女性の薄毛に病院保険は適用可能?治療内容や受診すべき科について

加齢や生活習慣、病気などによって男女共に悩むことがある薄毛、自身でできるケアでは効果が得られず、病院での治療を検討している人もいるでしょう。では、病院で薄毛の治療を受ける際に保険は適用されるのでしょうか?

 今回は、薄毛の治療で病院保険は利用できるのか、女性の薄毛治療で受診すべき科などについて解説します。

病院での女性の薄毛治療に保険は適用される?

私たちは普段風邪などの体調不良で病院を訪れる際、保険証を提示して自己負担金額を安く抑えることができます。保険の適用の有無によって大きく変わる自己負担金額ですが、薄毛の治療で病院を訪れた際にも適用されるのでしょうか?

基本的には保険適用外となるケースが多い

「薄毛の治療を始めた方が良いかも?」と感じる反面、「薄毛の治療に保険って適用されるの?」と疑問も出てくるでしょう。保険の有無によって、負担する金額は大きく異なります。できるなら「薄毛治療が保険の適用内であってもらいたい」と思う人がほとんどでしょう。

しかし、実際には薄毛の治療に関して、保険は適用外となるケースが多いです。つまり、「基本的には適用外なのですが、一部の例外においてのみ適用されることがある」ということなんです。

現在では薄毛に関しての治療の多くは保険適用外となっていますが、今後薄毛治療を始める人が増えてくると、保険適用範囲についても見直しが行なわれるかもしれません。薄毛に悩んでいる人が多いという事実と、薄毛治療を始める病院が増えるにつれて、保険適応について検討される可能性が高いのです。

HARG療法(はーぐりょうほう)などの毛髪再生医療に関しては、研究が進歩して近いうちに治療を受けられる病院やクリニックも増えるであろうとされています。しかし、現状では毛髪再生医療に関しても保険は適用されない自由診療になるので、まとまった費用が必要になります。

特定の病気が原因で薄毛になっているときは保険が適用される

基本的には保険適用外とされている薄毛治療ですが、一部について保険が利用できる場合があります。では、どのような病気の場合に保険が適用されるのでしょうか?

ケース1.皮膚疾患が原因で薄毛を起こしている場合

薄毛は、皮膚疾患が原因で起きることがあります。皮膚疾患の中でも薄毛と関係してくるのが、脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)と粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)です。

脂漏性脱毛症は、皮脂が過剰に分泌されることで頭皮にフケやかゆみが生じる病気です。性別に関係なく発症して、頭皮のべたつきが気になることがあります。生活習慣や洗髪の仕方などが原因で起きる病気であり、脂漏性脱毛症に伴う薄毛に関しては保険が適用されます。

また、粃糠性脱毛症といって、乱れた生活習慣が原因で発症する病気から薄毛の症状が現れている場合にも保険が適用されます。フケが大量に発生してしまう粃糠性脱毛症は、シャンプーの見直しや生活習慣の改善が必要不可欠です。 症状が悪化すると抜け毛が増えて、薄毛が進行します。

このように、薄毛の治療で保険が適用されるケースの1つは、特定の皮膚疾患に伴う薄毛の場合です。

ケース2.円形脱毛症などの免疫異常が原因の場合

円形脱毛症などの免疫異常が原因で生じている薄毛には、保険が適用されて治療を受けることできる場合があります。

円形のハゲができてしまうことで知られている円形脱毛症は、その原因として体質や遺伝的要素、精神的なものなどが大きく影響 しています。免疫細胞の異常によって毛母細胞が影響を受け、ハゲてしまう部分ができたり、抜け毛が目立つようになります。

その他にも、ホルモンバランスの乱れやアトピー性皮膚炎、精神的ストレスなども原因として挙げられます。円形脱毛症が原因で薄毛治療を始める際にも保険は適用されるので、受診する病院で保険適用の有無についてきちんと確認しておきましょう。

女性の薄毛は病院では何科を受診すれば良い?

 円形脱毛症や皮膚疾患が原因で薄毛になっている場合には、保険が適用されるケースが多くなっています。そこで、まずは自分の薄毛の原因を知ることが大切です。女性の薄毛の原因を知るためには、病院では何科を受診すれば良いのでしょうか?

原因によって受診すべき科が異なる

薄毛の治療を考えているとき、薄毛治療に実績のあるクリニックや病院を探すことになりますが、薄毛の原因によって受診すべき科が異なるという点を理解しておきましょう。薄毛の治療を専門に行なっているクリニックとは別に、一般の病院でも薄毛の相談をすることが可能です。

一般の病院では、内科や皮膚科を受診すると良いでしょう。

頭皮にかゆみが起きていたり、炎症を起こしている場合などには、皮膚科の医師に診察してもらいましょう。脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症といった病気が原因の場合には、皮膚科で対処することが可能です。

また、内科でも薄毛の相談ができます。遺伝性の薄毛が疑われるときや甲状腺などの異常を指摘されたことがある場合、薄毛だけでなく体調不良にも悩まされている場合には、内科を受診してみましょう。

さらに、女性の薄毛の場合には、婦人科を受診することで原因や対策法が見つかることもあります。ホルモンバランスの乱れによって起こる女性男性型脱毛症(FAGA)やびまん性脱毛症などにおいては、婦人科を受診して治療を受けることで薄毛の症状を少しでも早く改善できるでしょう。薄毛の原因によって受診すべき科が異なるという点についても、理解しておく必要があるのです。

