薄毛の女性必読!知っておきたい女性のための4つの薄毛治療

薄毛が気になり始めたあなた。放っておくと、髪の毛がスカスカになって、頭皮が目立ってきたなんてことにもなりかねませんよ。ただ、薄毛対策と言っても、どのように進めていいか分からない人も多いと思います。

そんな薄毛対策に悩むあなたのために、今回の記事ではまず女性の薄毛の原因について説明します。その後、どのような薄毛治療法があるのかについても説明します。薄毛に悩む女性は必読ですよ。

女性の代表的な脱毛症

薄毛と一言で言っても、女性の薄毛にはさまざまなタイプがあります。具体的には次の6つのタイプに分類できます。

・びまん性脱毛症
・分娩後脱毛症
・脂漏性脱毛症
・ひこう性脱毛症
・円型脱毛症
・牽引性脱毛症

では、それぞれの薄毛症状について、その特徴と薄毛症状が引き起こされる原因を見ていきましょう。

びまん性脱毛症って?

代表的な女性の薄毛症状が、びまん性脱毛症。女性が薄毛になる場合、びまん性脱毛症が原因のケースが非常に多いです。では、さっそくびまん性脱毛症について見ていきましょう。

びまん性脱毛症の症状

「びまん」は「一面に広がる」という意味。これはびまん性脱毛症の薄毛の進行の仕方を表している言葉です。例えば、男性の薄毛症状の場合、頭頂部や生え際が集中的に薄毛になる特徴があります。

これに対して、びまん性脱毛症は特定の箇所に薄毛が集中するのではなく、全体的に髪の毛が薄くなっていくのが特徴です。 そのため、男性のようにハゲることはありません。しかし、髪の毛が細くなってしまい、頭皮が透けたり、髪の毛のボリュームが無くなるという症状が出ます。これがびまん性脱毛症です。

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症の原因は1つに絞れません。ただ、次の3つの原因でびまん性脱毛症が引き起こされるケースが多いと言われています。

・頭皮の炎症
・ホルモンバランスの乱れ
・ストレス

女性の場合、カラーリングやパーマをすることも多いはず。しかし、このカラーリングやパーマの際に使われる薬液は頭皮にとっては劇薬です。美容院でカラーリングやパーマを行っている場合は安心ですが、問題は自分でカラーリングやパーマを行うケース。自分でカラーリングやパーマを行うと、頭皮に薬液が付着して、炎症を引き起こすことが多くなります。頭皮に炎症が起こると、炎症箇所で髪の毛を作る細胞の働きが弱まるため、髪の毛が薄くなっていきます。

次にホルモンバランスの乱れについて。女性ホルモンの分泌量は20代後半をピークに減少し始めます。そして、40代に入ると、その減少スピードは激しくなります。女性ホルモンには髪の毛を育てる力が備わっており、その分泌が弱まることで、びまん性脱毛症が引き起こされることもあります。

最後にストレスの影響です。ストレスが溜まってくると、体は常に緊張している状態になります。その結果として、血管が収縮して、血液がスムーズに流れなくなります。これによって頭皮の血行が悪化すると、血液によって運ばれてくるはずの栄養素が髪の毛を作る細胞に届かなくなります。このような血行不良によって生じる栄養不足もびまん性脱毛症の原因です。

分娩後脱毛症って?

次に紹介する薄毛症状は、分娩後脱毛症です。分娩後脱毛症はその名の通り、出産後に起こる薄毛症状です。では、早速見ていきましょう。

分娩後脱毛症の症状

出産後2~3ヶ月経った頃、大量に髪の毛が抜ける症状を経験する女性がたくさんいます。この薄毛症状が分娩後脱毛症です。

分娩後脱毛症の原因

分娩後脱毛症の原因は、出産の前後で女性ホルモンのバランスが大きく崩れること。出産が間近に迫っている女性は、出産に適した体を作るため、女性ホルモンの分泌量が普段より増えます。先ほど述べましたが、女性ホルモンには髪の毛を育てる力があります。そのため、出産の前は髪の毛は女性ホルモンの影響で太くボリュームがある状態です。

ところが、出産後に大量に分泌されていた女性ホルモンが一気に減少します。この女性ホルモンの減少に引きずられるように、生えていた髪の毛の一部が抜け落ちることがあります。これが分娩後脱毛症の引き金になります。

ただ、分娩後脱毛症の症状は一時的なものです。抜け毛のピークの時期を過ぎると、自然に髪の毛は元通りになります。そのため、分娩後脱毛症については、そこまで心配する必要は無いでしょう。

脂漏性脱毛症って?

