薄毛のメカニズム~サイクル改善にジェネリック医薬品が有効?

薄毛のメカニズム~サイクル改善にジェネリック医薬品が有効?

現在、薄毛に悩む人は2,000万人ほど存在し、誰でも薄毛になる可能性があると言われています。薄毛の原因は様々で、加齢によるもの、生活習慣の乱れ、ストレス、男性ホルモンの増加などが有力な薄毛の原因としてあげられます。 薄毛になるメカニズムは単純で、髪の成長サイクルが乱れ、髪の成長期間が短くなることに関係しています。つまり、この成長サイクルを整えれば薄毛を改善していくことができるのです。 今回は、成長サイクル改善のための治療の一つである、比較的安価で効果が得られやすいジェネリック医薬品の発毛剤についてご紹介します。

どうして薄毛になる?薄毛の主な原因と薄毛になるメカニズムについて

薄毛の原因には、ストレスで頭皮が血行不良になり毛根に栄養が行き渡らなくなること、頭皮に皮脂が増えて頭皮環境が悪化すること、男性ホルモンの影響で毛根がダメージを受けることなどが挙げられますが、これらが薄毛のメカニズムに関係する「ヘアサイクル」に影響を与えることで抜け毛や軟毛が増えます。

ストレスを感じると薄毛になる、と言われることがありますが、実際にストレスにより血行不良になることも薄毛の大きな要因の一つです。 ストレスを受けると体が緊張状態になり、血管が縮小します。毛根に必要な栄養は血液が運んでいるので、血流が悪くなると毛根が成長できなくなって髪が抜けやすくなります。

この他には、睡眠不足が考えられます。髪は成長ホルモンの影響を受けて成長しますが、この成長ホルモンは寝ている間に分泌されることが多いので、あまり睡眠を取れていないと髪の成長のための時間が取れず、薄毛の原因になります。

特に、22~2時の間がもっとも成長ホルモンが分泌されやすい時間帯で、この時間に睡眠を取れていないと髪に影響が出てきます。また、睡眠不足は慢性的なストレス状態を作り出すため、ストレスによる血行不良を誘発することもあります。 そして、薄毛の原因として知られている男性ホルモンは、皮脂の過剰分泌と毛根へのダメージをもたらします。男性ホルモンには皮脂を多く分泌する働きがあり、頭皮環境を不衛生にすることで頭皮を発毛しにくい状態にしてしまいます。

男性ホルモンの「テストステロン」は、5aリダクターゼという酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)という悪性の男性ホルモンに変化することによって毛根に悪影響を与えます。 このジヒドロテストステロンは、毛根にあり毛を成長させている毛母細胞を攻撃し細胞分裂を抑制することで髪の成長を妨げたり、毛母細胞がジヒドロテストステロンを受容することで脱毛シグナルが発生して抜け毛を増やしてしまいます。 このジヒドロテストステロンが毛根に悪影響を与えることで、髪の成長サイクルに異変が起こります。

ヘアサイクルが薄毛のメカニズムの鍵

ストレスによる血行不良、成長ホルモン不足、男性ホルモンの増加など薄毛の原因はたくさんありますが、これらの原因が毛根の成長に悪影響を与えることにより抜け毛や軟毛が増え、薄毛になります。 薄毛のメカニズムとしては、様々な薄毛の原因により、髪の「毛周期」と言われるヘアサイクルの正常な周期を壊され、髪が成長する期間が短くなることで、髪が十分成長しなくなったりすぐ抜けたりするようになることがわかっています。

この髪の成長サイクルは、成長期、退行期、休止期の3つに別れており、髪はこの毛周期に基づいて成長と脱毛を繰り返しています。 正常なヘアサイクルでは、成長期が2~6年、退行期が2週間、休止期が3ヶ月のサイクルで回っていきます。

しかし、血行不良により毛根に十分に栄養が与えられなかったり、ジヒドロテストステロンの影響で毛根がダメージを受けていたりすると、ヘアサイクルのうちの「成長期」が数ヶ月~1年ほどに短縮されてしまいます。

髪が成長後にすぐ休止期に移行してしまうことで、十分成長していない細くか弱い軟毛が増えたり、抜け毛が増え、薄毛になってしまいます。 そして、乱れた成長サイクルが続いていると、毛根が成長しなくなり、毛根を囲む毛包という部分が縮小し「毛包のミニチュア化」が起こります。

