食生活が乱れている人必読!プロテインで育毛できる理由

筋トレのために使われるプロテイン。実はこのプロテイン、育毛においても非常に効果的な役割を果たします。特に日々の食事の中でたんぱく質が不足している人は、プロテインを摂取することで、育毛効果が期待できるでしょう。今回は育毛に効果を発揮するプロテインの魅力を紹介していきます。

プロテインって何?

プロテインの名前を知らない人はほとんどいないはず。プロテインのイメージとしてはボディビルダーの人が筋肉をつけるために飲んでいるといったものでしょうか。ただ、実際のところ、プロテインはどのような働きを持つ商品なのでしょうか?

プロテインはたんぱく質に特化したサプリメントです。体が必要とするたんぱく質を効率的に摂取するために開発されたサプリメントがプロテインです。人間の体を構成する栄養素の中でもっとも重要性が高いと言われるのが、たんぱく質。たんぱく質は人間の体の臓器・血液・骨・髪の毛を作るのに欠かせない栄養素です。

1日に摂取すべきたんぱく質の量は体重1kg当たり2gと言われています。もし、体重70kgの人が必要なたんぱく質を食事から摂取するなら、ステーキ700gもしくは卵20個を食べる必要があります。この事実からも分かるようにたんぱく質を食事から摂取するというのは非常に大変です。

食事だけで必要なたんぱく質を摂取することが難しいため、効率的にたんぱく質を摂取する目的で開発されたのがプロテインです。

プロテインに育毛効果があるってホント?

筋トレ愛好者が使うプロテイン。ただ、このプロテイン、筋トレをする人だけにおすすめというわけではありません。薄毛に悩む人にも積極的におすすめできるのが、プロテインです。ここからはプロテインがなぜ薄毛に悩む人におすすめなのか、その理由に迫っていきます。

押さえておきたい髪の毛とたんぱく質の関係とは?

プロテインの育毛効果について見ていく前に、まず髪の毛とたんぱく質の関係について見ていきましょう。髪の毛はケラチンという物質によって作られています。そして、ケラチンを構成するのが、18種類のアミノ酸。もともと、たんぱく質はアミノ酸の集合体です。たんぱく質が体の中で分解されることでアミノ酸に変化します。そのため、たんぱく質は髪の毛を作るのに欠かせない栄養素です。

プロテインはたんぱく質不足による薄毛に効果あり!

髪の毛の原材料になるケラチンのもとになるのがアミノ酸。そして、アミノ酸のもとになるのがたんぱく質です。そのため、たんぱく質が体内で不足してしまうと、ケラチンの生成が進まなくなり、一気に薄毛が進行してしまう可能性があります。このようなたんぱく質不足が原因となる薄毛を防ぐことを考えた場合、プロテインを摂取することが非常に有効です。

このような理由から、プロテインを摂取するのは育毛に効果的であると言われるようになりました。

プロテインには種類があるってホント?

プロテインと一言で言いますが、実際には3つの種類があります。それがホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインです。この3つのプロテインにはそれぞれ違った特徴があります。ここからはそれぞれのプロテインの違いについて見ていきましょう。

ホエイプロテイン

まず、紹介するのがホエイプロテインです。「ホエイ」というのはたんぱく質の一種です。ヨーグルトを食べた時に上澄み液が出ることがありますが、あの上澄み液にたくさん含まれているたんぱく質がホエイです。こちらのホエイにはBCAAと総称されるロイシン・イソロイシン・バリンという3つのアミノ酸が豊富に含まれています。体への吸収も早いという特徴があり、3つのプロテインの中では最も価格が高いプロテインです。

カゼインプロテイン

次に紹介するのがカゼインプロテイン。「カゼイン」は牛乳の80%以上を構成するたんぱく質です。このカゼインは、グルタミン酸というアミノ酸を豊富に含んでいます。満腹感を得ることができるという特徴があるため、ダイエットの際に用いるのにもおすすめのプロテインです。