女性が経験する薄毛症状はびまん性脱毛症と分娩後脱毛症だけではありません。脂漏性脱毛症も、女性の薄毛症状として知られています。

脂漏性脱毛症の症状

脂漏性脱毛症は髪の毛が薄くなるのと同時に下記のような症状が出ます。

・頭皮がべたべたする
・頭皮にかゆみがある
・粘り気のあるフケがでる

このような症状がある場合、脂漏性脱毛症を疑いましょう。

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症の原因は皮脂の過剰分泌です。皮脂は頭皮に分泌されている脂で頭皮に潤いを与えたり、外敵が頭皮に侵入してくるのを防ぎます。しかし、皮脂には頭皮に生息する雑菌のエサになるという特徴もあります。そのため、頭皮に大量の皮脂が分泌されると、それをエサにする雑菌が大繁殖します。この雑菌の大繁殖によって頭皮の炎症が引き起こされ、それが薄毛症状を引き起こす原因になります。これが脂漏性脱毛症のメカニズムです。

ひこう性脱毛症って?

脂漏性脱毛症と共に語られることの多い女性の薄毛症状に、ひこう性脱毛症があります。こちらもしっかりと押さえておきましょう。

ひこう性脱毛症の症状

「ひこう」は米ぬかのこと。ひこう性脱毛症は、米ぬかのようなフケが大量に発生するという特徴があります。髪が薄くなるのと同時に粉っぽいフケが大量に発生した場合、ひこう性脱毛症を疑いましょう。

ちなみに、脂漏性脱毛症でもフケが大量に発生するという特徴があります。ただ、脂漏性脱毛症の場合はフケに粘り気があるのに対して、ひこう性脱毛症で発生するフケは粘り気がなくてさらさらしています。そのため、ぱさぱさしたフケが大量に発生しているようなら、ひこう性脱毛症の可能性が高いでしょう。

ひこう性脱毛症の原因

ひこう性脱毛症は女性ホルモンの乱れによって引き起こされます。女性ホルモンの乱れの影響で、頭皮が乾燥しやすくなると、頭皮の皮膚がぽろぽろ剥がれ落ちます。これによって、発生するのがひこう性脱毛症。また、過度なシャンプーで頭皮に潤いを与える皮脂を洗い流しすぎることも、ひこう性脱毛症を引き起こす原因になります。

円型脱毛症って?

女性の薄毛症状としては、円型脱毛症も忘れることができません。円型脱毛症は知名度のある薄毛症状のため、知っている人も多いはず。この円型脱毛症も女性が悩む薄毛症状の1つです。

円型脱毛症の症状

円型脱毛症は別名「10円ハゲ」と言われます。10円玉くらいの大きさの円型のハゲができることがその名前の由来。この円型脱毛症、1か所だけで済むとは限りません。症状が悪化すると、何か所にも円型脱毛症ができたり、髪の毛が全て抜けてしまうこともあります。

円型脱毛症の原因

円型脱毛症の原因は現代の医学では解明されていません。ただ、円型脱毛症の原因として考えられているのが、下記のものです。

・免疫疾患
・栄養障害
・ストレス
・老化

円型脱毛症は市販の育毛剤で完治を目指すのはかなり難しいです。そのため、専門の医療機関を受診して、治療を行う必要があるでしょう。

牽引性脱毛症って?

ここまで紹介してきた薄毛症状には、老化等による女性ホルモンの分泌の乱れが原因になっているものが多く見られました。ただ、牽引脱毛症は女性ホルモンとは全く関係無く発生する薄毛症状です。

牽引性脱毛症の症状

牽引性脱毛症は、ポニーテールにしていたり、エクステを付けてる女性によく見られる薄毛症状です。このような髪型をしている女性は、分け目などの特定の部位の髪の毛が薄くなることがあります。これが牽引性脱毛症です。 ちなみに、若い女性の髪の毛が薄くなる場合、この牽引性脱毛症が原因になっているケースが多くなっています。

牽引性脱毛症の原因

牽引性脱毛症の原因は、髪の毛を引っ張るヘアスタイルを長期に渡って続けることです。髪の毛がずっと強い力で引っ張られ続けると、その部分の頭皮の血行が悪化し、髪の毛を作る働きが弱まります。また、長時間引っ張られる続けることに物理的に耐え切れなくなり、髪の毛がぶちっとちぎれてしまうこともあります。これによって、髪の毛が薄くなっていくのが、牽引性脱毛症のメカニズムです。

女性の薄毛を改善する4つの薄毛治療法とは?