治療内容によって変わる費用も要チェック

薄毛は原因によって受診すべき科が異なり、いくつかの種類があることがわかりましたが、治療内容によって費用が変わるという点も忘れてはいけません。

たとえば、皮膚科を受診した際に処方される薬にプロペシアを使用する場合が多いです。薬代と診察代を合わせて、月々およそ1万円の出費で済みます。

また、初診料で5,000円や検査費用で5,000円といったように料金が追加されるケースもあるため、薄毛の治療を始める際には事前に費用面の確認も必要なのです。

薄毛治療で保険が適用される内容もチェックしておこう

薄毛治療において保険が適用されるときとはどのような場合になるのでしょうか?ここでは薄毛治療において保険が適用されるケースについて、解説します。

内服薬や外用薬を服用する場合

女性の薄毛治療、保険の適用の有無について大きく負担する額が異なります。そのため、できるだけ保険が適用される治療を選びたいと考える人が多いでしょう。そこで、ここでは、薄毛治療の中でも保険が適用される内容について解説します。

病気が原因で薄毛になっている場合適用される保険、病気を治すために治療薬を処方された場合にも保険が適用されます。内服薬や外用薬で治療を行なうという方針になった際には、保険を利用することができるのです。

脂漏性皮膚炎で処方されることの多いステロイド外用薬と抗真菌薬 など、保険が適用される治療薬もあるので、まずは薄毛になっている原因を明らかにすることが大切です。また、免疫不全などによって起きることのある円形脱毛症について処方される治療薬に関しても保険が適用されます。抗アレルギー内服薬やステロイド内服薬なども処方される際に、保険を利用できます。

このように病気が原因で皮膚科や内科にかかって薬を処方してもらう際には、保険が適用されるようになっているので覚えておきましょう。

植毛を行なう場合

植毛に関しても、保険が適用される場合があります。事故ややけどなどで一部が薄くなってしまったといったケースでは、特例として保険が適用されることがあります。つまり、植毛しなければいけない理由と原因によって、保険の適用の有無が分かれます。

そのため、全ての場合の植毛で保険が適用されるわけではないということを理解しておく必要があります。

日常生活で実践できる女性の薄毛対策

女性も薄毛で悩んでいる人の数が増えてきている中で、すぐに薄毛治療に踏み込めない場合は、まず日常生活で実践できる薄毛対策を始めてみましょう。

食生活の見直しや十分な睡眠を取る

薄毛対策の基本となる食生活の見直しや十分な睡眠は、健康を維持する上でも欠かせません。

食べ物があふれて便利になった現代では、特に食生活には注意が必要です。野菜不足によってビタミンや食物繊維が不足したり、肉類や脂っこいものを多く食べることで皮脂の過剰分泌を促してしまう恐れがあります。

また、十分な睡眠も薄毛対策には必要です。睡眠不足だと髪が成長しなくなってしまい、抜け毛も増えるようになります。就寝時間や起床時間が不規則で、睡眠時間自体が十分に確保されていないと、健康的な髪と頭皮を維持するのが難しくなります。

夜更かししないように気をつけながら、質の良い睡眠を取れるように心がけたいですね

ストレスを溜めないことも大切

現代人の多くは、ストレスを溜めているといいます。強いストレスを受けると自律神経が乱れる関係で血管が収縮し、血行不良に陥ります。血行不良になると、髪に送られるはずの栄養がきちんと届かなくなるため、髪の成長が妨げられてしまいます。[m9] このような流れから、抜け毛が増えて薄毛の症状を感じるようになります。

そのため、日頃からストレスを溜めない生活を送ることが大切です。リラックスして過ごす時間を作ったり、趣味を楽しむなど、心身ともにリフレッシュできる時間を作ってみましょう。

ヘアケアの見直し

薄毛や抜け毛の症状は、間違ったヘアケアによって起きている可能性もあります。そこで、今のヘアケアを見直して、正しく行なうよう意識するだけでも薄毛対策につながります。

シャンプーの方法や髪の乾かし方、ワックスなどの整髪料がきちんと落とせているかといった点に注意しながら、正しくヘアケアを行ないましょう。

まとめ

・女性の薄毛治療では保険が適用されるケースは少ない。

・薄毛の相談は皮膚科や内科、婦人科などですることができて、特定の病気が原因で薄毛になっている場合には保険が適用される。

・治療内容によっては保険が適用されるケースがあり、費用はそれぞれ異なるので確認が必要である。

・薄毛治療を始める前に自分でできる対策を行なっておくことも大切。食生活の見直しや十分な睡眠、ストレス解消や正しいヘアケアなどを意識して過ごしてみると良い。

男性だけでなく女性も悩むことが多い薄毛。治療を受ける際にはまだまだ保険が適用されるケースが少ないので、自己負担額が大きくなってしまいます。そんなときには、保険が適用される治療内容や、薄毛の原因についての事前に知識を得ておくことがとても大切です。

今後、薄毛治療に関しては「保険が適用されるようになるのでは?」という意見も出ています。まずは、自身でできる薄毛対策を始めながら、どうしても症状が気になるときは病院を受診してみましょう。

原因がわかれば、保険が利用できる場合もあります。原因を知った上で、次の対処法を見つけていくと、薄毛も効率よく改善していくことができるでしょう。

総合人気ランキング
  • 総合ランキング
  • 体験談
  • 一覧
  • 「なんとなく」で選んでいませんか?