ソイプロテイン

最後に紹介するのがソイプロテインです。「ソイ」というのは大豆のこと。他の2つのプロテインが乳製品から作られているのに対して、ソイプロテインは大豆から作られたプロテインです。ソイプロテインの特徴としては、大豆から作られているため、イソフラボンが豊富に含まれていることが挙げられます。また、アルギニンというアミノ酸もたくさん含まれているという特徴もあります。ちなみに、他のプロテインと比較すると、ソイプロテインは粉っぽくなってしまい飲みにくいという特徴があります。そのため、ぬるま湯で溶かすなどして、飲みやすくする工夫が必要です。

育毛効果を引き出すプロテインの飲み方とは?

プロテインの飲み方についてはインターネットなどにたくさんの情報があります。しかし、注意したいのは、これらの情報はあくまでも筋トレを目的とする人を対象としているということ。そのため、育毛目的でプロテインを飲むのであれば、飲むタイミングは筋トレ目的の人とは異なることを押さえておきましょう。

育毛効果を最大限引き出すためのプロテインを飲むタイミング、それは就寝前。髪の毛の原料となるケラチンの生成を促す働きを持つ成長ホルモンの分泌は、寝ている時間に最も活発になります。したがって、就寝前にプロテインを飲んでおき、ケラチンの材料となるアミノ酸を補給しておくというのは大切なポイントです。

 

なぜ、プロテインで薄毛が進行してしまう人がいるのか

さて、ここまでプロテインは育毛に効果的であると紹介してきました。ただ、使い方を間違えると、プロテインが薄毛を進行させる原因になってしまう場合があります。ここからはプロテインが薄毛を進行させるケースについて紹介します。


筋トレでDHTが増加してしまった

最初に述べたようにプロテインを育毛の目的で飲む人は少ないです。プロテインを飲んでいる大部分の人は、筋肉をつけたいという目的でプロテインを飲んでいます。しかし、筋肉をつけるために行う筋トレ、この筋トレには薄毛を進行させる危険性があります。

筋トレが薄毛を進行させる理由、それは筋トレを行うことによって体内でテストステロンの分泌量が増加するため。男性の薄毛症状の代表であるAGA。このAGAはテストステロンがDHTという物質に変化し、DHTが髪の毛を作る細胞の働きを阻害することによって発生します。したがって、筋トレでテストステロンの分泌を促すことは、AGAによる薄毛をより進行させてしまう可能性があります。

プロテインの過剰摂取で消化器官に負荷がかかった

プロテインを飲んで薄毛が進行した場合、過剰摂取の可能性も考えられます。プロテインを決められている量だけ摂取するのであれば、まったく問題はありません。ただ、プロテインを決められた量を超えて摂取してしまった場合、肝臓がダメージを受けてしまいます。肝臓は体の中で食べ物を分解して栄養素を作り出す器官です。肝臓がダメージを受けてしまうと、栄養素の生成がうまくいかなくなり、髪の毛を作るために必要な栄養素が不足してしまいます。このようなプロテインの過剰摂取が原因で薄毛が進行する危険性は十分に考えられます。

育毛を目指すあなたが選ぶべきプロテインの特徴はこれだ!

育毛を目指してプロテインを飲むのであれば、どのプロテインを飲むかもしっかりと選ぶ必要があります。ここからは育毛を目指す人におすすめしたいプロテインの特徴についてご紹介します。

育毛を目指すならソイプロテインを選ぼう

さきほど、プロテインにはホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインの3種類があるとお伝えしました。この3種類の中で育毛のためにプロテインを飲むのであれば、選ぶべきはソイプロテインです。

育毛を目指す人がソイプロテインを選ぶべき理由、それはソイプロテインの原料となる大豆に優れた育毛効果があるためです。大豆が、育毛効果が高いと言われている理由、それは次の2つの栄養素を豊富に含んでいるためです。

●イソフラボン
●リジン

イソフラボンには、体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするという特徴があります。したがって、イソフラボンを摂取することで、薄毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑える効果が期待できます。

