育毛に女性ホルモンが良い?育毛と女性ホルモンの関係とは

薄毛や抜け毛は年齢や生活習慣などの影響により進行してしまうものですが、育毛を続けながら自分に自信が持てるようになりたいです。育毛に効果的な方法はたくさん開発されていますが、その中でも育毛に良いとされている女性ホルモンにはどのように働きかけてくれるのか解説します。

髪の毛と女性ホルモンの関係とは

育毛に女性ホルモンが良いという本題に入る前に、髪の毛と女性ホルモンの関係を見てみましょう。

女性ホルモンについて

私たちの体内ではさまざまな種類のホルモンが分泌されており、男性ホルモンと女性ホルモンとに分けることができます。女性ホルモンは脳からの指令で分泌されるものであり、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つがあります。
エストロゲンは女性らしい体を作ってくれるホルモンです。お肌や髪の毛に潤いを与え、女性の体を健康に保つ役割を持っています。一方のプロゲステロンについては、妊娠する際に必要となるホルモンになります。子宮内膜を育てたり乳腺を発達させたりといったように、妊娠するための体つくりをしてくれるホルモンなのです。
女性ホルモンはこのように2種類がそれぞれの役割をこなしながら、体をより女性らしく保ってくれています。

女性ホルモンと髪の毛の関係

2種類の女性ホルモンがそれぞれ働いてくれているおかげで、女性らしい体を維持できます。その女性ホルモンは、髪の毛とも深い関係があるのです。女性ホルモンの中でもエストロゲンが髪の毛の成長に大きく関わっています。
エストロゲンは年齢と共に減少していってしまいます。そのため、女性でも40歳を超えると薄毛や抜け毛の症状を感じる場合があります。女性の場合は更年期障害もやってくる恐れがあるので、これに関してもホルモンの減少や乱れが影響しています。
女性ホルモンの中でもエストロゲンの分泌が減ることで、髪の毛の悩みも感じやすくなるため、対策を取っていく必要があるのです。

女性ホルモンは育毛の効果がある?

髪の毛の成長に深く関わっている女性ホルモン、より多く分泌することができれば育毛の効果も期待できるのでしょうか?

女性ホルモンは育毛に効果アリ

女性ホルモンは、育毛に効果があると期待されています。髪の毛の成長を促すだけでなく、成長期間を長くキープしたり血流改善や免疫力の強化など、さまざまな働きを持っているのが特徴的です。女性ホルモンの働きでヘアサイクルが整うことで髪の毛が成長する期間をしっかり確保できるようになって、育毛に効果が期待できるのです。
反対に女性ホルモンの分泌が少ない状態では髪の毛が乾燥したり、うねるなどのトラブルが頻発するようになり、髪の毛1本1本がどんどん弱っていってしまいます。その結果、髪の毛のボリュームが減り、抜け毛が増えたと感じるようになるのです。
女性ホルモンは育毛に効果がある反面、分泌が少なくなると顕著に髪の毛に不調が現れるという関係があることを理解しておきましょう。

男女両方の薄毛に女性ホルモンは効くの?

薄毛や抜け毛の症状は、男女共に現れるものです。男性の体にも女性と同じように女性ホルモンは存在していますが、分泌量は女性の方が多くなっています。そのため、体つきや毛深さなどが男女で異なるわけですが、髪の毛の悩みに良いとされている女性ホルモンは男性にも効果を発揮してくれるのでしょうか?
結論から述べると、男性の薄毛の症状には女性ほどの効果は期待できないでしょう。これは、男女で薄毛の原因が異なるからです。女性の場合は女性ホルモンの減少が大きな要因となるため、それを補うことで髪の毛の悩みから開放されますが、男性は違います。
男性の薄毛の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)や、遺伝、ストレスや生活習慣などが挙げられます。この中でジヒドロテストステロンというホルモンによって薄毛の症状が現れている場合、女性ホルモンを積極的に摂取して分泌させるようにしても効果が期待できないのです。
このように、男性と女性とでは薄毛の原因が異なる部分があるため、育毛のために女性ホルモンを補うようにしても男女で同じような効果は得にくいのです。

女性ホルモンをより分泌させて育毛を実感するには

男女で女性ホルモンの効果の感じ方には違いがあるものの、女性の薄毛に関して女性ホルモンが有効なのは事実と言えます。そこで、女性ホルモンをより分泌させて育毛を実感するために、どんなことに気をつけながら過ごせば良いのか説明しましょう。

日々の生活習慣に気を付けよう

女性ホルモンの分泌をより活発にするためには、日々の生活習慣に注意しないといけません。夜更かししがち、朝はゆっくり寝ている、いつも寝る時間や食事の時間がバラバラといった生活を続けていると、髪の毛も思うように成長してくれません。
また、夜遅くにスナック菓子など脂っこいものをよく食べる、野菜はあまり好きじゃないから食べないといった食生活の乱れが生じると栄養不足状態に陥り、髪の毛は成長できなくなります。
暴飲暴食を避けて、不規則な生活を避けるだけでも女性ホルモンをしっかり分泌することができて、自然と育毛につながるのです。髪の毛の悩みを抱え始めたという人は、一度今の生活習慣を見直してみましょう。不規則な生活習慣を送っているとわかった時点で改善をすることで、女性ホルモンの分泌を促して髪の毛を健康的に変えていくことが可能となります。