ここからは女性の薄毛を改善するための薄毛治療法について見ていきます。女性の薄毛治療においては、次の4つの治療法が考えられます。

・育毛剤
・投薬治療
・注射治療
・植毛

では、それぞれの薄毛治療法について、詳しくチェックしましょう。

育毛剤

4つの薄毛治療法の中で、唯一クリニックを受診せずに行うことができる治療法が、育毛剤を使った薄毛治療です。これは市販の女性用育毛剤を使う治療法です。薄毛の進行が軽度な段階であれば、市販の育毛剤で十分症状の改善が見込めます。ただし、市販の育毛剤で治療できないくらい薄毛が進行している場合は、クリニックで薄毛治療を行う必要があります。

投薬治療

投薬治療はクリニックで錠剤タイプの薄毛治療薬を処方してもらい、それを服用する治療法です。女性の場合、パントガールという薄毛治療薬が処方されるケースが多いです。

パントガールは髪の毛の成長に必要なアミノ酸、ビタミンB、ケラチン、パントテン酸カルシウムといった栄養素を含んでいます。パントガールで髪の毛を作るのに必要な栄養素を補給して、髪の毛にハリ・コシを取り戻し、薄毛を改善するのが投薬治療です。

ちなみに、70%の女性で抜け毛の減少が報告されています。なおかつ副作用も無いため、軽度の薄毛ではこちらの投薬治療が選ばれるケースが多いです。

注射治療

投薬治療で女性の薄毛は改善するケースがほとんどです。ただ、薄毛の改善状況が思わしくない場合、頭皮に直接育毛成分を注射するという注射治療が行われるケースもあります。ちなみに、この注射治療で注射される成分はクリニックにより異なります。ただ、例としては男性の薄毛治療にも用いられる血行促進効果を持つミノキシジルという成分を直接注射するケースが挙げられます。

投薬治療よりは治療費がかさみますが、薄毛症状がひどく進行している場合は、注射治療を選択することもあります。

植毛

投薬治療・注射治療は効果が出るまでに時間がかかります。ただ、薄毛に悩む人の中には今すぐにでも髪の毛を生やしたいという人も多いです。そのような女性には、植毛治療という選択肢もあります。植毛治療は自分の頭の髪の毛がたくさん生えている箇所から、薄毛が進行している箇所に髪の毛を移植するというものです。

物理的に髪の毛を増やすことができるので、薄毛治療に即効性を求めるあなたにはおすすめの薄毛治療法です。

女性の薄毛治療に効果的な育毛剤の選び方

女性用育毛剤と一言で言っても配合している成分は千差万別。そのため、自分の薄毛の原因にあった成分を配合する育毛剤を選ぶ必要があります。例えば、ひこう性脱毛症であれば保湿成分、牽引性脱毛症であれば血行促進成分が充実している育毛剤を選ぶのが良いでしょう。

また、育毛剤にはアルコール成分が含まれています。しかし、肌が弱い女性はアルコール成分がたくさん含まれた育毛剤を使うと、頭皮の炎症を引き起こす原因になることがあります。そのため、敏感肌の女性はアルコール成分が多い育毛剤は避けた方が良いでしょう。

女性の薄毛治療に効果的なクリニックの選び方

薄毛治療のために、クリニックを受診したい人も多いでしょう。ただ、クリニックで薄毛治療を受ける場合、まずは最初に無料カウンセリングを受けることをおすすめします。無料カウンセリングで治療方針や治療費について不明な点を確認し、自分に合うと感じたクリニックを選ぶのが良いでしょう。

まとめ

今回の記事では、薄毛に悩む女性のために、女性の代表的な薄毛症状と薄毛治療法についてご紹介しました。記事のポイントは下記の通りです。

・女性の薄毛の大部分はびまん性脱毛症
・薄毛治療の第一歩は育毛剤・クリニックでの投薬治療がおすすめ
・育毛剤は自分の薄毛の原因に合った成分が充実しているものを選ぼう
・無料カウンセリングを受診して自分に合ったクリニックを見極めよう

薄毛治療を本格的に始めようと思っ

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?