発毛剤(医薬品)と育毛剤(医薬部外品)の違いは?選び方のコツ

育毛剤のパッケージにある「医薬品」や「医薬部外品」という表記。響きは似ていますが、じつは配合成分や使用目的が異なります。育毛剤は自分の頭皮に合った製品を選ぶことが重要。しかし、その違いが分からなければ、自分に適したものを選ぶことは難しくなります。

そこで、今回は育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いについて解説。製品選びのコツを紹介したいと思います!


医薬品と医薬部外品の違いとは?

育毛剤は配合される成分や効能によって「医薬品」と「医薬部外品」に分けられています。なぜそのように表記されるのか、具体的な違いをみていきましょう。

効果・目的により薬機法で分類されている

育毛剤に表記されている医薬品・医薬部外品は薬機法によって区分されています。具体的な違いは以下のとおりです。

「医薬品」

医薬品とは主に病気の診断・治療・予防を目的とした薬です。厚生労働省から「配合されている有効成分」の効果が認められたもののみ、医薬品と呼ばれます。

医薬品は「薬用医薬品」と「一般医薬品」に分類されており、「薬用医薬品」は病院での医師の診察が必要。一般医薬品は1種、2種、3種とがあり、1種の薬は薬剤師の説明が義務づけられているため、薬剤師がいるところではないと購入することが出来ません。2種や3種は薬剤師でなくても登録販売者のいるところで購入することが可能です。

「医薬部外品」

医薬部外品とは、厚生労働省に認められた「効果・効能」に有効な成分が一定濃度で配合されているも製品のことです。医薬品よりも作用が緩やかで、肌荒れやニキビの防止・殺菌など「防止・衛生・予防」を目的に作られています。

発毛剤・育毛剤・養毛剤に分類される

育毛剤も医薬品と医薬部外品の区分があり、商品ごとに「発毛剤」や「育毛剤」と呼び分けられています。響きは似て言いますが成分や使用目的が異なるため、しっかりと違いを把握しておきましょう!


「発毛剤」

発毛剤は医薬品に分類されます。期待できる効果は発毛・育毛・抜け毛予防の3つ。主に髪が抜けてしまった後「新たな髪を生やす」ことを目的としています。

ちなみに日本で発毛剤として認められているのは、日本皮膚科学会が正式に認定した「フィナステリド」と「ミノキシジル」の2つだけ。 ミノキシジルは、頭頂部あたりから薄毛が目立ちはじめる「O型タイプ」に効果が。フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)に 有効だとされています。

「育毛剤」

育毛剤は「医薬部外品」に分類されます。期待できる効果は「抜け毛の予防や育毛・発毛促進」など。「頭皮環境を整える」「抜け毛の予防」を目的につくられています。

医薬品である発毛剤とは違い、発毛効果は認められていません。効果が緩やかな分、副作用の心配がほとんどないのがメリット。ドラッグストアやスーパーなどでも気軽に購入できます。

一見、区別が難しい育毛剤と発毛剤ですが「毛を生やす」のが発毛剤、「毛を育てる」のが育毛剤と覚えるとわかりやすいです。

効果的な育毛剤の選び方

育毛・発毛効果を実感しやすくするためには、状況に合った手入れをすることが重要。ここからは適切な育毛剤の選び方を紹介します。

症状に合った製品を選ぶことが大切

育毛剤は医薬品・医薬部外品がありますが、どちらが適切かは使用目的や症状によって変わります。
薄毛はそこまで目立たないが抜け毛が気になるというひとなら、抜け毛予防や育毛効果が期待できる「育毛剤」がおすすめ。頭皮の乾燥や肌荒れが気になるという場合も、保湿成分や抗菌成分が配合された育毛剤が適しています。

すでに薄毛が進行してしまっている場合は、発毛を目的とした「発毛剤」を選びましょう。

女性・男性におすすめの育毛剤

また薄毛の症状は男女で異なるため、育毛剤の選び方も違います。男性の場合、脱毛を促すホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が引きこすAGA(男性型脱毛症)がほとんど。DHTの分泌を促す5αリダクターゼという酵素を抑える成分(フィナステリドなど)が入った製品を選ぶといいでしょう。

ミノキシジルは本来、高血圧症の治療薬です。かゆみ・かぶれ・フケ・赤くなるなどの副作用がでる可能性があり、肌の弱い女性にはミノキシジル濃度が高い育毛剤はおすすめしません。また、妊娠、授乳中の女性への投与も禁止されています。

フィナステリドも未成年や女性への投与は禁止。とくに妊娠している女性に関しては、男性胎児への性欲器官等の正常な発育に影響がでるとされ、薬剤に触れることも避けるべきだとされています。

女性の薄毛は血行不良などによる頭皮環境の悪化、ホルモンバランスの崩れが主な原因。
頭皮を整える成分が入った育毛剤や、ホルモンバランスをサポートする成分が入った製品を選ぶといいでしょう。男性よりも肌が過敏で乾燥しやすい女性の頭皮には、植物由来成分を中心に構成された女性用育毛剤がおすすめです。

おすすめの育毛剤(医薬品)ランキング

「リアップ」

日本の発毛剤で唯一ミノキシジルが配合された製品です。ミノキシジルに血管拡張作用があり、頭頂部が薄くなる薄毛に有効だとされています。大正製薬による日本国内での臨床試験では、1年間の使用で98%の患者に発毛が見られたというデータも。

リアップシリーズにはミノキシジル濃度が1%のリアップと、5%のリアップX5があります。リアップの利点は何と言っても、国内製品というところ。薬剤師との相談が必要になりますが、ドラックストアなどでも購入が可能。他のミノキシジル発毛剤とくらべ入手しやすいというのもメリットのひとつです。

 

「プロペシア」

プロペシアはフィナステリドが配合された発毛剤の製品名です。

プロペシアは、前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として使用されるための薬。AGA(男性型脱毛症)の原因のひとつといわれる、DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する作用があり、生え際から薄くなる薄毛に効果があるとされています。

入手には医師の処方箋が必要。薄毛治療の専門病院などで購入できます。保険適応外ですので、診察料や薬代も全額負担になるため少々割高にはなります。しかし、医師の的確な診断とアフターフォローが受けられるというメリットも。本格的なAGA治療がしたい!という方におすすめです。

「ロゲイン」

ロゲインは世界初のミノキシジル発毛剤。アメリカのマクニール社が販売しています。ミノキシジル濃度でいうと、濃度5%の「リアップX5」に相当する製品です。

入手はネットでの個人輸入になりますが、日本のリアップよりも価格が安いのがメリット。1本あたり約3,000円なので、リアップの約半額の価格で入手できます。ただし、個人輸入には危険が潜んでいるので注意が必要です。有効成分が配合されていない偽薬が出回っている場合もあるので、取引先は慎重に選びましょう。

まとめ

育毛剤に表記される「医薬品」と「医薬部外品」の違いをまとめると、以下の4つになります。

・育毛剤は医薬品と医薬部外品に分類されている
・医薬品(発毛剤)は「髪を生やす」ことを目的としている
・医薬部外品(育毛剤)は抜け毛の予防や育毛を目的としている
・育毛剤は症状や目的にあった製品選びをすることが大事!

医薬品と医薬部外品は、それぞれに違った目的と役割をもっています。薄毛の状況や目的で適切なものを選びましょう。

製品選びに迷ったら、頭皮や髪への刺激が少なく比較的安価な育毛剤から試してみるのもおすすめです。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?