最終的に毛包そのものが消失してしまうことがあり、そうするとその部分から毛が生えなくなってしまいます。

成長サイクルを整えてあげるためには、血行促進して毛根に栄養が行き渡るようにすること、男性ホルモンの対策をして毛根へのダメージを極力減らすことが必要になります。 ヘアサイクルを整え薄毛を改善する方法には、食生活の改善や睡眠不足の解消など生活習慣の改善や、育毛剤の使用などがありますが、薄毛の進行が著しい時や、早く薄毛を治したいときには、医薬品 を使用するのがおすすめです。

薄毛の医薬品の中でも、発毛効果が高いながらも価格が安いジェネリック医薬品の発毛剤がおすすめです。

薄毛になるメカニズムにアプローチする、ジェネリック医薬品の発毛剤とは?

ジェネリック医薬品は、別名後発医薬品とも言い、新薬の特許期間が過ぎた後に他の製薬メーカーが同じ有効成分を使用し、同じ効果を持つ薬として製造したもののことを差しています。 ジェネリック医薬品は、新薬より開発にかかる時間が短くコストがかからないため、比較的安価に手に入れられる薬として知られています。

薄毛の治療薬にもジェネリック医薬品が存在し、頭皮に塗布する発毛剤タイプ、内服薬タイプがあり、もっとも安いもので1,000円代から購入できるようになっています。 このジェネリック医薬品の発毛剤や内服薬はAGAクリニックや病院で処方されたり、インターネット通販を利用して手に入れたりすることができます。

ジェネリック医薬品の発毛剤、内服薬に配合されている薄毛に効果的とされている成分は、主に、5aリダクターゼ抑制作用のあるフィナステリド、血行を促進作用と毛包増大作用のあるミノキシジルの2つになっています。 このフィナステリドとミノキシジルを使用した治療薬による治療は、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインでAランクに位置づけてられており、発毛効果が高いことが認められています。

フィナステリドはアメリカで開発された成分で、フィナステリドを使用した薄毛治療薬は現在世界60カ国以上に普及しており、もっともメジャーな薄毛治療薬だと言われています。

フィナステリドは、男性ホルモンに結びつきジヒドロテストステロンを生成する5aリダクターゼ酵素を抑制する作用があるため、成長サイクルの乱れを阻止して脱毛や軟毛化を防ぐことが出来ます。

そして、ミノキシジルは、もともと血圧降下剤として使用されていた成分で、血管を拡張し血流を良くする効果があることで知られています。 また、ミノキシジルは毛根の周りにあり、毛根の成長を支えている「毛包」に働きかけたり、細胞の活動を活発化させたり髪を作るタンパク質の合成を促進することで発毛を促します。この2種類の成分を配合した発毛剤や内服薬を用いることで、薄毛になるメカニズムに効果的にアプローチし、抜け毛や軟毛を減らすことが出来ます。

まとめ

薄毛はストレスによる血行不良、男性ホルモンによる毛根へのダメージなどが原因で、髪の成長サイクルが乱れることにより軟毛や抜けが増える、というメカニズムになっています。そのため、薄毛を改善するためには、薄毛の原因を取り除き、ヘアサイクルを正常に保つことが大切です。 薄毛の場合はヘアサイクルのうち成長期が極端に短くなりすぐ休止期に移行しやすくなっていますので、成長期を長くして、休止期に留まる期間を短くすれば健康な髪が成長し抜け毛も少なくなります。

薄毛改善の方法には、生活習慣の改善やヘアケア製品の使用などもありますが、毛根のダメージを減らして活性化しヘアサイクルを整えるには、高い発毛効果のある育毛有効成分を配合した医薬品の発毛剤が適しています。 医薬品の発毛剤でも特に、ジェネリック医薬品の発毛剤は、効果は高くても比較的安価で手に入るので継続しやすく、薄毛の改善に適しているので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?

新着情報

2018/07/31
20代女性も薄毛で悩んでいる!その原因とおすすめ対策法とはを更新しました。

2018/07/31
諦めないで!今からできる薄毛対策を無料から有料まで一挙紹介を更新しました。

2018/06/29
正しい頭皮マッサージ方法を身に付けて、育毛・発毛効果UP!を更新しました。

実際のところ、頭皮マッサージの効果はどこまで効果があって、どこまでが限界なのかをここでじっくり考察していきたいと思います。

2018/06/29
【薄毛の人向け】ワックスの使い方と選び方を知り、髪を守るを更新しました。

ワックスで本当に薄毛になってしまうのでしょうか?今回は、その理由やワックスのつけ方の注意点などをお伝えします。