発毛剤です。育毛剤、発毛剤、AGA治療薬は毎月購入しなくてはならず、副作用が起こる可能性もあります。それに対し、育毛グッズは副作用を気にせず手軽に使用でき、一度購入すると何回も使えるのが特徴です。

薄毛対策にはAGAクリニックに通院して投薬治療を受けたり、HARG療法などの特殊な治療を受けたりする方法もあります。クリニックでの治療に対し、育毛グッズは、育毛剤や発毛剤のようにホームケアするためのアイテムです。自分のペースで使うものなので通院する必要がなく誰にもばれずケアできるのが特徴です。育毛グッズは忙しくてクリニックに行けない人はもちろん、育毛剤や発毛剤の副作用のリスクがきになる人にとっても便利なアイテムなのです。

育毛グッズって何?

育毛グッズとは、自分で育毛ケアするアイテムのことを指します。一度購入したら何回も使うことができるアイテムが多いのが特徴です。そして、初めて薄毛対策をするという人にとってハードルが低いアイテムでもあります。

育毛剤や発毛剤、AGA治療薬は副作用が起こる可能性があります。また、クリニックに定期的に通ったり専門的な治療を受けたりすると毎月高額な費用がかかります。それに対し、ドラッグストアでも購入できるような育毛グッズは、購入したその日から自宅で始められるという手軽さがあります。

育毛剤やAGA治療薬は継続使用が必要で、かつ消耗品なので毎月買わなくてはなりません。一方、ブラシなどに代表される育毛グッズは長持ちさせればずっと使えます。育毛グッズは使い方を工夫すれば費用を掛けずに育毛できる便利なアイテムなのです。

グッズでできる育毛ケアとは

育毛グッズではセルフケアで育毛する方法ですが、薄毛の原因を解決することで抜け毛を防ぐことができます。育毛剤や発毛剤では、男性ホルモンを抑えたり、髪に必要な栄養を取り入れるたりできます。

一方の育毛グッズは、薄毛の原因にアプローチして抜け毛を防いだり薄毛の進行を遅れさせたりするために使います。育毛するうえで、基本となるケアができるのが育毛グッズの特徴なのです。育毛においては、頭皮環境を整えたり毛根付近の血流をよくしたりすることが必要です。

育毛グッズでは頭皮の皮脂分泌の調整し清潔な頭皮環境にしたり、マッサージ効果で血行をよくしたりすることで育毛します。ただし、育毛剤や発毛剤でも同様ですが、育毛グッズも数日使っただけでは変化が起こりません。効果を実感したいなら、数か月間継続しましょう。

薄毛予防のための育毛グッズ

育毛グッズには、薄毛を予防するためのアイテムと薄毛を隠すためのアイテムがあります。まだ、薄毛になっておらず予防したい人、抜け毛が気になってきたので対策を始めたい人には、予防のための育毛グッズがおすすめです。

まずは、薄毛の予防に使える育毛グッズをご紹介します。

ブラシで育毛するグッズ

ブラシも育毛グッズとして使うことができます。ブラシを使うときは、ただ髪を梳かすだけでは育毛ケアはできません。使い方としては、まず髪を洗う前に髪を梳かす方法があります。ブラッシングによって髪の絡まりをなくして洗髪時の余計な抜け毛を減らせます。

さらに、ほこりやフケなどの汚れを取り去り頭皮を清潔にします。以前ブラシで頭をトントンと叩く方法がブームになったことがあります。ブラシで叩く方法は、頭皮を刺激し抜け毛を増やしたり、地肌を傷つけたりする可能性があるのでおすすめできません。

レーザーで育毛するグッズ

AGAクリニックの治療でも用いられているレーザー治療を、一般の人が自宅で使える育毛グッズがあります。レーザーでは、10分程度頭皮に低出力レーザーを照射することでマッサージ効果を得る育毛グッズです。レーザーを使うと、遠赤外線効果により頭部の血行が促進されます。また、細胞の新陳代謝を活発にする作用や、毛包部分を刺激することによって発毛を促します。