また、イソフラボンにはCGRPという物質を増やす力も備わっています。CGRPは体内においてIGF-1という物質を増加させる働きを持っています。IGF-1は髪の毛の毛根部分における炎症を防いだり、髪の毛の成長のサイクルを正常に戻す力を持っています。したがって、イソフラボンを摂取することで、育毛を促進する効果が期待できます。

また、大豆にはリジンというアミノ酸も豊富に含まれています。リジンもケラチンを生成する際に必要になるアミノ酸の一つです。ただ、リジンにはケラチンの原料になる以外にも育毛において大切な役割を果たしています。それがAGA治療薬の効果を高めるという働きです。リジンとミノキシジル・プロペシアなどのAGA治療薬を併用すると、AGA治療薬の効果が高まると言われています。そのため、AGA治療薬で育毛に取り組んでいる人にも、ぜひ積極的に摂取してもらいたい栄養素です。

育毛を目指すならビタミンやミネラルが入っているものを選ぼう

プロテインの中にはたんぱく質だけでなく、ビタミン、ミネラルも組み合わせて配合しているものもあります。特に育毛を目指すなら、チェックしたいのがビタミンB2、B6と鉄分。ビタミンB2、B6には体内に吸収されることで皮脂の過剰分泌を抑える力があることが分かっています。頭皮で皮脂が大量に分泌されてしまうと、皮脂をエサにする雑菌が増えてしまい、炎症を引き起こす原因になります。これを防いでくれる力がビタミンB2、B6にはあります。

また、ミネラルの一種である鉄分には体内の血行をスムーズにする力があります。体内の血行がスムーズになることで、髪の毛を作る細胞にも豊富な栄養素が届くようになります。

このようにビタミンやミネラルは、育毛を意識した場合、積極的に摂取していきたい栄養素になります。したがって、プロテインを選ぶなら、ソイプロテインでビタミンや鉄分を豊富に配合しているものを選ぶのが良いでしょう。

プロテインで育毛を目指すなら、絶対に押さえておきたい注意点

ここまで読んできたあなた。今日からでもプロテインを飲んで育毛対策をスタートしたいと考えているかもしれません。ただ、そんなあなたにいくつか注意点をお伝えしておきます。プロテインを飲んで髪を生やしたいなら、まずこの注意点をしっかりと押さえておくようにしましょう。

プロテインを飲んでも髪の成長スピードは変わらない

プロテインは育毛に効果的な栄養素が配合されているのは間違いありません。ただ、ミノキシジルなどのAGA治療薬と違って、髪の毛の成長を促進するといった力はありません。あくまでもプロテインで期待できるのは髪の毛を生成するのに必要な栄養素を補給するという役割になります。したがって、プロテインを飲んだからといってすごいスピードで髪の毛が生えてくるといった期待をするのはやめましょう。

プロテインだけで育毛を目指すのは無理

男性の薄毛はAGA、頭皮環境の悪化、血行不良といったさまざまな原因で引き起こされます。プロテインは、これらの原因を多少改善する効果はあるかもしれません。ただ、その効果は微々たるもの。したがって、本気で育毛に取り組むなら、プロテインと合わせて育毛剤やAGA治療薬を用いる必要があります。薄毛治療のメインはあくまでも育毛剤やAGA治療薬。これらに加えて、育毛に必要な栄養素を補う目的でプロテインを使うというのが、最も理想的な育毛対策の進め方になるでしょう。

まとめ

プロテインを飲むことは育毛に必要なたんぱく質の不足を防ぐのには非常に効果的です。そして、プロテインの育毛効果を最大限に引き出すために意識したいポイントは次の3つです。

●ソイプロテインを飲む
●寝る前のタイミングで飲む
●ビタミン・ミネラルも配合されたものを選ぶ

また、プロテインを飲んで筋トレをすることや、プロテインの過剰摂取は薄毛を進行させる恐れがあるので、注意しましょう。これらのポイントを押さえて、プロテインを育毛対策に取り入れれば、育毛促進に一役買ってくれるでしょう。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?