大豆製品を意識して食べよう

育毛に女性ホルモンが良いという点から、女性ホルモンをどのように分泌していけば良いのかという点が重要となります。不規則な生活は育毛にはNGで、特に食事の面にも注意すべきことがたくさんあります。
その中でも日頃から積極的に食べてもらいたいのが、大豆製品です。大豆製品といえば、豆腐や味噌、納豆など私たち日本人にとってはどれも身近な存在となっています。その身近な大豆製品には、イソフラボンが豊富に含まれています。イソフラボンには女性ホルモンの中でもエストロゲンと同じ働きをすることが明らかになっており、意識して摂取すると育毛効果が期待できるのです。
大豆製品は湯葉や豆乳、醤油、厚揚げ、油揚げ、おからと、和食のメニューを考える時に登場する機会が多い食品です。よって、日本人にとっては使いやすい食品といえるので、毎日の食事の中でしっかり摂取していきましょう。
育毛には大豆製品以外にもバナナやさつまいも、マグロやカツオなどもおすすめ食品です。エストロゲンの代謝を促進する働きがあるビタミンB6が、豊富に含まれているからです。また、ナッツ類に含まれるビタミンEも女性ホルモンの分泌を促進する栄養素となるので、間食や食事にぜひ活用してみてください。

質の良い睡眠も育毛には必要不可欠

育毛のために女性ホルモンを分泌するには、質の良い睡眠も欠かせません。睡眠不足の状態だと頭がすっきりせず、何にもやる気が出なくなってしまいます。この睡眠不足は、女性ホルモンの分泌量を減らしてしまう恐れもあるので要注意です。

私たちの体は、眠っている間に成長ホルモンを分泌しています。この成長ホルモンは髪の毛の成長にも関係しており、分泌が行われないと頭皮や髪の毛のトラブルを招くのです。特に、ゴールデンタイムと呼ばれる夜10時~2時の間には深い眠りについておきたいです。成長ホルモンが一番活発に分泌されるのがこの時間帯になるので、しっかり眠っておくことでよりたくさんの成長ホルモンを分泌できるようになるのです。
質の良い睡眠に導くには、明るい時間帯の過ごし方も大切です。朝起きたら一番に朝日を浴びる、生活リズムを整えるなどを意識することで、夜には自然と眠気がやってきて早めに寝付くことができます。夜寝る前のスマホやパソコンもやめることで、より早く寝付くこともできるので、夜の過ごし方にも注意しておきたいですね。

適度な運動も薄毛改善につながる

日頃なかなか運動をする時間がなくて運動不足だという人も多いことでしょう。運動不足は肥満や足腰が弱くなるだけでなく、育毛においても悪循環を招いてしまいます。そこで、積極的に体を動かして運動不足を解消していきましょう。
運動が育毛に大事なのは、適度に体を動かすことで自然と眠気がやってきて、夜にすんなりと眠りにつけるようになるからです。ここから、睡眠の質を高めることができます。
そして、運動を行なうことで冷えが改善されて自律神経のバランスが整うので、結果的に女性ホルモンの分泌につながります。また、激しい運動よりはウォーキングやジョギング程度の有酸素運動がおすすめで、もっと手軽な運動がお好みなら自宅でできるヨガやストレッチも良いでしょう。
体を動かすと全身の血行が良くなり冷え性が改善されるだけでなく、心身共にリラックスすることも可能です。育毛には血流アップと睡眠が不可欠となっている中、適度な運動によって改善することができるのです。
育毛や健康のために運動をする際には、無理のない範囲で体を動かしましょう。体が痛くなるまで行うと続けられなくなりますし、体が冷えた状態で運動をすると筋肉に不調が起きる恐れもあるので要注意です。自分にとって適度に気持ちが良いと感じるくらいの運動に留めておくことで、継続も可能になります。

ストレスは最大の敵

ストレスはさまざまな病気を引き起こす存在であり、日頃から溜めないようにしたいです。しかし、ストレスは目に見えるものではないため、気づかないうちに溜め込んでしまっている場合もあります。
このストレスは女性ホルモンや自律神経のバランスを崩すので、育毛ができなくなってしまいます。ささいなストレスであっても体には大きなダメージとなっていることがあり、適度に発散しておく必要があるのです。
そこで日々、自分がどんなことでストレスを溜めがちなのかを考えてみましょう。家事や育児、仕事など、人によってストレスを感じるときは異なります。ストレスを溜めたまま生活していると、心身共に疲れきってしまい周りにも迷惑をかけることになるので、適度に発散していきましょう。
ストレスの発散法は人それぞれ違います。自分にとってスッキリすること、楽しいと思えることを思いっきりやってみましょう。カラオケで歌う、買い物をする、美味しいものを食べる、友達とおしゃべりするなど、好きなことに没頭してみましょう。
また、笑うとストレス解消に良いとされているので、生活の中で笑う機会を増やすのもおすすめです。笑うとストレスが発散されるだけでなく免疫力アップにもつながるので、ぜひたくさん笑いましょう。

まとめ

・髪の毛と女性ホルモンには深い関係があり、ホルモンの分泌量が減ると髪の毛が抜けたり、薄毛の症状に悩まされることになる。
・女性ホルモンをしっかり分泌していくと、髪の毛が成長して、血流改善や免疫力アップも期待できる。
・女性ホルモンが育毛に効果を発揮してくれるのは、主に女性。男性の場合は薄毛の原因が違うため、大きな効果は期待できない。
・女性ホルモンの分泌を促して育毛するために、大豆製品の摂取や質の良い睡眠、適度な運動やストレス発散などの生活面にも気をつけて過ごすようにしたい。

育毛の鍵を握る女性ホルモン、年齢と共に減少していくため対策を取るようにしましょう。そして、薄毛や抜け毛などの症状から開放されて、自分に自信を持って過ごせるようになると良いですね。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?