育毛のための低出力レーザーの使用は、日本皮膚科学会にて、A~Dの評価うち、「行うよう勧められる」推奨度Bの評価がされています。

ホームケアできるレーザーは、通院してレーザー治療を受けるのが面倒な人におすすめです。
また、性能がいいものは、電化製品のように10年以上使用できるので、長い目で見てコスパがいいのも特徴です。

 

お風呂で使う育毛グッズ

お風呂で使う育毛グッズとしては、洗浄ブラシが有名です。ドラッグストアでも安価に購入できる洗浄ブラシは、シャンプー剤を塗布した後に泡立てながら使うアイテムです。毛穴の汚れを掻き出したり、マッサージ効果で血行促進したりすることで育毛効果が期待できます。

また、シャワーキャップのように使う育毛キャップもあります。育毛キャップは、お風呂に入りながら使うことで、保温効果で毛穴を開かせるアイテムです。毛穴が開くと、毛穴につまった角栓や皮脂汚れが浮き上がり、その後洗浄することで頭皮を清潔に保てます。

特に、頭皮のクレンジング剤を塗布した後に使うと、より毛穴の洗浄効果が期待できます。 育毛キャップの場合、かぶるだけでいいので手間を掛けたくない人におすすめです。

薄毛を隠すための育毛グッズ

育毛グッズには、頭皮環境を改善したり血行を促進したりして抜け毛を防いだり育毛するものがあります。しかし、薄毛が進行してしまい、育毛グッズでは対策できない状態になってしまうこともあるでしょう。薄毛が進行し隠すことに力を入れたい人のために、薄毛を目立たなくさせる育毛グッズも存在します。

薄毛を隠すための育毛グッズには、大きく分けてカツラの装着と増毛用のアイテムがあります。
それぞれ特徴や使い方が異なるので、自分にとって使いやすいものを選ぶといいでしょう。

カツラやウィッグで薄毛対策

薄毛を隠すのに最もポピュラーな方法とも言えるカツラ、ウィッグも育毛グッズに該当します。カツラ・ウィッグは自分でインターネット通販や店頭で購入するか、発毛サロンや専門店で相談しながら作る方法があります。

カツラ・ウィッグは粘着テープや糊を使って地肌に貼り付ける方法か、専門店で髪に編み込んでもらう装着方法があります。装着方法によってメンテンス方法や日常で使えるシーンなども異なります。

カツラやウィッグは、値段に幅あることも特徴的です。安く済ませようと思えば、インターネット通販で、数千円ほどで購入できますが、オーダーメイドだと数十万円かかることがあります。

 

増毛アイテムで薄毛対策

増毛という手もあります。増毛は、もとからある髪に人工・もしくは天然の毛を結着けてボリュームを多く見せる方法です。増毛は専門店でプロの手で施術してもらうのが一般的です。しかし、自分で簡易な増毛ができる増毛パウダーという便利な育毛グッズもあります。

増毛パウダーは、頭部に塗布することで繊維を髪に付着させることができます。まつ毛を長く見せるためのマスカラのように、毛に繊維をつけて太く長く見せることができるのです。

ただし、繊維をつけているだけなので、洗髪したら落ちてしまいます。増毛パウダーを使った増毛は、時と場合によって使い分ける必要があるのです。

まとめ

・育毛グッズは、自分で育毛する、ホームケアできるアイテムである
・AGAクリニックに通院するのとは違い、忙しくても育毛できる
・育毛グッズは使い方次第で費用を抑えることができる
・育毛グッズには、薄毛予防用と、薄毛を隠すためのアイテムがある
・育毛グッズには、ブラシ、レーザー、キャップなどがある

薄毛対策や育毛の方法はたくさん存在します。その中でも育毛グッズは、家で手軽にでき、自分のペースでケアできるという特徴があります。また、副作用の心配が少ないうえコスパがよく、初めてでも使いやすいアイテムでもあるのです。AGAクリニックでの通院が難しい場合や育毛剤・発毛剤の副作用が怖いなら、育毛グッズに頼ってみて
はいかがでしょうか。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?